FC2ブログ

紅葉鮮やかな札幌散策 北海道フリーパスの旅 1日目後編 

2016.12.11 17:32|北海道
北海道フリーパスの旅 in2016秋 まとめはこちら

北海道フリーパスの旅 in2016秋 1日目後編 紅葉鮮やかな札幌散策
 新千歳空港→札幌

1

1


さて、前編中編と2つの記事を費やして、ようやく新千歳空港に到着しました。ピーチアビエーションにしては非常に稀な、珍しい、定刻での到着です。通常ピーチを使う場合、最低1時間遅延することを見込んでスケジュールを立てることをお勧めします。





新千歳空港→札幌




1

1

1年ぶり、通算7回目の北海道の地に、今上陸!!新千歳空港ではボーディングブリッジを使って搭乗・降機します。

1

この搭乗待合室の前を歩かされて晒し者にされるのもお馴染み。あぁ久しぶりだなぁ。

1

新千歳空港の良い所は、国内線到着口を出るとすぐ正面に新千歳空港駅へと続く通路があること。迷いようがありません。
もし飛行機が2時間半遅れるようなことがあっても駅に駆け込むことが出来ます。

1

ついでにすぐ屋外へ出られる出入り口もあります。新千歳空港駅から歩いて外に出たのはこれが初めて。

1

早速JR新千歳空港駅に向かいます。この駅名表示、来るたびに撮影してしまいます。

1

1

通路を歩き、改札口に到着。快速エアポート…。あぁ、良い響きだ…。

実は快速エアポートについて心配事があります。それは、エアポート号に721系ではなく、ロングシートの733系が投入されているという噂。
これは別に2016年から始まった話ではないのですが、最近目に見えて千歳線に733系が沸いているらしい。しかも厄介なことにアトランダムに。

私は北海道、新千歳空港駅に着いて、温かみのある豪華な作りの転換クロス車両の721系に乗って札幌に向かうあの瞬間が本当に大好きです。至福の瞬間です。行きはこれからの旅に胸を高鳴らせながら、帰りは旅が終わってしまって北海道を離れたくない気持ちに打ちひしがれながら、721系に乗車して内地とは明らかに異なる北海道の車窓を眺めるのには格別のものがあります。

それが、ロングシートのみで構成された733系になると、私の至福の瞬間が完全に破壊されてしまいます。

確かに721系では混雑が酷く、余計なデッキがあり荷物の収容能力も無いのでしょう。混雑のせいで遅延が常態化しているのでしょう。輸送能力はロングシートの733系のほうが明らかに多く、座席に座れるチャンスが増えることで歓迎する声もあるのでしょう。特に、地元民にとっては満員電車化する721系より、733系のほうがありがたいのでしょう。


しかしそんなことは知ったことではありません。私は我儘な旅行者。721系しか認めません。東京近郊と何も変わらないロングシート車両で旅情を感じられるはずもありません。私は北海道に通勤をしに来ているのではありません。旅に来ているのです。

ということでドキドキしながらホームに降り立ちました。止まっている列車は……

1

1

快速エアポート131号小樽行き……721系! が、混雑していて座れない。
ということでこの列車は見送り、次に列車を待つことにしました。これは賭けです。次の列車が733系なら、元も子もない。

しかしどうせ今日は札幌で観光をするだけです。ならば721系が来るまで待ってやろうではないか。まさかJR北海道も平日昼間の千歳線を733系で埋め尽くす暴挙はしておるまい。


1

次の列車を待つ間に駅名票を撮影。JR北海道の駅名標だあ。うふふ。


お待ちかねの次の列車が来ました。車両は……。

1

この雪をモチーフに描かれたデッキは、721系!!

1

そう!この車内!!快適な転換クロス!!しかもガラガラ!ステキすぎる…!

1

嬉しくて車両も撮影。サハ721系 3102号車。3000番台の車両は130 km/h 運転対応に改造された車両らしいです。いわゆる苗穂工場で魔改造。

このように新千歳空港駅始発の列車は1本見送ればまず間違いなく座席に座れるので、時間に余裕のある方はオススメ。15分おきの分かりやすいダイヤですし。

1

実は先ほど、新千歳空港駅でJR北海道のICカードKitacaを購入しました。ずっと欲しかったんですこれ。
交通系ICカードは全国で使用できるので、我が関西でもKitacaは使えます。これからは愛用しよう。

1

1

13:15 新千歳空港 発 JR千歳線 快速エアポート133号(札幌行き)  

こうして北海道に来たのだな、とぼんやりしながら車窓を見る瞬間。最高です。
733系では味わえないこの旅情。あまりにも酷すぎる改悪です。

1

先ほど飛行機から見えた札幌市内のビル群が見えてきました。まもなく終着札幌です。

1

1

13:52 札幌 着

札幌の駅名票は何度見ても飽きません。

さて、1日目の列車の移動はこれで終了。札幌までの運賃は普通にICカードで払いました。札幌までで1,070円。37分しか乗っていないのに1,070円はちょっと高いです。

1

札幌駅のホームだぁ。2015年の夏にはまなすに乗ったときの事をふと思い出しました。あれから1年と3ヵ月ぶりの札幌駅です。

1

問題の733系が向かい側のホームに止まっていました。札沼線やいしかりライナーなどに特に投入されているとか?
千歳線への投入は、どうやら朝晩の混雑時間帯に集中して投入されているようです。朝晩の時間帯に新千歳空港に到着する/向かう方は要注意。

1

この通路ももうすべてが懐かしい。1年ぶりに来てもあちこち見覚えがあり、少し変わっている部分もあり、ニヤニヤが止まらない。

1

さて忘れないうちに、まずは一仕事済ませておかなければなりません。北海道フリーパスの購入です。
JR北海道在来線全線!の文字が誇らしい。万能感が半端ないですがお値段も半端なく、私にとって26,230円は決して安くはないです。

特急白鳥に乗れた過去を考えると、普通に考えれば北海道新幹線も乗れるはずなんですが、おかしいね。


1

北海道フリーパスの案内はこちら。2016春の九州旅行でハッピーバースデー九州パスを使っていたので戸惑わずに使えました。
下から2行目、紛失しても保証がないので管理にはご注意ください。下手をすれば旅行中断に追い込まれます。


1

無事にフリーパスを購入できたので札幌駅内をぶらぶら。何かイベントが行われていました。

1

芸能人?らしき方のトークショーか何かでしょうか。サッと見ただけなのでこの時はよく分かりませんでした。後で再登場します。





北大→根室はなまる→大通公園




1

札幌駅北口です。札幌駅の顔となるのは南口なのでこちらは裏口に当たりますが、これから紅葉を見るために北大へ行くので北口から出ます。

1

駅前に案内図が。まさに私が今から歩こうとしている道をピンクの線で示してくれていて助かります。
2の北大正門から北大に入り、3のクラーク像の横で右折して中央の通りを歩き、7のイチョウ並木を鑑賞して再び札幌駅に戻ってくるルートにしましょう。

1

1

北大へは徒歩で数分。いい感じに紅葉してますね。

1

正門から大学に侵入します。

1

1

大学とは思えないほど緑豊かな、落ち着いた雰囲気です。普通学内に小川なんかありますか?
広い公園のようで、散策するにはぴったり。

1

建物がいちいち見事です。西洋建築のこんな建物で学生諸君は勉強をしているのでしょうか?なんと羨ましい。

1

お、これがかの有名なクラーク像ですよ。何をした人なのかは知りません。

1

看板もいちいちオシャレ。しかし文学ってLettersと訳すんですか。literatureだと思ってました。

1

中央の通りに入ると紅葉もいっそう鮮やかになってきました。それにしても北大は、自転車に乗って移動する学生が多いですね。たぶん広すぎて徒歩では辛いので自転車を利用しているのだと思います。
広々として良いですが、広すぎるのも大変そう。

1

1

あ、いいですね。少し色あせている気もしますが、やっぱり北国の紅葉は綺麗!

1

1

こちらが有名な北大のイチョウ並木です。

1

1

イチョウ並木周辺の紅葉は大変見事ですね。関西で見るものよりずっと色が鮮やかです。やはり綺麗な発色には寒さが必要なのか…。

1

イチョウ並木を出口から。これは観光スポットになるのも分かります。

1

さて札幌駅に戻ってきました。そろそろ昼食時なのでお腹がすいた事もありますし、実は私、北海道に来たらずっと行ってみたかった店があるのです。

1

それは回転寿司の根室花まる JRタワーステラプレイス店。
回転寿司と侮ることなかれ、北海道の回転寿司はそれはもう大変美味で、新鮮な海の幸を食べさせると有名なのです。その中でもこの根室はなまるが特にオススメされていました。

本当は根室の本店のほうに行きたかったのですが、根室は納沙布岬とのバスとJRの連絡が完璧すぎて、余計な寄り道をしている暇はなさそうなので札幌店で妥協。

1

1

回転寿司なんて庶民的な店は小学生以来です。システムが分からん…。とりあえず流れているお寿司を取っていいのは知っています。注文はどうすれば?お茶はどこを押せば出るんですか?

1

1

1

で、感想なのですが、確かに美味しかったです。

しかしちょっと過剰に期待しすぎていたためか、「まぁこんなもんか」という思ってしまって、正直期待はずれでした。
それに回転寿司ですが、一皿の料金は100円ではありません。物にもよりますが安いもので300円前後だったかな?そのお値段にビビって、大量に食べるのを躊躇してしまいました。
正直、値段の割に割高と感じました。後で出てきますが、北海道の普通のスーパーで買った海鮮類のほうが美味しかったです。道民が羨ましい。


ということで早々に退店。会計の仕組みもよく分からずちょっと手間取りました。
別に難しいことは無く、店員さんに「お会計お願いします」とお願いして皿の枚数と種類を紙に書いて貰って、それをレジに持っていくだけなのですが。

回転寿司素人のために、注文や会計の方法の案内を机にでも書いておいて貰えると助かります。

1

1

お腹はあまり膨れず、札幌駅南口にたどり着きました。こちらが札幌駅の正面玄関。
結構歩き疲れてきたので、色々寄り道をしながらホテルに向かうことにします。

1

1

まずはがっかり名所時計台。時計台は角度によって見え方がかなり変わりますし、実物を見ると結構大きくて見ごたえがありますよ。

1

1

続いて大通公園のテレビ塔。

1

本日のお宿はホテルニューバジェット札幌。
すすきの方面にあって札幌駅からでは20分ほど歩きますが、お値段が4,400円と安かったのでここに決めました。札幌駅周辺のビジネスホテルの高騰ぶりはちょっと酷いです。東横インでさえ6,300円ぼったくるとか信じられません。

札幌のホテルの高さに憤慨した方は、札幌駅周辺を外せば多少マシになります。すすきのや大通周辺など。ハイシーズンなら小樽や苫小牧も選択肢に入ってきます。

1

フロントの横にそれなりの量の本棚があって宿泊客は自由に読むことが出来ます。歩き疲れてホテルでのんびりという時には嬉しい。

1

1

お部屋は普通。いや普通で十分です。

1

テレビをつけると、ついさっき見たような光景が映されていました。
あ、これさっき札幌駅で見ましたよ。なんでもラジオのワイドFMというサービスが始まったそうで、その宣伝放送だったみたいです。

1

北海道テレビの番組を見ながら、北海道に来たら毎回買っているサッポロクラシックで一人祝杯。
明日からの旅程が実に楽しみだ…。





ということで、1日目はこれで終了!明日に備えて早めに就寝しました。
明日からは北海道フリーパスを駆使して、特急列車で駆け巡る旅が開始します。まず2日目は、未乗車区間のJR根室線とJR富良野線に乗った後、JR留萌本線に乗って増毛に行く予定です!いや行く予定でした。


さて無事に墜落せずに北海道入りを果たしましたので、今回北海道に来た目的・明日以降の旅程でクリアしたい目標を以下に挙げておきます。
天候や列車遅延の影響ですべてをこなすことは出来ないとは思いますが、なるべく多くの目標を達成出来たらなと思います。

        ◇鉄道
・JR北海道の特急に乗りまくる。出来れば全種類
・未乗車のJR宗谷本線・JR根室本線・JR花咲線・JR札沼線に乗車する
・JR留萌本線にも乗って、最後にもう一度だけ増毛を訪れる
・2427Dに乗る
・臨時特急、臨時快速、代行バスに乗る。
・北海道新幹線H5系を見る

        ◇観光
・本土最北端稚内と本土最東端根室に行く
・納沙布岬に行く
・室蘭の地球岬に行く
・レンタカーで宗谷岬とオロロンラインを走る
・函館市内を観光する。夜景も見る
・Kitacaを買う

        ◇食
・帯広の豚丼を食べる
・札幌ラーメンを食べる
・海鮮丼を食べる
・音威子府そばを食べる
・根室はなまるで新鮮な魚介類を食べる

目標の達成状況は旅行記を書き終えた段階で判断します。


2日目 前編へ続く


最後に1日目のスケジュールを。

06:44 京都 発  
↓JR京都線 特急はるか5号(関西空港行き)
08:18 関西空港 着

10:25 関西空港 発
↓ピーチアビエーション MM 103便 
12:20 新千歳空港 着

13:15 新千歳空港 発 
↓JR千歳線 快速エアポート133号(札幌行き)  
13:52 札幌 着


札幌 泊 (ホテルニューバジェット札幌)


トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる