FC2ブログ

根室から札幌まで北海道大横断 北海道フリーパスの旅 5日目後編 

2017.02.26 22:29|北海道
北海道フリーパスの旅 in2016秋 まとめはこちら

北海道フリーパスの旅 in2016秋 5日目後編 根室から札幌まで北海道大横断
 納沙布岬→根室→釧路→帯広→トマム→札幌

1

1


中編では日本本土最東端納沙布岬を見学。これまで頭の中だけで考えていて、具体的なイメージに乏しかった領土問題を肌で感じて、実感を持って考える良いきっかけになりました。
後編では納沙布岬から釧路まで戻りそのまま北海道を大横断、札幌まで帰還します。







納沙布岬→根室→釧路




1

納沙布岬のバス停に戻ってきました。分かりやすい場所にあるので初めてでも迷いません。

1

詳しい時刻表がこちらです。JRとの接続が完璧に考えられており、納沙布岬を観光するには最適のダイヤ。
納沙布岬自体はざっと見て回るくらいなら40~50分程度で済みますが、資料館の展示などをじっくり見ると2時間は欲しい所。

1

09:55 納沙布岬 発 根室交通 納沙布線 (根室駅前行き)

帰りのバスがやってきました。さらば納沙布岬。

1

バスに乗る直前に撮影した写真。歯舞という地名を写真に残しておきたかった。

1

1

40分程度の乗車で根室市内まで戻ってきました。やはり北方領土の返還を叫ぶスローガンなどが目立ち、物々しい空気は感じます。

1

10:39 駅前ターミナル 着

根室駅に戻ってきました。花咲線の列車は11:08発なので、もう少し時間があります。

1

せっかくの記念なので根室駅と東根室駅の駅スタンプを押しておきました。

旅に出る際は少し大きめの手帳を持ち歩くと良いです。私もB6サイズの手帳にスタンプを押したり、旅日誌を書いたりしています。旅日誌のほうは前半は気合を入れて書くんですが、中盤に連れて適当になり、旅後半では面倒くさくなって書かないことも。
しかし今回の北海道フリーパスの旅は私の旅行史の中でも最大級の物なので、日誌は京都に帰還するまで書き続けました。だからこうして旅行記を書く段階で助かります。

1

北海道の駅ではよく見る光景ですが、駅のホームに入れるのは列車が到着してからです。内地の人は戸惑うことでしょう。最初は北海道限定かと思いましたが、青森県のJR大湊線の終着駅でも同じことがありました。北国独特の風習なのかな。

1

1

改札時間になり、ようやくホームに入場できました。花咲線の列車にはたぶん死ぬまでもう乗れないと思うので、念入りに記念撮影。

1

もちろんJR根室駅は、JR花咲線の終着駅です。この先に線路はありません。稚内駅や増毛駅でも見てきましたが、終着駅というのは寂しいというかノスタルジックというか、何とも言い難い雰囲気が漂っています。

1

JR根室駅。花咲線は日本最東端に至る重要な路線です。国防上重要な意味を持つ路線でもあります。
廃止の声もちらほら聞こえますが、ぜひ存続してもらいたいものです。

1

たまたま人が入り込まない根室駅のホームを撮影出来ました。今こうして写真で見ると、時の止まった音のしない片田舎の駅のように見えてなかなかいい雰囲気。

駅の造りは思い出のマーニーで主人公が降りた駅にちょっと似ているような。モデルはまた別の駅なんですが。函館本線の駅だったかな?

1

11:08 根室 発 JR花咲線 快速はなさき(釧路行き)

座席はお馴染みお見合い式のセミクロスシート。北海道のローカル線とは思えないほどお客さんの数も多いです。
客層は、観光客よりも地元の人のほうが多かったです。地域の足として活躍している鉄道を見るのは嬉しい。

1

1

往路でも通りましたが、改めて日本離れした風景が広がっています。こんな草原や台地を一人歩いてみたい。

1

1

5日目前編で通った別寒辺牛湿原です。

朝と昼間では受ける印象が随分異なります。昼間もこれはこれで見事なんですが、別寒辺牛湿原は朝霧・朝もやの中通るのが一番良いかと。非常に幻想的な景色を楽しめます。

1

よくもまぁこんなところに線路を敷設したなと感心します。橋梁などはボロボロの状態でしょう。これらの整備修繕費がJR北海道の懐を圧迫し続けています。何とか踏ん張って頂きたいですが…。

1

1

なんちゃって湖の厚岸湖です。白鳥がのんびり泳いでいますが、塩辛い水でも大丈夫なんでしょうか…。

1

13:18 釧路 着

釧路に戻ってきました。朝に釧路を出たのが05:35 だったので根室までの往復で6時間弱。なかなかのボリュームです。

1

ホームには帯広行きの普通列車が停車していました。釧路-帯広間は普通列車で3時間強と、実は結構距離があるんですが、普通列車が1本で結んでいるので地味にありがたいんですよね。青春18きっぷ利用者は嬉しいでしょう。




釧路→札幌 (臨時特急・臨時快速)




さて釧路駅に戻ってきて、ここからは札幌へと移動します。しかし出発にはまだ時間がありますので釧路駅前をぶらついた後、昼食としましょう。

1

いやあ相変わらず立派な駅です。これが釧路駅の見納めになるかな。生きている間にもう一度くらい北海道を巡りたいなぁ。そのころには一体どれだけの路線が生き残っているんだろうなあ。

1

さて釧路と言えば、勝手丼で有名な釧路和商市場には一度行ってみたいと思って居ました。どんぶりご飯だけもらって、あとは自分で自由に新鮮な海の幸を乗せて行ってオリジナル海鮮丼を作れるというアレです。
まあぼったくり丼として有名ですが、旅行者の財布のひもはゆるゆるガバガバですので。

釧路駅から徒歩数分で行けるとのことで早速向かったのですが何と定休日。今日は日曜日ですよ。一番観光客が押し寄せるであろう日曜日に休んでどうするんですか。もう!

1

釧路駅前の教会的な建物。結婚式でもやるんでしょうか?

1

海鮮丼を食べる気満々だったのに、まさかの市場が定休日で。仕方ないので駅ナカのそば屋さんに入ります。

1

1

豚丼セットを注文。今回のスケジュールでは帯広で豚丼を食べることが出来ないのでせめてここで豚丼を食べておきたいと思って注文したのですが、なんとあり得ないことに似非豚丼
帯広のあのジューシー肉厚な豚肉を使った豚丼とは似ても似つかぬ偽物です。釧路と帯広は近いんだから頑張ってよ!と叫びたくなりましたが、まあ味は美味しかったです。

1

お腹が満ちた後は釧路駅構内をぶらぶら。2年前に釧路駅に来たときにこの駅ナカの古本屋さんが気になっていたんです。荷物になるので購入はしませんでしたが、列車を待つ間楽しい時間を過ごせました。


さて時間になりました。発車ホームへと向かいます。
ここでようやく、随分前に書いたJR根室線・石勝線の臨時快速・代行バス・臨時特急に乗ってきたに繋がります。

釧路から札幌へは通常、特急スーパーおおぞら号が活躍していますが、この時はまだスーパーおおぞらは復旧しておらず、臨時列車・代行バスでの移動となりました。
(2016年12月31日現在、スーパーおおぞら・スーパーとかちとも復旧・再開しております)(で、根室線の復旧はいつ?)

札幌までの旅行記は上の記事をご覧ください。以下、上の記事では語らなかった札幌到着後の行動をご紹介します。

1

20:15 札幌 着

さて、なんやかんやあって札幌に戻ってきました。4日目にはまだ岩見沢に居たんですもんね。4・5日目で道東を巡ってきたことになります。

考えてみれば今回の北海道旅行は、3つのパートに分けられます。
1~3日目:道央・道北パート
4~5日目:道東パート
6~8日目:道央・道南パート

そういう意味ではすでに旅も2/3を消化。楽しい時間が過ぎるのはなんと早いものだろうか…。

1

釧路を出たのが14:50だったので札幌まで5時間半程度。もうお腹がペコペコです。(※釧路駅で食べた豚丼セットはすでに消化されています)

北海道と言えばラーメン!有名な札幌ラーメン共和国に来てみました。駅の中(ステラプレイス)にあるのかと思っていましたが実は違って、駅の目の前の別の建物です。初めて行ったのでちょっと迷いました。

1

狭い空間に十数件のラーメン屋さんが軒を連ねています。初めて来た人は驚く光景でしょうが、実は京都駅にかなり良く似た京都拉麺小路というものがあるので、一瞬札幌に居るのか京都にいるのか分からなくなりました。

1

どれも美味しそうで目移りしますが、ようやく一軒に決定。札幌は味噌ラーメンが有名だそうで、せっかくなので味噌ラーメンを頼むことにしましょう。

1

先ほどのメニューの左上「新味噌 半熟煮たまごのせ」を注文。970円也。

ものすごく美味しかったです。味噌の風味が効いたコクのあるスープが京都とは少し違う麺に絡まってさらに肉厚のチャーシューがもう最高。あああお腹空いてきた…。
普段ならラーメンごときに1000円出すとかありえない!と断固拒否しますが、もう財布はゆるゆるです。経済を回しているのでいいんです。

1

食べ終わって外に出ると、札幌駅がいかがわしい感じにライトアップされていました。どうかと思います。

1

本日のお宿はアパホテル〈TKP札幌駅前〉。アパホテルは通常7~8000円くらいはする(わたしからすれば)高級ホテルなのですが、ここはシングル禁煙で4,400円とお安かったので実に嬉しい。アパホテルは会員カードも使えてポイントも溜まるしチェックインも楽だし、なかなか使い勝手が良いです。

1

1

ホテルに入って驚きました。フロントが一階ではなく、上層階(確か7か8階?)にありました。
それと、フロントのすぐ横に部屋があること。2枚目の写真はフロントのすぐ横を撮影したものです。なかなか斬新なデザインだこと。この部屋は人の話し声が常に聞こえてうるさくないのかしら。

1

1

お部屋はアパホテルらしく狭めで普通の部屋ですが、気になったのがお風呂のドアが微妙にスケスケな感じのドアだったこと。


え。ここってそういうホテルなんですか?




5日目後編はここまでとします。
明日はいよいよ旅6日目、旅も終盤に入ります。明日は函館を目指し、道南への旅が始まります。

6日目 前編へ続く

最後に5日目のスケジュールを。

05:35 釧路 発 
↓JR花咲線 快速はなさき(根室行き)
08:03 根室 着

08:20 駅前ターミナル 発
↓根室交通 納沙布線 (納沙布岬行き)
09:04 納沙布岬 着

09:55 納沙布岬 発
↓根室交通 納沙布線 (根室駅前行き)
10:39 駅前ターミナル 着

11:08 根室 発 
↓JR花咲線 快速はなさき(釧路行き)
13:18 釧路 着

14:50 釧路 発
↓JR根室本線 臨時快速(帯広行き)
16:25 帯広 着

16:45 帯広 発
↓JR石勝線 代行バス6便(トマム行き)
18:15 トマム 着

18:36 トマム 発
↓JR石勝線 臨時特急(札幌行き)
20:15 札幌 着

札幌泊(アパホテル〈TKP札幌駅前〉)



にほんブログ村


関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる