FC2ブログ

寒霞渓とオリーブ公園へ 瀬戸内島めぐりの旅 2日目後編 

2016.08.09 20:45|九州・四国・沖縄
瀬戸内島めぐりの旅 まとめはこちら

瀬戸内島めぐりの旅 2日目後編 寒霞渓とオリーブ公園へ
 草壁港→寒霞渓→オリーブ公園→高松
1



さて二日目後編です!後編では草壁港からオリーブバスにて寒霞渓、そしてオリーブ公園を目指します。






草壁港→寒霞渓




1

12:40 草壁港 発 小豆島オリーブバス 神懸線(紅雲亭行き)

神懸線(かんかけせん)。いい名前ですよねぇ。オリーブバスには鉄道みたいに独特の路線名が付けられており、愛着がわきます。
三都線、四海線、田ノ浦映画村線などなど。

神懸線は渓谷、寒霞渓に向かうためどんどん高度を上げていきます。ここまで急激に高度を上げるのは鉄道ではスイッチバックを使っても無理。バスならではですね。

1

12:54 紅雲亭 着

紅雲亭とはまた凄い名前で。そこはかとない高貴な香りがしてきます。

1

緑が目に染みそう。紅葉の季節に来ればそれはそれは見事な色が見られそうです。

1

ここからはロープウェイにて寒霞渓を目指します。10数人も乗れば窮屈になりそうですが、今回はほぼ貸し切り状態。

1

「救助員がお客様を救出に登はんします」
登攀という言葉がなかなか聞きなれない言葉で面白かったです。

ではロープウェイ出発!

1

切り立った崖の上に特徴的な岩があるのが分かりますでしょうか。

1

心の眼で見れば、ヒヨコっぽく見えます。

1

これはなかなかスリルがあります…!
ロープウェイはスキー場で乗って以来ですが、なかなか気持ちの良いものですねえ。

1

車内はこんな感じ。360度絶景を眺められます!途中で止まったらどうしようとかは考えてはいけません。

1

1

このように岩肌スレスレのところをロープウェイは進みます。手を伸ばせば触れられそうでしたよ。さすがにしませんでしたが。

1

振り返ると瀬戸内海と街並みが見えてきました。

1

頂上駅に到着。
乗車(?)時間はわずか5分と短いですが、景色は目まぐるしく変わるのでなかなか忙しい。かなり楽しめました。

1

こちらが5年前に撮影した同じ場所の様子。意識はしていませんでしたが全く同じアングル。
景色も全く変わっていませんね。

1

瀬戸内海国立公園 寒霞渓に到着!



瀬戸内海国立公園 寒霞渓




1

こちらはロープウェイ降り場の近く、三笠広場から眺められる寒霞渓の眺めです。いやぁ見事!

1

山肌にかなり険しい崖が見て取れます。ロッククライミングマニアが涎を流しそう。

1

同じ場所から。見下ろすのは草壁港方面です。
海を挟んで2つの島が微妙に繋がっているように見えますが、あそこは牛の足にあたる部分で二十四の瞳の映画村がある場所でもあります。

1

寒霞渓にはいくつか展望台が設置されています。八日目の蝉のロケ地となった撮影地は数分歩いたところにありますので行ってみましょう。

1

寒霞渓周辺の地図はこちら。八日目の蝉の舞台となったのは鷹取展望台です。

1

展望台へはこのような山道を歩きます。足元は整備されているので普通に歩けます。

1

外は真夏の日差しでかなり気温が高いのですが、不思議と森の中に入ると涼しいんですよね。
都会のコンクリートジャングルではまず考えられない事態。

1

この場所です。ベンチと岩があるのがポイント。

1

鷹取展望台から草壁港方面。

1

このシーンです!このシーン!作中でこの美しいシーンを見たから、私は2度も小豆島を訪れているんです。
私が同じ場所を2度訪れるのは相当なことですよ。

1

紅葉の季節に来ればさぞ美しい景色が望めそうです。

1

あの真ん中の島が気になりますね…。

1

さて次は四望頂と呼ばれる展望台へ向かいます。鷹取展望台からは10分程度歩きます。結構高低差があるのでヒールだと死ねます。

1

1

四望頂より。先ほどとは違った角度から眼下を眺められます。しかし滑らかな山裾ですねえ。

1

さてロープウェイ降り場付近まで戻ってきました。
寒霞渓の見どころ(?)の一つに「1億円トイレ」があります。

こんな山の上にあるトイレとしてはかなり豪華な作りになっており、気持ちよく用を足すことができます。
でも車道が通っているので、建設資材を運ぶのはそんなに難しくないのかな?

1

1

最後に、ロープウェイ乗り場の正面にあるお土産屋さんの横から入れる展望台からの眺めです。かなり気が付きにくい場所にあって、実際5年前の私は気がつきませんでした。
よってここからの眺めは正真正銘初めての眺めです。一番アクセスが良いですが、ここが一番きれいかも?

では麓の紅雲亭に戻るとしましょう。

1

ロープウェイ乗り場に戻ってきました。実にいい景色を眺めることが出来ました。5年前と何も変わっておらず大変懐かしい思いになりましたとも。ただ一点を除いては。


ここからは再びバスに乗り、小豆島オリーブ公園を目指します。



オリーブ公園へ




草壁港のバス停で乗り継ぎのバスを待っていた時の事。大阪から来ている旅行者の方(おじさん)と少しお話しする機会がありました。
「どこから来たの?」「日本全国を旅しているの?」など。どうも私はオジサンによく話しかけられます。北海道は札幌の藻岩山では初対面のおじいさんと一緒に札幌の夜景を見たこともあります。

話が逸れました。
私は基本的に旅は一人で行くべきと考えているのでほとんど一人旅なのですが、こうして同じ旅行者の人や、現地の人と話すのは楽しいものです。
別に大したことを話さず世間話程度でも、日常から離れて見知らぬ地で知らない人と接するのは思い出に残ります。

「学生さん?」と聞かれたのもグッドポイント。まだまだ若いってことですなグフフ。

1

小豆島オリーブ公園に到着。先ほど話しかけてくれた方ですが、バスを降りるときに手を振ってくれてちょっと嬉しかったです。

1

オリーブ公園は丘に沿って作られているので少し上っていきます。この旅は坂を登って歩くことがかなり多いですね…そろそろ足が…。

1

お目当てはこのギリシャ風車!日本離れした景色でテンションが上がってきました。

1

三角のとんがり屋根もヨーロッパっぽくてステキ。

1

5年前のほぼ同じ場所です。こちらも変わっていませんね。しっかし汚ったない写真ですねぇ。古いコンデジと一眼レフの差は大きいです。
こういうのを見ると、良いカメラは多少無理をしても早めに買うべきですね。古いカメラでいつまでも戦うのは機会損失です。

1

一方スマホで撮影したのがこちら。スマホにしては綺麗なほうですか。

1

1

この謎の神殿も久しぶりです!5年前より色鮮やかな花が多く咲いていて、花壇が賑やかになっていますね。

1

このように斜面に沿ってオリーブの木が植えられています。南向きなので温かい日差しを浴びて、のびのびと育っています。

1

オリーブのソフトクリームが有名みたいです。一人旅だし、ソフトクリームなんか恥ずかしくて買ってられるか…。

1

やっぱりこの季節はソフトクリームですね!

1

オリーブの葉と実です。実は塩漬けにして食べるのが一般的だそうで、5年前とある喫茶店でサービスとして食べさせてもらったのを今でも覚えています。

1

最後にもう一枚。あぁステキ。さようなら…。

オリーブの木に別れを告げ、バスに乗って土庄港を目指します。
乗ったバスは瀬戸内国際芸術線だったので小豆島の名所を回りながら進んでくれます。これはいいバスに乗ったぞ。

1

1

朝に訪れた中山千枚田もバスの窓からこの通り。

1

春日神社前バス停。
5年前、このバス停で地元のおばあさんと話したのをよく覚えています。

1

お、これは小豆島の名所「エンジェルロード」ですか?潮の満ち引きで砂浜が現れて離れ小島に歩いていけるようになるという。
恋人たちの名所になっているそうです。ま私には関係ないですけど。

1

1

土庄港に戻ってきました。高松行きのフェリーに乗船します。
小豆島発のフェリーはそこそこ利用客が望めるためか、売店などが設置されて賑やかな雰囲気です。

1

18:40 土庄港 発 小豆島フェリー(高松港行き)

小豆島を離れます。1日だけではやっぱり時間が足りなかったなぁ。少し忙しなく、あまりのんびりとすることは出来ませんでした。

1

あぁ、夕日と赤く染まった小豆島が目に染みます…。

1

夕日と海、すれ違う船。ノスタルジックな気分になってきました。

1

1

19:45 高松 着

大都会高松!

1

乗ってきたフェリーです。電飾があると豪華客船っぽく見えてきますね。

1

お腹がすいたので夕食です。中華料理屋に入ってみました。

1

1

1人で炒飯とラーメンは食べ過ぎと言われるかも知れませんが、いいんです。今日はよく運動した一日だったので!





さてこれで、2日目後編 瀬戸内海国立公園 寒霞渓はおしまいです。

明日はもう最終日!男木島を訪問した後京都へと帰還します。2泊3日だとあっという間だなぁ。

3日目 前編へ続く



にほんブログ村

関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる