FC2ブログ

関西の未乗車3路線乗り潰し Part1. JR福知山線

2017.09.24 15:11|関西・北陸・中国
全旅行記のまとめはこちら

関西の未乗車3路線乗り潰し Part1. JR福知山線
 京都→大阪→篠山口→福知山

1

1
©JR西日本


最近JR西日本周辺の乗りつぶしオンラインの記録を見ると、どうにも不満を感じていました。

1

嵯峨野線(山陰本線)と播但線、神戸線の間の三角地帯にあるぽっかりとした空白地帯。目の上の瘤状態でどうにも不快でした。
しかし近場だし、わざわざ休日に乗りに行くほどの魅力もない。ということで今までずっと放置していたのですが、この度重い腰を上げまして、関西の未乗車3路線の乗りつぶしに出かけることにしました。

まずはその一角、JR福知山線(宝塚線)に乗りに向かいます。






京都→大阪




1

2017年8月某日 10:00 JR京都駅

私の旅は基本的に早朝、下手をすれば始発列車に乗るという早起きスタイルなのですが、10:00という時間に京都駅に現れている時点で今回のやる気の無さが伝わってきます。完全に寝坊しました。いや正確には、目は覚めたけど起床するやる気が起きなかった。

旅行記のブログなんかやってますが、元来私は出不精です。3連休とか平気で引きこもれる人間です。
しかも今回は旅行に行くわけでもなく、魅力的な観光地に行くわけでもなく、ただ未乗車路線に乗るというそれだけの目的。

貴重な休日に私は何をやっているのかとぼやきたくもなりますが、とにかく頑張って起床して、10時に京都駅に現れることが出来ました。上出来です。

1

1

さて対岸のホームを見ると、何やら痛々しい列車が停車していました。SHINOBI-TRAINとか言われても何を伝えたいのかさっぱり分かりません。
日本には今でもニンジャが潜んでいると信じてやまない外国人なんかは狂喜しそうですが…。

1

10:18 京都 発  JR京都線 普通(須磨行き)

本日最初の列車はJR京都線の普通列車

普通列車です。京都線は本来新快速に乗ってぶっ飛ばすべき区間なのですが、休日午前の新快速という事で恐ろしい混雑。
ただでさえ休日に(アラームで)叩き起こされて機嫌が悪いというのに、満員電車でオヂサンと密着するとか正直勘弁してほしいところです。

ということで、普通列車にて大阪に向かうことにしました。実は私、京都から大阪に向かう時に普通列車に乗るのはこれが初めてです。たまにはのんびりとした普通列車というのもいいでしょう。

1

車内はロングシート。しかし予想通りガラガラで、少なくともストレスは感じません。あの大混雑必死の京都線とは思えません。

1

前々から気になっていたこの巨大チョコレート。新快速乗車時はあっという間に通り過ぎるので撮影出来なかったのですが、普通列車のスピードだと写真に収めることが出来ました。
まあいろいろツッコミどころはありますが、これを建設するセンスは認めてあげます。

1

11:03 大阪 着

京都から大阪まで45分でした。新快速では30分なので1.5倍時間はかかっている訳ですが、立ちっぱなしの満員電車で30分すし詰めか、ガラガラの車内で座って45分かだと、後者のほうが圧倒的に楽ですね。
今回みたいに急ぎではないときは普通列車も普通にありかも。普通だけに。

1

1

さてホームを移動して3・4番乗り場へ。このホームは特急こうのとりやサンダーバードなども発着するホームです。

1

黄色い大阪駅の駅名標は初めて見たかも。福知山線(宝塚線)のイメージカラーは黄色らしく、駅名標にも明るい黄色が使われています。




大阪→篠山口




1

1

宝塚線の列車が来ました。乗車するのは丹波路快速。奈良線のみやこ路快速、阪和線の紀州路快速、大和路線の大和路快速などの「~路快速シリーズ」の一角。この中だと紀州路快速が一番旅の香りがするかな?

車両は新快速でおなじみ223系?快適な転換クロス。

1

11:21 大阪 発  JR福知山線(宝塚線) 丹波路快速(篠山口行き)

まずは大阪駅を出て淀川を渡ります。
福知山線の起点駅は尼崎駅なのですが、列車は大阪駅発着のものが多いです。なのでこうして大阪駅から乗車。

福知山線は、実はよその路線から乗り入れる列車が多いことでも有名です。
例えば始発列車は四条畷駅発なのでJR片町線・東西線・福知山線直通だし、高槻駅発の列車はJR京都線・福知山線直通など。

1

車内はこんな感じ。休日ですが混雑もなく、のんびりと乗車することが出来てよかったですな。

1

列車は尼崎駅に到着。尼崎駅からいよいよ福知山線に入ります。
見えているのは東海道本線の車両。尼崎を出てしばらくは並走しますが、その後こちらが高架線に入るので東海道本線の車両の上を通り抜ける格好。
大きく90°カーブして北へ進路を変えます。

さて地図を見ると確かに急カーブしています。こんな急カーブに速度を落とさずに侵入するとどうなるでしょうか。

福知山線というと、やはりあの事故のことに触れないわけにはいきません。
2005年4月25日に塚口駅 - 尼崎駅間で発生したJR福知山線脱線事故。乗客と運転士合わせて107名が死亡、562名が負傷しました。

今私はまさにその事故があったカーブの上にいます。
(正確には塚口からの最初のカーブです)






※以下に事故現場の写真が出てきます。不快に思われる方はページを閉じてください。







1

1

ここがまさに事故現場。
あの事故の衝撃は今でも覚えています。福知山線は大都市へのアクセス路線として、通勤通学で多くの方が利用される路線です。そんな身近な路線で大事故が発生して、何百人もの人が死傷する。今考えても恐ろしい事故です。

普通の人よりは列車に乗る機会の多い一鉄道ファンとして、まったくもって他人事ではないです。ある日鉄道に乗りに出かけて、そのまま事故に巻き込まれて死んでも何もおかしくない。
悔いなく生きることの重要さを再確認する次第です。

1

さて福知山線の乗車に戻ります。列車は伊丹駅に到着。
もちろん伊丹空港のアクセス駅です。(え、駅から遠い?知らんがな)

何でも伊丹駅を降りてすぐ、伊丹空港に発着する飛行機を眺められるスポットがあるとかないとか。行ってみたいなあ。

1

正確な場所は分からないのですが、伊丹を出てしばらく走ったところの写真です。

わたし、こういう山の斜面にビッシリと住宅が建っている土地ってすごく魅力的に思います。
長崎や尾道みたいな坂の町。最高じゃないですか。無性に登りたくなってきます。高台から街を見下ろして黄昏れる、みたいなことをしてみたかった……。

1

宝塚線の名称の由来になった宝塚駅に到着。
宝塚の町は歌劇団によってすべてが支配されているという噂。

1

次の西宮名塩駅では、ホームの一部がトンネルに突っ込んでいました。
というかこの駅両サイドがトンネルで、トンネル~わずかな隙間に駅~トンネル~という、飯田線で見た構造。

1

これは武田尾駅を通過する一瞬に撮影した写真ですが、谷間の川という構成と、眩しい山の緑と川の青さが対照的で結構お気に入りの写真です。
尼崎を出たときは市街地を走っていた福知山線は、いつの間にか山間部に入っていきます。

1

1

そしてトンネルを抜けて、武庫川と並走して北西へ。
2枚目の写真のような岩肌むき出しの崖というか山がゴロゴロしていて、尼崎を出てまだ数十分なのに山の気配。

1

1

そうかと思えば田んぼが広がる典型的な盆地の風景も。
ザ・田舎の日本家屋という建物が見えてほっこり。私は都会生まれ(と言ってもたかだか京都市内ですが)ですが祖母の故郷がこういう田舎で、幼少期はたまに遊びに行っていたものです。
こういう日本家屋を見ると昔を思い出して懐かしい。

1

列車は新三田駅に到着。新三田ってたまに駅の放送で流れますがこんなところにあったんですか。
学研都市線の列車でよく聞く行先のような。そもそも福知山線の駅ということすら知らなかった……。

1

1

新三田を出るとさらにのどかになってきます。駅名もだんだん適当になってきました。

1

12:27 篠山口 着

というところで終着篠山口に到着。大阪からは1時間強でした。
福知山行きの列車に乗り換えます。



篠山口→福知山




1

その福知山行きの列車はこちら。
7両編成の丹波路快速から、たった2両の列車に乗り換えとは。おのれJR西日本め。

1

というわけで列車の中はこの混雑具合。立ち乗り客も多くいました。7両から2両ではこうなることは目に見えていたでしょう…。意外とこの区間には旅客需要があるみたいです。

1

12:31 篠山口 発  JR福知山線 普通(福知山行き)

今度は篠山川に沿って北へ。

1

ここでやっと丹波という地名が出てきました。

というか冷静に考えると、丹波路快速という名前なのに丹波の手前で運転を打ち切られるわけね…。なんだかなあ。

1

1

篠山川はなかなか味のある川です。岩がゴロゴロしていていかにも上流の川といった格好。
こういう川で渓流釣りとかしてみたい。

1

白滝シリーズならぬ、下滝駅に到着。何もないように見えて鉄道に沿って住宅が立ち並んでいますのでご安心を。

1

下滝の次は谷川駅に到着。ご存知の方がいるかは不明ですが谷川駅は加古川線との接続駅です。また後で加古川線に乗るときに来ます。

1

しかし問題はこれです。列車からちらっと見えた加古川線の時刻表。
何ですかこの絶望的なダイヤは。

あのJR飯田線の秘境駅、中井侍駅の時刻表

1

とほぼ変わらない悲惨さじゃないですか。え、加古川線ってそういう扱いなんですか。

1

途中石生駅で特急こうのとりとの待ち合わせ。こうのとりって福知山線経由だったんですか。それも知らなかった。
そもそも私、北海道や九州の特急列車はほとんど乗車済みで経路などもほぼ完璧に理解していますが、地元である西日本の特急列車は全くと言っていいほど知りません。
知っているのははるかとサンダーバードくらい。

これではいかんなあ。いずれ、JR西日本の特急や新幹線にも乗らないとなあ。でも運賃が高いしなあ。



特急や新幹線が乗り放題になる、そんな切符さえあればなあ………………。


1

黒井駅に到着。今この旅行記を書いていて思い出しましたが、九州旅行の帰りに山陰本線に乗ったとき、黒井村駅という駅がありました。

1

あの時は暗い山陰本線という事もありチビりそうなおどろおどろしさがありましたが、こっちの黒井駅はそんなこともなく。むしろ明るい印象を受けました。

1

谷川からずっと川とは離れていたのですが、再び川が寄り添って来たら福知山はもうすぐです。
土師(はぜ)川。一級河川由良川の支流です。

1

1

福知山城はいいですね。列車に乗ってきて立派なお城が見えると、ああ福知山に来たな、という感触を味わえます。

1

1

福知山城を通り過ぎるといつの間にかしれっと線路が寄り添ってきます。もちろん京都から園部、綾部を経由してここまで来た山陰本線の線路。あっちはこのまま下関まで続いている一大路線なので、こっちが家来扱いかな。

1

13:31 福知山 着

篠山口からはぴったり1時間でした。

1

1

福知山駅では未だに自動改札機が導入されず、人力で改札業務を行っています。

さて福知山に特に用事はないんですがせっかく来たので福知山城でも観光しようかな、と予定ではプランを立てていました。
しかし当日やる気が起きず起床時間が後ろにズレ込んだため、福知山城観光はパス。しかし中途半端に次の列車まで時間があるので、腹ごしらえでもしておくことにします。

1

で、選んだ店は餃子の王将 JR福知山駅店。
せっかくお出かけしてチェーン店かよ!と思う方も多いでしょうが、普段は自分でご飯を作って外食は月に0回という私からすればこういう機会でもないと王将なんか入りませんから!逆に新鮮です。

1

1

なんか王将に来るたびに頼んでいる気がしますが、炒飯と餃子を注文。王道にして安定のおいしさです。





最後の画像がごはんの画像というのも締まりがないですが、パート1福知山線編はここまでとします。
パート2では先ほどの谷川駅まで戻り加古川線に乗車します!

Part.2へ続く


パート1 福知山線のスケジュール

10:18 京都 発
↓JR京都線 普通(須磨行き)
11:03 大阪 着

11:21 大阪 発
↓JR福知山線(宝塚線) 丹波路快速(篠山口行き)
12:27 篠山口 着

12:31 篠山口 発
↓JR福知山線 普通(福知山行き)
13:31 福知山 着



にほんブログ村


関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる