FC2ブログ

伯備線で備後落合まで 廃止直前のJR三江線+呉訪問 1日目前編 

2018.02.03 20:11|関西・北陸・中国
JR三江線+呉のまとめはこちら

廃止直前のJR三江線+呉訪問 1日目前編 伯備線で備後落合まで
 京都→大津→姫路→相生→岡山→新見→備後落合

1

1
©google maps







京都→大津→姫路→相生→岡山




1

2017年12月某日 JR京都駅

ということで今回は京都から西へ。中国地方のJR三江線に乗りに行きます。使用するきっぷは2017年冬の青春18きっぷ。
青春18きっぷ期間中+廃止直前ということで大変な混雑が予想されるJR三江線ですが、果たして……。

1

07:11 大津 発 JR琵琶湖線 新快速(姫路行き)

これどう見ても大津駅ですやん。ていうかモロに大津発って書いてますやん、というツッコミはご愛敬。いつも通り京都から逆走、大津駅から新快速に乗車することにしました。

しかし今回は小細工を弄した私を嘲笑うかのように列車は大変な混雑。なんと神戸駅を過ぎるまで座れませんでした。大津から1時間以上立ちっぱなしです。解せぬ…。

1

09:30 相生 着

いきなり相生に到着しましたが、実際は私が乗った新快速は姫路止まりなので姫路駅で赤穂線、播州赤穂行きの列車に乗り換えています。
普段なら新快速は播州赤穂まで直通してくれるんですが、JR西日本の改悪でこの有様です。

1

1時間以上立ちっぱなし、しかも姫路駅で無駄な乗り換えを強いられて朝からもうヘトヘトです。
これで相生ダッシュで敗北しようものなら資金力に物を言わせて新幹線でワープしてやろうかと画策していましたが、この通り相生発の列車はガラガラでした。助かった…。

1

09:32 相生 発 JR山陽本線 普通(岡山行き)

分かれていく赤穂線の線路を見ながらがら空きの車内でのんびり。相生ダッシュがこれだけ空いているということは、三江線もそれほど混んではいないかも知れませんね。少し希望が見えてきました。わざわざ有休を取って平日に出てきたかいがあった。

1

10:38 岡山 着

ちなみに後ろに見えている列車は伯備線経由、特急やくも号。
伯備線は陰陽連絡路線の中で唯一の幹線であり、やくもは山陰に至る最速達手段である重要な列車です。山陰には新幹線がないからね。

1

進行方向逆側はザ・国鉄381系電車といった無骨なデザインですが

1

運転席側は見晴らしのいい構造になっています。やくもは愛称「ゆったりやくも」と呼ばれるゆとりを持った車内空間ですが、振子傾斜が強いことからぐったりはくもと呼ばれることも。
意味はお察しください。





岡山→新見




1

さてそんなやくも号に乗るとあっという間に山陰まで行けるのですが、あいにく今回はゆっくりのんびり、鈍行列車の旅。のんびりと普通列車で向かうとしましょう。
乗車するのは伯備線に入る普通列車、新見行き。

1

列車は岡山駅ホームの一番端、1番乗り場から発車します。2両編成。見た感じは近郊区間を走る通勤列車といった風情。

1

11:15 岡山 発 JR伯備線 普通(新見行き)

車内は221系を彷彿とさせる転換クロス。さすがに幹線とあって、普通列車もいくらか優遇されているんでしょうか。

1

さて列車は岡山駅発着ですが、伯備線の起点駅は倉敷駅です。岡山から倉敷までは山陽本線の線路を間借りして進んでいきます。
写真は山陽本線から出て伯備線に入る瞬間。幹線から離れていく感触というのは良いものです。

1

実は伯備線自体には尾道に行った帰りにちゃっかり乗ってるんですよね。あの時は吉備線に乗るために総社駅で下車しましたが今回はちゃんと終着の新見まで乗りますよ。

1

1

前回下車した総社駅に到着。というか井原鉄道って「いばら」と読むのか。ずっといはらだと思っていた……。

1

さて列車は総社駅を発車。ここからは未乗車区間です。

新見までずっと高梁川と一緒に進んでいきます。山深い中国山地に分け入っていくので、線路を敷けるところが川沿いくらいしか無いのが理由。

1

1

列車は日羽、美袋と停車。美袋は難読駅名で知られております。普通に読んだらビブクロでしょうが、みなぎと読みます。

由来を調べてみたところ
・美袋で大きく迂回している高梁川の流れが激しく音を立てるさまから「水鳴き(みなき)」
・「なぎ倒す」から「山が崩落したところ」「河川沿いの山が崩落した地」

などの説があるとか。

1

1

列車はいかにも山間の集落といったところを進んでいきます。青空が晴れ渡る実にいい天気で気持ちいい。
これから雨・雪だらけの冬の山陰に向かうわけですがさてどうなることか…。

1

備中高梁駅に到着。高梁川の高梁と同じです。
余談ですが伯備線でICOCAが使えるのはここまで。備中高梁からはICカードも使えないし、都会はここまでということでしょうか。

1

さて備中高梁駅と聞いて忘れちゃいけないのが備中松山城です。
この城は標高430メートルの臥牛山山頂にある城で、備中高梁駅を出てすぐ車窓右側に見えてきます。

まあ見えるといっても山の頂上にあるのでチラっと天守閣っぽいのが見えるだけですが、そのチラリズムがいい。

1

ちなみに車内の様子はこちら。やはり総社で多くのお客が下りた結果車内は快適な空き具合。

1

左手には割と好きな感じの景色が展開されます。川を挟んで対岸に集落。関西本線から見えるひっそりと佇む南山城村を思い出します。

1

木野山駅に到着。木野さん所有の山なのか、木が多い野原の山なのかは不明。

1

1

木野山の次は備中川面駅。川面というだけあって、この辺りから見える高梁川はかなり透き通って見えます。車窓から見える川としてはなかなか綺麗な部類。

1

石蟹駅に到着。イシガニではなくいしがと読みます。沢蟹が多かったことが由来とかなんとか。じゃあイシガニでいいのに。

1

12:46 新見 着

ということで終着新見に到着。岡山からは1時間半ほどでした。ずっと高梁川が見えているので飽きない車窓でしたね。

1

1

通路を通って次の列車のホームへ移動します。途中、井倉洞という鍾乳洞の広告を発見しました。全長1200メートルと長く、Googleで写真を調べてみると意外と見事。
鍾乳洞って行ったことないのでぜひ行ってみたいですね。洞窟探検とかワクワクするじゃないですか。

1

三次方面のホームへ移動。なかなかいい感じに撮れたと思いません?暖かい昔ながらの田舎駅という雰囲気が伝われば。




新見→備後落合




1

さてお次はキハ120型気動車。当たり前のように1両編成。一気にローカル線の香りがしてきます。おかしいな伯備線は幹線なのに…。

1

車内は意外と混雑。これどう考えても三江線特需の影響ですよね。しかもいかにもオタクな人も多数いてうんざり。
列車はボックス+ロングの混成セミクロス。

1

13:01 新見 発 JR伯備線・芸備線直通 普通(備後落合行き)

さてこの先ですが、列車は備中神代からJR芸備線に入ります。ということで伯備線とはオサラバ。
芸備線といえば広島まで至る長い路線ですが、その起点駅がなぜ備中神代などという地味な駅なのかは…不明。

1

新世界の神のような駅名の矢神駅ですが、昔、「矢田」と「上神代」の二つの集落が合併したことがその由来。

1

備後八幡駅に到着。いつの間にか備前・備中を通り過ぎ備後国までやってきました。

1

さてこの辺りで初めて山に雪がチラホラ見えるようになってきました。もう12月も後半だというのに一向に雪が見えないなあと思っていましたがようやく。今年度初めて見た雪になります。

1

小奴可駅。これまた難読ですがおぬかと読みます。小さい奴と書くので悪口にしか見えません。オルカならまだカッコよかったのにね。

1

終着が近づき標高が上がったせいか、徐々に雪が増えてきました。心なしか空の色も少し変わってきたような。星が綺麗に見えそうな感じ。

1

14:25 備後落合 着

新見からは1時間半ほどで終着、備後落合駅に到着。あっという間でした。




備後落合に到着したところで前編はここまでとします。中編では備後落合駅を少し見て回った後、芸備線から離れてJR木次線に入ります。
地味なように見えて見どころ満載の木次線をお楽しみに。

1日目 中編へ続く



にほんブログ村


関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる