FC2ブログ

特急「白いかもめ」  2016春 九州旅行4日目前編 

2016.06.15 01:12|九州・四国・沖縄
九州一周の旅 まとめはこちら

九州旅行4日目前編 特急「白いかもめ」
 長崎→鳥栖







おはようございます。長崎旅行4日目の朝です。すなわち、今日が九州旅行の最終日になります。

明日の夜には帰宅していると考えると非常に残念で…九州から離れがたい思いでいっぱい。
(実はこの時点では、復路が2日がかりの山陰回りになることは決まっていませんでした。山陽回りで1日で帰る予定でした。)

さて今日の0時をもってハッピーバースデー九州パスが効力を失います。
本日は悔いが残らないよう、なるべくたくさん,JR九州の列車に乗っておきたいと思います。






長崎→鳥栖




1

05:30 ホテル

昨日の4時起床よりはずっとマシですが、今日もそこそこ早起きしました。
チェックアウトをどうしたか覚えてないんですが、たぶんフロントの方が居たんだと思います。仕事とはいえ早朝からご苦労なことで。

1

夜明け前の長崎市内。
先日の鹿児島中央の早朝はかなり冷え込んで寒かったのが印象的だったのですが、この日の長崎はかなりぬるい。初夏とは言いませんが4月下旬くらいの温さでした。3月下旬の旅行は服装が難しいなあ。

1

長崎駅。チラホラ人が見え、こんな時間でも駅は動いています。

1

さて、本日は長崎発の始発「かもめ号」にて長崎を脱出、乗換駅の鳥栖駅へと向かいます。
LED発車標の通り、05:58発の特急白いかもめ2号に乗車します。

1

今日もかわいいかもめちゃん。

1

長崎駅の駅名標も記念に。

長崎、実に良かったですねぇ。
滞在したのは半日程度ですが、異国情緒ある街並みと坂、そして高台から見る異様な風景がとっても気に入りました。また来ましょう。

1

今回は自由席に乗車します。
せっかくのかもめなんだからグリーン席を取っても良かったのですが、早朝始発のかもめ号ということもあり、ガラガラだろうと思って自由席で妥協しました。

1

05:58 長崎 発 JR長崎本線 特急白いかもめ2号(博多行き)

案の定ガラガラ。そりゃ観光客も、まだ日も昇らないこんな早朝から行動しませんよね。
しかし自由席にしてはずいぶん豪華な座席・車両。さすが885系。

かもめ号は諫早駅から進路を北東に取り、長崎本線へ進みます。
長崎を出たばかりはまだ真っ暗で何も見えませんでしたが、

1

6時半頃になって車窓右手に見えてきた泥だらけの海。有明海です。

釣りキチ三平のむつかけ漁のエピソードを見て以来、私は有明海にはずっと特別な感情を抱いていました。今こうして実際に見ることが出来て感動。ムツゴロウ見えないかな。

1

どろどろ!なぜこんなに泥だらけなんでしょう…。
肥前鹿島駅までは右手に有明海が展開するのでJR長崎本線(上り)は右側がお勧めです。

1

車両について少し触れておくと、885系の車両は、このように前面の展望を見ることが出来るのです。
普通列車なら当たり前のことですが、特急列車は客室と乗務員室を完全に分かれていることが多いので、進行方向を見られるのはかなり貴重です。

写真には撮っていませんが、単線ののどかな長崎本線を新鋭車両のかもめ号が爆走するのはなかなか面白い光景でした。


885系車両のもう一つの特徴。その特徴をよく表した写真が、こちらです。

1

気付きましたか?


この写真は失敗作ではないですよ。ちゃんと水平を取って撮影した写真です。
これは車両そのものが傾斜しているのです!

列車・傾斜と聞いてピンと来る人はなかなかの鉄道通だと思います。
いわゆる、振り子式です。カーブ通過時に車体を傾斜することで速度を落とさず、乗り心地を維持したまま高速でカーブを通過するための仕組みです。
長崎本線は有明海に沿ってかなり蛇行しているため、カーブでも速度を落とさずに走れる振り子式の車両で運用されています。

私自身は振り子式車両に乗ったのは実は初めてです。
振り子と言えば国鉄381系電車で運用された「くろしお」や「やくも」などが有名ですがどちらも私は乗ったことが無く。

実は「かもめ」も、乗るまでは振り子式車両ということに気が付きませんでした。カーブでやけに傾くな?と違和感を覚えて調べてみたら、振り子式だったと。

私は大丈夫だったのですが、三半規管が弱い人はかなり酔うらしいので、心配な人は予め調べておいたほうがよさそうです。

同じ振り子式の「くろしお」については、こんな記事があるほどです。

※ちなみに、381系「くろしお」は自然振り子で酔う人もいる為ネット某所では「げろしお」と呼ばれる事がある(意味についてはお察し下さい)。不安な人は酔い止めの事前服用などをオススメする。
  なお、同じ381系を使用している「やくも」も同様に「吐くも」「ぐったりはくも」と呼ばれる事がある。

くろしお(列車)とは (クロシオとは) [単語記事] - ニコニコ大百科より



1

07:34 鳥栖 着

右に左に傾く車両と有明海を楽しんでいたらあっという間に目的地の駅に到着。かもめ号の旅は終わってしまいました。ちょっとまだ乗り足りないなあ…。

1

博多へと向かうかもめ号。さようなら…。


さて名残惜しいですが、いつまでもホームに突っ立っていても仕方ありません。
次の列車まで40分あるので、鳥栖駅を軽く散策してみましょう。

1

駅の通路に色々写真が飾ってあります。歴代の特急車両などの写真。

1

あそBOYという斬新な名前なのに蒸気機関車。ギャップが面白い。
しかしあそぼーいってこの時代から走ってたのね。

1

鳥栖駅の外観です。
この時は知らなかったのですが、鳥栖駅は1911年(明治44年)に建築された非常に古い駅舎で、当時の様子をよく残していることで有名だそうで。

1

言われてみれば三角の…屋根?庇?がいい味を出しています。
煙突がワンポイントになっていてそちらもグッド。

1

さて短いですがキリが良いので、4日目前編 特急「白いかもめ」はここまでとします。

中編では08:14 鳥栖 発のJR久大本線 特急ゆふ1号(別府行き)に乗車して1回目の九州横断、大分へと向かいます。

4日目 中編へ続く


トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる