FC2ブログ

紀勢本線乗り通しで紀伊半島一周

2016.10.03 20:19|関西・北陸・中国
紀勢本線乗りとおしで紀伊半島一周
 松坂→新宮→紀伊田辺→御坊→和歌山→京都
1


1
©google maps


さて1日目に用事を済ませたのち、そのまま三重で一泊しました。
夜が明けて2日目の朝。松坂をスタート地点として、紀勢本線に乗って紀伊半島をぐるっと反時計回りに回ってみたいと思います。
一日がかりの大仕事になりますが、紀勢本線は未乗車なのでわくわく。






松坂→新宮




1

1日目に引き続きJR松阪駅にやってきました。時間は午前6時半。眠い。

1

松阪から新宮に向かう場合、下手をすれば「松阪→多気→熊野市→新宮」と面倒極まる乗り換えを強いられる場合もありますが、早朝は新宮直通の列車が出ているので利用しない手はないです。

この06:48 松阪発の列車は、実は06:08亀山始発の列車です。06:08亀山発→10:21 新宮着と4時間強走り続けるなかなかの長距離鈍行列車。

まあ、そもそも6時に亀山駅に現れるのが至難の業なんですけどね☆

1

06:48 松阪 発 JR紀勢本線 普通(新宮行き)

問題の列車が来ました。眠い目をこすって乗車しましょう。快適なクロスシートでひと眠りしたいな…。

1

ま さ か の ロ ン グ シ ー ト

短距離でロングシートは許せますが、これから3時間半以上乗車するのに………。
ロングシート地獄はJR東海道本線だけではないのか。おのれJR東海。

1

私の好きな駅名の1つ、佐奈駅です。理由はかわいいから。
娘が生まれたら佐奈という名前もいいですね……。

1

列車は山間の温泉街的なところを通り抜け海へと向かいます。いや、この辺に温泉が湧いているのかは知りませんが、よくこういう川沿いに温泉宿が並んでいる景色、みません?

1

列車はJR九鬼駅に到着。

九鬼というとやっぱり戦国時代に近畿圏の制海権を握った九鬼水軍のゆかりの地なのでしょう。特別詳しい訳ではないですが、なんとなく親近感がわきます。
旅行は地理と歴史を知っていると何十倍も楽しめるというのは本当だと思いますね。

1

1

言われてみれば確かに赤壁の戦いっぽく、両サイドが崖に囲まれた湾になっています。いわゆる天然の良港?昔はこの辺を海賊がウロウロしていたんでしょうか。

1

1

海と反対側を見れば目前に迫る紀伊山地が。
紀勢本線の紀伊長島~大泊間は山を避けながらウネウネと曲がり、海に近づいたと思ったら狭い谷間を抜け、「もう無理っ」となるとトンネルに入り、なかなか入り組んだ線路になっています。

1

1

熊野市辺りまで来れば先ほどの蛇行は嘘のように終わり、宮崎県のJR日豊本線を思わせる、ひたすら真っすぐの海沿いの路線に変化します。

1

10:21 新宮 着

松阪を出て3時間半。ようやく新宮に到着しました。ロングシートでしたけれども、混雑もなく景色が見れたので退屈はしませんでした。

1

列車はいかにもJR東海というオレンジラインの列車。
4時間強走り続けた列車はこの後多気までとんぼ返り。馬車馬も真っ青の酷使。

1

新宮駅には特急くろしお号に用いられる列車が止まっていました。これが話題のげ○しおですか。

1

JR新宮駅では次の列車まで1時間あります。暇なので改札の外に出てみました。椰子っぽい木が植えてあってまさに南国気分。JR紀勢本線はJR日豊本線と似ていますが、JR新宮駅もJR宮崎駅とよく似ています。


余談ですが、旅行特集は夏は北海道向け、冬は九州や和歌山向けのものがよく組まれるそうです。和歌山がこんなに南国だったなんて、すぐ近くの都府県に住んでいましたが知りませんでした。
和歌山は大雨とか、台風でエライ目に合ってるイメージでしたが、なぜこんなに温暖なのでしょうか。海流の影響?

1

11:25発の紀伊田辺行きに乗車します。そろそろホームへと向かいましょう。

本当は暇なので熊野速玉大社にでも行こうかと思ったのですが、外は真夏真っ盛りの炎天下。蒸し焼きにされる恐れもあったので断念しました。

熊野速玉大社と聞いてピンと来る方はかなりの鉄道通かと。
もちろん、1980年代に天王寺-名古屋間を紀勢本線経由で運行された夜行普通列車「はやたま号」の由来になった神社です。最短の関西線や東海道線を経由せず、遠回りの紀勢線で両駅を結ぶ面白い列車でした。

1

しかし新宮駅は広々とした立派な駅構内です。JR北海道の岩見沢駅辺りを思い出します。




新宮→紀伊田辺→御坊→和歌山→京都




1

11:25 新宮 発 JR紀勢本線 普通(紀伊田辺行き)

JR東海の個性のない車両ではなく、全身一色のJR西日本チックな車両が来ました。

1

でもやっぱりロングシート!!おのれJR東海!!

と叫びそうになりましたが、よく考えればこのJR新宮駅からはJR西日本管区になります。おのれJR西日本!!!

なお車内はガラガラ。

1

さすが和歌山。パンダのイラストで津波へと注意を促しています。かわいい。

とほのぼのしていましたが、よく考えれば和歌山って東南海地震・南海地震で壊滅的な被害が想定されている場所ですよね…。

1

パンダをずっと観察していると突然視界が開け青い海が登場!

1

1

日本海や瀬戸内海とは明らかに違う空色の海。沖縄の海のようです。(見たことないけど)
な、なぜこんな綺麗な青色になる?黒潮は栄養に乏しく暗い藍色だと言われますが…。

1

崖に打ち付けられるほど、結構波は強いです。台風で大荒れに荒れているイメージそのまま。

1

わーこりゃあ綺麗だ。私も日本中色々行きましたが、このレベルの車窓はなかなか拝めませんね。

1

途中くろしお号とすれ違いました。オーシャンアロー編成のくろしお号は大変人気です。

1

串本駅では数分停車が行われたのでちょっと伸びをしに車外へ。
串本駅は紀伊半島の一番南端にある駅です。本州最南端の潮岬の最寄駅であり、本州最南端の駅でもあります。
対となるのはJR大湊線の下北駅。

1

列車は串本駅を発車。串本駅を出るとこういう湾と

1

1

千畳敷っぽい岩場を通ります。千畳敷自体は白浜の名勝ですけど、あれがそうなのかな?

1

と思っていたら白浜を通過。やっぱり有名な千畳敷でした。出来れば降りて観光してみたいけどなあ。

1

1

14:14 紀伊田辺 着

次は14:24 紀伊田辺発の列車に乗ります。10分の連絡なのでスムーズな乗り換え。

1

14:24 紀伊田辺 発 JR紀勢本線 普通(御坊行き)

再び全身真っ青の列車。どうも紀勢線では青がプッシュされているようです。まあ青い海と青い空が自慢の路線ですもんね。

1

ここに来て本日初めてのボックスシートの列車にありつけました。感動した。ロングシートでは景色も見にくいし落ち着いて座ることも食事をとることもできないし…。

1

このよく分からないイラストが描かれた駅を通り過ぎれば注目の車窓ポイント。

1

1

海が近い!ここまで海に接近するのは珍しいです。波をかぶりそう。

1

一面海・陸地なし、という車窓はかなり貴重です。太平洋は大きいなあ。
しかし今度の海は黒いですね…。

1

1

1

そしてある地点を境に、また海の色が変わります。これフィルターなどを使っていないそのままの色ですよ。
まさにエメラルドブルーの輝く海!和歌山万歳

1

1

ちょっと高台から海を見下ろす光景も。夏っぽい入道雲もいいアクセントになっていてまさに夏空!

1

夜見たら腰を抜かしそうな顔を眺めていると御坊はもうすぐです。

1

15:08 御坊 着

御坊までくると和歌山都市圏に入った印象で、旅という感じはしなくなります。
しかし都市和歌山からこんなすぐエメラルドブルーの海が拝めるとは……JR紀勢本線、侮れぬ。

1

くろしおの中でも特に人気が高い283系、オーシャンアロー車両の特急くろしお号が入線してきました。なんちゅうかっこいい見た目ですか。やっぱり特急ってこういう見た目であるべきだと思いますよ。JR東日本の特急は見た目は二の次みたいな感じですが、外見って大事。愛着がわきますもん。

1

向かい側のホームにはドローカル線といった風情の紀州鉄道の車両もトコトコと入線。

1

15:33 御坊 発 JR紀勢本線 普通(和歌山行き)

1

御坊を出るとすぐ和歌山です。和歌山からは阪和線に乗り、大阪へ。そして日常へと戻ります。




さて今回は紀勢本線を起点から終点まで普通列車で乗り通しました。

紀勢線は今回初めて全線乗り通しをしましたが、予想に反して大満足の路線でした。
何より車窓から見える海が素晴らしい!私が見てきた中でも1,2を争うほど綺麗な海でした。自信をもってオススメできます。


残念ながら京都から1日で往復するためには特急に乗らなければなりませんが、紀勢本線は特急で駆け抜けるのではなく、鈍行列車でゆっくりのんびり行って欲しいなと感じました。紀勢線沿線には見どころや観光名所も多いので、どこか途中で1泊でもしながら訪れてみたい場所です。




せっかくなので運賃のほうも載せておきます。使用切符は青春18きっぷです。

【1日目】
京都→伊勢奥津:3,350円
伊勢奥津→鳥羽:1,490円
鳥羽→松阪:670円

 1日目計:5,510円


【2日目】
松阪→新宮:2,590円
新宮→京都:5,940円

 2日目計:8,530円


青春18きっぷの1回分は2,370円なので、1日目は3,140円、2日目は6,160円ぶんオトクに乗ることが出来ました。
2日目は1日中列車に乗っていたのに8,530円とはかなり安い印象ですね。1万円を超えた辺りから良く乗ったな、と感じます。





今回の列車のスケジュールを以下に示しておきます。2016年版の最新ダイヤ。

06:48 松阪 発
↓JR紀勢本線 普通(新宮行き)
10:21 新宮 着

11:25 新宮 発
↓JR紀勢本線 普通(紀伊田辺行き)
14:14 紀伊田辺 着

14:24 紀伊田辺 発
↓JR紀勢本線 普通(御坊行き)
15:08 御坊 着

15:33 御坊 発
↓JR紀勢本線 普通(和歌山行き)
16:36 和歌山 着

16:57 和歌山 発
↓JR阪和線 紀州路快速(京橋行き)
18:08 天王寺 着

18:12 天王寺 発
↓JR大和路線 快速(奈良行き)
18:48 奈良 着

18:55 奈良 発
↓JR奈良線 快速(京都行き)
19:47 京都 着


トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる