FC2ブログ

JR根室線で富良野まで 北海道フリーパスの旅 2日目前編

2016.12.15 00:55|北海道
北海道フリーパスの旅 in2016秋 まとめはこちら

北海道フリーパスの旅 in2016秋 2日目前編 JR根室線で富良野まで
 札幌→滝川→富良野

1

1

2日目の朝です。1日目は北海道旅行とは呼べない有様でしたが、2日目からが本番です。いよいよ北海道フリーパスを使って北海道中を駆け巡ります。
手始めに2日目前編では、未乗車区間であるJR根室線(滝川~富良野)間を乗りに行きましょう。

まずはJR札幌駅まで早朝の札幌をお散歩します。






札幌駅へ




1

早朝のホテルのロビー。誰もいませんがそれも当然で、まだ朝の5時です。今回の旅はやたらと早朝出発が多く、眠い目をこすりながらの旅でした。

1

早朝出発のデメリットとして、ホテルがせっかく用意してくれている(もしくは宿泊料金に含まれている)無料の朝食を食べることが出来ない点です。朝食を食べられるとかどれだけ優雅な旅なんですか…。私の旅は少しでもモトを取ろうとスケジュールはカツカツ、早朝出発が当たり前なのでその優雅さが実に羨ましい。

今回のお宿、ホテルニューバジェット札幌ではパンとコーヒーのみの簡単な朝食だそうですが、タマゴロールがあるのが良いですね。クロワッサンは多くのホテルで見かけますがタマゴ系はなかなか見なくて美味しそう……。

1

貧乏旅行人の私は朝食を食べる(スケジュールの)余裕などなく、いざ2日目の札幌へ。当たり前のようにまだ真っ暗で夜と変わりない。
10月ですが最低気温は0℃近くと、かなり冷え込んでいてビックリ。息も白いです。さすが北海道…。

1

札幌市電のレール。この先はすすきのです。この時間帯のすすきのはちょっといかがわしい雰囲気が漂っているのであまり近づきたくない。

1

大通公園周辺は割と明るく照らされていました。でもテレビ塔は消灯されています。

1

1

昨日行きそびれた旧道庁。この辺りはレンガ敷きでいい雰囲気なんですよね。よく北海道テレビが撮影に使っています。

1

赤れんがテラス内の高級ビュッフェレストランに以前食事に連れて行ってもらった事があります。一人5000円くらいしたような気がしますがご馳走して貰って、ステーキやらなんやら食べ放題で大変満足したのを覚えています。
もうこのへんを通るのも5回目くらいなので庭のような感覚。

1

早朝のJR札幌駅に着きました。シャッタースピードを取りすぎたので少々明るく写っていますが、実はまだ真っ暗です。
今日は朝から雨の予報でしたが、駅に着くまでは何とか降らないでいてくれました。あとはジャンジャン降って構わないぞ。

1

札幌駅の改札開始は5時40分なので、まだ改札は閉められていました。こんな早い時間に札幌駅に来たのは初めてなので、改札が閉まっている様子は今まで見たことは無かったです。
しかしこんな早い時間からすでにお客さんが並んでいます。この人たちは一体どこへ行くのだろう。

1

改札開始とともに皆さんダッシュ!!えええ、一番早い列車は6時発でまだ20分後なのに、何をそんなに急ぐんですか。トイレを我慢していたのかな?

1

今日はこれから旭川行きのエル特急スーパーカムイに乗車するのでJR札幌駅7,8番ホームに来ました。
このホームはジブリ映画「思い出のマーニー」で、主人公が釧路に向かう特急スーパーおおぞらに乗車したあのホームです。

1

向かいのホームに完全に開ける方向を間違えている車両を発見。たまに駅到着時に間違った方向のドアを開ける事故がありますよね。

ところで呑気に札幌駅の写真を撮っていましたが、突然轟音が鳴り響き、飛び上がるほど驚きました。
外を見ると突然の豪雨、稲光、強風。先ほど「ジャンジャン降って構わないぞ。」とか無責任なことを言ったせいで神の怒りを買ったのかも…。
前線が通過中なのか一気に気温が下がって非常に薄暗くなってきました。コートにマフラーを装備してもまだ寒く、震えるくらい。

今日は一日列車に乗るので雨はそれほど困りませんが、どうも風が気になります。列車が遅延・運休しなければいいのですが……。
まあ大丈夫でしょう。列車はそうそう運休しない。←フラグ

1

豪雨に濡れながら早速本日の札幌駅始発列車が入線してきました。

1

この列車は札幌06:00発、旭川行きの普通列車です。札幌から旭川まで直通する大変有能な列車で、2015夏の北海道旅行 5日目で旭川まで乗ったことがあるのですが、札幌駅での写真を撮り忘れていたので今回リベンジ出来て良かったです。

1

私が乗るのはこちら。北海道フリーパス最初の列車はエル特急スーパーカムイです。
ちゃんと編成をメモしており、5両編成で1-3と5両目が自由席、4両目が指定席。

1

車内はこちら。特急列車なので座席や設備に文句はありません。
混雑は、さすがスーパーカムイ号。通勤のサラリーマンが次々乗車してきて、二人掛けの座席に一人ずつ入り、ぴったり埋まる程度の乗車率。始発からご苦労なことです。


いよいよ北海道フリーパスの旅、スタートです!!




札幌→滝川→富良野




1

06:35 札幌 発 JR函館本線 L特急スーパーカムイ1号(旭川行き)

私はスーパーカムイの停車駅を札幌、岩見沢、滝川、深川、旭川だとずっと認識していたのですが、美唄と砂川にも停車すると知って驚き。
美唄は特急を停車させるほどの駅なのでしょうか。

まあ美唄なんて辺鄙な駅、降り立つ事はまず無いでしょうな。←フラグ。

1

石狩を離れ空知まで来ると雨は止みました。怪しげな雲が気になりますが、願わくばこのまま天候が安定してくれれば良いのですが…。

1

1

07:27 滝川 着

滝川に来たのはJR根室線に乗るためです。地味に滝川駅は、釧路・根室へと通じるJR根室本線の始発駅。

1

通勤のお客さんたちもほとんど滝川で一緒に下車しました。改札口に向かう彼らを尻目に私は4番線へ。

1

1

4番線には富良野行きの普通列車がすでに到着していました。最近は見ることも少なくなってきたキハ40系。もちろん1両編成です。何か北海道のキハ40系を見ると安心します。

北海道フリーパスは特急列車はもちろんですが、普通列車にも乗り降りし放題です。ただしフリーパスを持っていると普通列車に乗ることを勿体ないと感じるのがネック。貧乏性…。


1

「根室線なんて誰が乗るの?どうせガラガラでしょ」と油断していましたが、ローカル線にしてはお客さんが入っているほうでしょう。
でも通勤時間帯ということを考えれば、厳しいのかな…。

1

07:33 滝川 発 JR根室本線 普通(富良野行き)

幹線である函館本線から離れ、山に向かって走るJR根室線。芦別岳の麓を川に沿って走ります。
内地の路線はしばらくほかの路線と平行して走ることが多いのですが、北海道の路線はプイ!と顔を背けてすぐに離れていきます。線形や配線に余裕がある北海道ならではですが、もう少し並行して貰えたほうが名残惜しさが残っていいかも。

1

くすんだ色合いの山。札幌周辺ではまだ綺麗な紅葉が見られますが、この辺りでは紅葉も終わりかけなのかな。

1

1

赤平駅に到着。駅名票がすごく歪んで倒壊しそうで心配ですが、駅舎はなかなか豪華。JR北海道ってこういう風情のないビルタイプの駅舎が多くないですか?ちょっとJR北海道のイメージとはかけ離れていて、出鼻をくじかれた感があります。

1

そんなことを思っていると赤平駅の次の茂尻駅に到着。半ば廃墟のような駅舎。これですよこれ。私が求めているのはコレです。
こんなんでもかつては急行「狩勝」の停車駅だったんですけどね。

1

1

私の好きな駅名の一つ、野花南駅に到着。「のかなん」とひらがなで書いてもいいし、「野花南」と書いてもステキ。
なにか南向きの野原に花が咲き乱れているみたいな情景を思い浮かべますが、実際は全く別の意味のアイヌ語由来です。

1

野花南駅を過ぎたあたりで車内はさらに空席が目立つように。確認できるので5人ですか。
これで鉄道として維持しろと言うほうが無理なのかも……。廃止されるまでに乗っておきましょうね。

1

この辺はまだ紅葉が残っていて、車窓が赤く染まりました。秋の旅行の醍醐味ですね。

1

終着富良野はもうすぐです。

1

08:43 富良野 着

札幌から2時間、滝川から1時間10分の乗車でした。本来ここは2427Dで釧路まで乗り通そうと思っていただけに、こんな道半ばで下車させられるのは不本意であります。

しかもどうやら、根室線は二度と復旧されずこのまま廃線になる見込みが大だそう。ということは私はもう死ぬまで2427Dに乗れない事がほぼ決定したわけで。


とてもつらい。

1

1

富良野に到着した列車はしばらく休み、折り返し滝川行きの快速列車に化けます。快速と言ってもキハ40のワンマン運転なんですがね。

1

地味にわたし、富良野に来るのは初めてです。2015年の時は富良野の手前、ラベンダー畑駅で下車したので。2014年も美瑛の青い池などが中心で、やっぱり富良野には来ませんでした。

富良野と言えばやっぱり「北の国から」が有名です。実際に見たことはない世代なんですけどね。

1

富良野駅の改札はこんな感じ。当然ですが自動改札機などというものはありません。最盛期には結構旅客で混雑しそうですが、こんな狭い改札で、しかも人力でさばけるのでしょうか。

ところで次に乗る列車は09:58発の富良野線、旭川行きの普通列車なので、出発までまだ1時間以上時間があります。
せっかくなので駅舎も撮影しておきましょうか。

1

それなりに爽やかな感じはしますが、美瑛駅ほどの味のある駅舎では無かったです。

1

コンビニで買ったおにぎりを朝ご飯に食べたのですが、すでにお腹が空いてきました。
旅行に出るとやたらと空腹を感じるのは一体何なんでしょう。いかん、誘惑に負けてはならぬ…。

1

誘惑に負けました。
まだ2日目ですが、この先もこんな事が続きます。正直、この旅は食べ過ぎでした。おかげで旅行前後で体重が数キロ増えました………。

1

お腹も膨れたので待合室でテレビでも見ながらのんびり。都会の駅ではまず出来ない贅沢です。待合室も存在しない駅が多いし、駅にテレビなんかないでしょう。

しかし旭川は最高気温で10℃ですか。やっぱりかなり冷え込むようです。京都など27℃まで上がる。10月なのにまだ夏じゃん。
一応、京都での真冬の装備を持ってきていますが、北海道の初冬にどこまで対応できるものか……。





さて、ただ移動しただけで内容が無いようなのですが、編集の都合上2日目前編はここまでとします。
2日目中編では富良野駅から富良野線にて旭川まで移動、その後廃線直前の留萌線に乗ります。

いや、乗る予定でした。


2日目 中編へ続く



にほんブログ村

関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる