FC2ブログ

東京観光 東京駅・皇居・国会議事堂など 関東・東北一周の旅 1日目後編 

2017.04.19 20:38|東北・甲信越
北海道&東日本パスで行く 関東・東北一周の旅 まとめはこちら

関東・東北一周の旅 1日目後編 東京観光 東京駅・皇居・国会議事堂など
 京都→米原→名古屋→中津川→塩尻→甲府→高尾→東京

1

1
©google maps


前編では京都から中央本線を経由、東京駅までたどり着きました。
もう夕方ですが、後編では東京駅周辺を徒歩で観光します。





東京駅・丸の内北口




1

東京駅は通路が一階にある構造。早速エスカレーターで下へ。

エスカレーターに関しては「左右どっちに立つ議論」がよく行われます。私は左側に立つことが多いです。先頭に合わせますけど。
そう言えばマクドと言わずマックと言いますし、エセ関西人と言われても仕方ない蛮行なのかも……。

1

東京駅を歩くのは20年(?)ぶりですが、駅舎が単純な構造で助かりました。迷わずお目当ての丸の内北口改札に到着。改札を出る前から雰囲気は漂っていますね。

私事ですが前回東京駅に来たのはまだ子どものころでした。ちょうど東京駅の改装中だったような?回廊のようなところを歩いた記憶がぼんやりとですがあります。

1

こちらが改札の様子。そして振り返れば…

1

1

目的はこれ!!東京駅丸の内北口のホール!圧巻の装飾です。

1

こういう装飾方法はレリーフと言うんでしょうか?天井の彫刻も極めて美しい。
ただの駅にこんなオシャレな装飾を施すなんて…さすが東京駅です!

1

東京駅の凄い所は、駅舎そのものが観光名所になっているところです。東京駅赤レンガ駅舎。

1

1

駅というのは極めて実用的なものなので外観は二の次にされる事が多いのですが、東京駅は首都東京の玄関口として景観にも拘って建築されています。世界にも自慢できるんじゃないでしょうか。

1

少し離れたところから東京駅とビル街を。駅前広場の工事が邪魔ですが、実に見事な建築。やっぱり見た目って重要なファクターだと思います。

1

駅前には大きなビルがどどんと鎮座していたのでパシャリ。ビルを撮影しているあたり、田舎者丸出しです。


東京駅から真っすぐ正面に歩き、皇居へと向かいます。

1

歩きながら撮影してブレている+日本語が映っていないので、ちょっとニューヨークのオフィス街っぽい雰囲気ありませんか?

1

木陰になっているのはいいんですが、先ほどまで高原の信州に居たので東京はかなりムシムシとして不快な暑さ。写真では伝わりませんが、当時は残暑厳しい9月上旬です。とにかく暑い。

1

ロンドンっぽい2階建てのバスを見かけました。

1

お堀に到着。これは外堀になるのかな?




皇居・ 二重橋




1

皇居っぽい建物が見えてきましたよ。
調べてみたところ巽櫓というようです。読み方はわかりません。なにやぐら…?

1

振り返ればドラマで見た事のあるあの建物も!後で行きましょうね。まずは皇居周辺です。

1

内堀かな?この辺は桔梗濠と呼ばれているようです。

1

正面に立派な門が見えます。坂下門と呼ばれるそうで。この先は宮内庁に繋がっています。門から出てきた人たちも、たぶん宮内庁の関係者。

じろじろ観察していたら、よほど不審に見えたのでしょう。手前に写っている警察官がこちらを怪訝そうに見て、同僚に何かを話しかけています。
いかん、逮捕される前にズラかるとしましょう。

1

砂利で覆われた広々とした広場。玉音放送でひれ伏した人が居たのはこの辺りなのかな?

1

1

次の目的地はこれ!これが有名な二重橋ですか。アーチが2つ繰り返されているから二重橋というんでしょうね。簡単な推理です。

1

正面に回り込んでみました。ブロンズ?の装飾もいちいち見事です。こういうさり気無い所も大事ですからね。さすが二重橋です!

1

ん?奥に橋がもう一つあるみたいですね。でもこっちの橋は地味で、それほど見どころがあるようには思えませんね…。

と、ここまで書いて、皇居に詳しい方はもうお分かりだと思いますが、この時点の私は完全に勘違いしておりました。

二重橋は、奥にある地味なほうです。正式名称は正門鉄橋と言い、こっちが本当の二重橋。

1

さっきから私がパシャパシャ撮影しているのは偽二重橋で、正式には正門石橋と言います。なんという紛らわしさ!
あまりの紛らわしさに誤認して勘違いしたまま帰る愚か者が相当数いるらしいです。もちろん私もその愚者のうちの一人。

1

偽二重橋は固く閉ざされ、一般人は入ることがまかりならぬ状態です。
その先には制服に身を包んだ方が。これはいわゆる、皇宮護衛官という奴でしょうか。それとも近衛兵?私にとって近衛兵とは物語の中だけのものであり、生で見たのは初めてです。

大変栄誉ある立派な職務だと思いますが、その任務内容は数時間身じろぎもせず直立不動で不審者を警戒すること。
考えただけで恐ろしくハードな仕事だと思います。何か特殊な存在のようですが彼らも普通の人間なわけで、表現は悪いですが暇を持て余す事はないのでしょうか?
仕事などは慌ただしいほうが時間が早く過ぎるものですが、このように何もすることが無い(失礼)というのは想像以上の苦痛だと思いますが…。


ところで私が二重橋の写真を撮り終わって一息ついていた時、警察官の方が声をかけてきました。
すわ「職務質問か!私はただの旅行者ですーーー」と叫びそうになったのですが

1

警察官「閉門の時間です」

どうやら二重橋周辺には入場時間が設定されているようです。17時までしか入れないので注意。
私などは24時間入り放題だと思っていたので、旅行で計画されている方は注意です。

1

封鎖されても側面からの偽二重橋は撮影することが出来ます。なかなかいいアングル。

1

二重橋を後にして歩いていたらまた門が見えてきました。今度の門は一般人が出入りしていますね。別に大したものではないのでしょう。

1

桜田門って、まさか桜田門外の変で有名なあの桜田門ですか?

東京。歴史は浅い土地で、しかも焼け野原にされてしまって何も残っていないと思っていましたが、意外と明治以降のものが比較的よく保存されて記録にも残っているものが多くて楽しいですね。
我が京都は歴史的には東京など蹴散らせる存在ですが、やれ1000年前の○○と言われても、正直あまりピンと来ないのが現実で。

いやあ、皇居外苑、オススメです。



官公庁・国会議事堂




1

さて桜田門を過ぎると官公庁に出ます。これドラマで見たことある!

1

官公庁を歩いてみる事にします。
東京はいつ来ても、どこから沸き出してきたのかと思うほど人間が居て混雑していて大嫌いですが、政治・経済・文化などあらゆる面で日本の中心であることは認めざるを得ません。
そういう意味で、国の根幹を成して政が行われている官公庁は、純粋に興味があります。大使館・領事館なども同様に好きですね。

1

遠くには国会議事堂の姿も!よくこの辺でデモなどの迷惑行為が行われていますね。

1

道路の対岸には赤レンガ造りの立派な建物が。行ってみましょう。

1

1

法務省の建物でした。法務省と赤レンガがどう関連するのかは分かりませんが、何となく高貴な存在というのは分かります。

1

基本的に赤レンガを使うだけでどんな建造をしていても格好良く見えるんですけどね。旧海軍関連の施設とか。

1

法務省の横の建物。こっちはビルです。恐らく東京高等裁判所。そういえば最高裁はどこにあるんでしょうね。見ておきたいのですが…。

1

官公庁街を歩いていて痛感したのが、道路が広く、横断歩道・歩道橋が無いこと。つまり目の前に見える道路の対岸に渡る手段がないのです。

じゃあどうするのかというと、地下鉄の駅が横断歩道替わりです。上り下りがあるので面倒くさいですが、本当に横断歩道がないんです。

1

農林水産省の建物。なぜ農林水産省と分かったかというと、イルカ漁反対のデモをしている人が道路に居座って、大きな声で延々同じ事を叫んでいたので。

1

外務省。外務という言葉の響きはステキですが、日本の外交音痴っぷりは伝統なのでノートコメントで。

1

1

警察庁・国家公安委員会は総務省と同じビルに入っていました。旧内務省系の組織なので同じ所に入居しているんでしょうか。

1

東京メトロ 桜田門駅。桜田門という地名を残そうと撮影しただけなのですが、入道雲がいいアクセントになって思いがけず雰囲気のある写真になりました。夏の終わりの午後、みたいなイメージで。

1

1

テレビドラマでお馴染み警視庁の建物。たぶん官公庁の中で断トツの知名度かと。

1

では一通り見たので、国会議事堂に向かうとしましょう。

1

信号もちゃんと国会正門前。

1

おお…!テレビで見るのと実際に目にするのはやっぱり違いますね。立派な建物です。

1

国会正門前は広々とした道路が整備されています。東京の道路事情はもっと劣悪かと思っていましたが、なかなかどうして小綺麗に整備されているじゃないですか。

1

国会議事堂を斜めから。すでに暗くなり始めています。


東京駅から皇居を経由してここまで結構な距離を歩いてきました。
そのまま歩いて戻れる距離はありますが重たい荷物を持っていますし、何よりムシムシして暑い。帰りは地下鉄を使ってショートカットするとしましょう。

1

というわけで東京メトロ 国会議事堂前駅へ。ここって確か国会の真下を通っていて、秘密裏に隠し路線があるんですよね。ドラマで見ました。

1

東京で感じたのは、監視カメラの多さ。あらゆる場所に目立つように(もしくは目立たないように)設置されてありました。
また、場所が場所だけに、警察官や警備員の姿もかなり多く見かけました。ジロジロ眺められるのは気持ちの良いものではないですが、まあ私も迷って挙動不審だったし仕方ないです。

1

駅に貼ってあった広告が悪い意味で面白かったので撮影しました。私は笑止千万だと思います。

1

もちろん東京メトロは初乗車なので記念です。しかし東京メトロ安いですね!3駅乗車して170円とは!

一方で京都市営地下鉄の運賃は日本一高いことで有名です。なんと初乗り210円。

「これだから京都は。弛んでおる」などと言わないで下さい。京都という土地がすべての元凶です。
地下鉄を作るには当然地下に穴を掘る必要がありますが、京都の場合は掘るたびに様々な遺跡にぶち当たり、その度に調査をする必要があったので建造費が急騰した、という事情があります。計画段階で気が付かなったんですかね?

1

地下鉄自体は京都にもあるので乗りなれています。田舎者と一緒にしないでください。
ホームドアが設置されていて優秀だと思いますが、混雑だけはどうしても嫌悪。

1

1

東京メトロの東京駅に到着。

1

混雑はこんな感じ。京都でもこの程度の混雑なら普通に見る光景なのでたぶん東京的にはマシなのでしょうが、私は吐き気が止まりません。

1

この後は上野駅に向かいます。理由は後述しますが、まあくだらないことです。
そういえば最近上野東京ラインという路線が開通したんでしたね。湘南新宿ラインと似たようなものでしょう?ますます遅延が増えそう…。





東京→上野→関内




1

せっかくなので上野東京ラインの車両に乗車。上野まではJR山手線で数駅です。

1

上野 着。
ああ、上野。甘美な響き…!

1

1

混雑と車両はこんな感じ。東京の車両はどれも同じ顔をして大量に人を積んで、なんの魅力も感じません。完全に移動手段ですよね。
鉄道旅の魅力を感じられないなんて、と東京の人が哀れに思えてきました。

1

上野駅自体は宇宙博を見てきたで経由したので初めてではないですが、駅舎の中を散策するのは初めてかも。

1

こ、これは…!そもそも線路の二階建てというのも想像の埒外ですが、吹き抜けの二階建てのそれぞれ列車がいる光景は初めて見ました。世にも珍しい不思議な光景。

1

さてお目当てのJR上野駅 みどりの窓口。
わざわざ上野駅に来たのは、大変大変くだらない話で恐縮ですが、「北へ向かうには上野から」という私の信念が関係しています。

いわゆる「ゴオサントオ」時代には、北へ向かう列車と言えば上野駅始発の列車が大多数でした。
常磐線経由の寝台特急ゆうづる青森行き、同じく常磐線経由の急行十和田、信越本線経由の急行越前福井行き、上越線経由の急行鳥海秋田行き……。

その他「みちのく」「はつかり」「はくつる」「北上」など、言い出せばキリがありません。上野駅は北への玄関口だったのです。「上野発の夜行列車 おりた時から」という有名な津軽海峡・冬景色もあります。

当時、冬に上野駅に行けば、雪をどっさり積んだ北からの列車が次々と入線してきたそうです。そんな夢のような時代はもはや過去のものとなりました。

私の話に戻ります。本日は中央本線で西へと向かいましたが、明日からは北、青森を目指して北上します。
かつての急行・寝台列車を偲びつつ、せめてきっぷくらいには上野という文字を入れたい。そんな思いで上野駅にやってきました。

1

購入したのはお馴染みの北海道&東日本パス。上野駅の文字が入ったのでもうこれで満足です。
北海道旅客鉄道会社全線・東日本旅客鉄道会社全線という文字を見ると無敵になったような気分になります。青春18きっぷよりも万能感はむしろある。

1

まあ記念にと上野駅の外観もパシャリ。どう見ても裏口です。


では上野駅でのミッションも達成しました。本日宿を取っている横浜に向かいます。

1

うっ、見ているだけで吐き気が…。

みんな同じ格好でみんな同じ死んだ顔の人々。旅に出てまでこんなの見たくありません。
関東在住の方は毎日こんな電車に乗っていて、精神が壊れないのでしょうか…。

1

東京周辺の列車は直通運転の欠点として行き先がバラバラ過ぎて乗りにくいのですが、とりあえず横浜に向かうのは湘南新宿ラインに乗ると便利なのは知っています。

1

早速乗りましょう。混雑は酷くありませんね。国電の座席がロングシートなのは当たり前なので、特に何も感じません。

1

1

1

予定ではハチ公像も見たかったのですが、結構疲労しているのでパス。そういえば日銀本店と日本橋も行こうと思ったのですが、残念です。

1

無事に横浜に到着しました。ただ今回の宿は根岸線の関内に取ったので、あと1本、根岸線の列車に乗り換えます。

1

疲れ果てていたので関内駅の写真は撮り忘れておりました。駅を降りてホテルの方向に歩くと見えてきたのは巨大なドーム。
これ、かの有名な横浜スタジアム ですか?DeNAベイスターズの本拠地の?こんなところにあったのか!

1

有名な横浜の中華街も横浜スタジアムのすぐそばにあります。神戸の中華街なら行ったことありますよ。

1

本日の宿はスーパーホテル横浜・関内。中華街のすぐ横。
スーパーホテルグループに宿泊するのは久しぶりです。最近お高くとまっているので。

1

朝食スペース。

1

ああ、この選べる枕を見るのも久しぶり。

1

スーパーホテルの便利なところは、部屋はキーレスの暗証番号式。チェックアウトは不要、という点。

1

部屋はこちら。シングルで予約したのに、スーパールーム(?)という名称の2~3人部屋が与えられました。一人分にしては贅沢です。
宿泊料のほうは税込みで5,500円。東京周辺はホテル代の高騰が続いており、6,000円は平気で超えてくるのでまあまあです。安くはないですが。





1日目は以上です!前半は中央本線の旅、後編は東京見物と、なかなか疲れた1日でした。
疲労のあまり予定していた観光場所をいくつかスルーしたのが悔やまれますが、もともと全部を回るのは困難だったので仕方ないですね。

明日は関東の観光をもう少し続けます。横須賀で記念艦三笠の見学をした後、有名な江ノ電に乗るプラン。
その後北への旅を開始します。


2日目 前編へ続く


最後に列車のスケジュールを。2016年版のダイヤです。


5:49 京都 発   
↓JR琵琶湖線 普通(長浜行き)
06:56 米原 着

07:07 米原 発   
↓JR東海道本線 新快速(浜松行き)
08:24 名古屋 着

08:30 名古屋 発 
↓JR中央本線 快速(中津川行き)
09:44 中津川 着

10:00 中津川 発
↓JR中央本線 普通(松本行き)
11:50 塩尻 着

11:58 塩尻 発
↓JR中央本線 普通(甲府行き)
13:49 甲府 着

13:52 甲府 発
↓JR中央本線 普通(高尾行き)
15:24 高尾 着

15:31 高尾 発
↓JR中央線 中央特快(東京行き)
16:28 東京 着

東京から関内は省略。



にほんブログ村



関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる