FC2ブログ

ブログ紹介とプロフィール

2018.03.15 21:38|日常 daily
どうもどうも。初めまして。「ハルの旅行記」管理者のハルです。ブログタイトル見りゃ分かるって?名前なんか興味ない?そりゃごもっともで。

さて突然ですが、私は他の人のブログを読んでいると記事の内容よりも「この記事は一体どんな人が書いたんだろう?」と気になることが多いです。
そんな事情がありまして、今回はいい機会なので自己紹介とこのブログの紹介の記事を書きたいと思います。

この弱小ブログは実は2013年に始めたので、すでに開設から5年が経過しているのです。5年経ってようやく自己紹介とか今更感が凄いですが、気にしては負けです。ではさっそく。





自己紹介






10秒で分かるハル



京都市出身、京都市在住。30代独身一人暮らし。某国立大卒。最終学歴は理学博士。職業は俗な言葉で言うと学者。
趣味は旅行・カメラ・ピアノ・読書・天体観測・ウィンタースポーツ。


こう書くとなんだかリア充でアクティブ系でアウトドア系に見えますが、実際はヒキコモリのインドア系です。仕事がない土日は家に引きこもっています。毎週毎週どこかに遊びに行く人間とか、信じられません。ヒキコモリ最高







趣味をもっと詳しく




やはり「趣味は何?」と聞かれて一番先に思い当たるのは旅行ですね。レンタカーや飛行機やフェリーも使いますが、やはり鉄道旅行がメイン。
旅行がなぜ楽しいかというのは深いテーマだと思いますが、やはり刺激のない日常から離れて、非日常を味わえるのが一番の醍醐味かな?行ったことのない街を歩いたり、田舎のローカル線に乗ってのんびりしたり、都会の喧騒から離れて静かな田舎でぼんやりしたり、地方のおいしいものを食べたり。凄く贅沢な時間の過ごし方だと思っています。

その旅行に付随してカメラも趣味になっています。旅行先には必ず相棒の一眼レフを持っていきますね。いわゆる絶景だけでなく、田舎の素朴な風景もお気に入り。

読書に関して。私はこれでも読書家で、家には1,000冊を超える書籍がそれこそ山のように並んでいます。床が抜けるんじゃないかと思うくらいです。
ジャンル的にはSF・ミステリー・宇宙モノ・現代小説が多いかな。漫画やライトノベルも読みますよ。もちろん旅行ものも好き。海外旅行(特にバックパッカー方面)の旅行記は読んでいて止まらなくなります。





鉄道ファンとしての立ち位置




完全な乗り鉄です。撮り鉄の事は快く思っていません。他人の迷惑を考えられない無法者が多いし、そもそも乗り物である鉄道は乗ってナンボです。
乗り鉄ゆえに鉄道の車両にはそれほど詳しくありません。一方で路線図はJR全線をほぼカバー。JR路線だけならJRの社員さんより詳しい自身があります。


列車種別としては、特急や新幹線にも乗るし、各駅停車にも乗ります。鈍行以外認めないという過激派・原理主義者ではありません。
しかし幹線よりは、田舎のローカル線のほうが好き。お気に入りの路線は、近いところでは湖西線。遠いところを言うと花咲線・大湊線・津軽線など。やっぱり北国がお好みなんですね。








今後の目標・夢・してみたいこと




いい機会なので生きている間にしてみたいことを下に書き出してみたいと思います。

・47都道府県全てを訪れる
・JR全線完乗
・富士登山
・山にテントを持って行ってキャンプ!
・山の日の出を見ながらコーヒーを飲みたい
・北アルプスとは言わないが、山脈の稜線を縦走してみたい
・バイクで北海道を走る
・車で日本一周
・海外旅行
・バックパッカー的な海外旅行
・ユーレイルグローバルパスを使って欧州鉄道旅
・マレー鉄道に乗る
・スイスに行く
・ユングフラウ鉄道に乗る
・ドイツも行く
・パラグライダー
・離島めぐり
・小型レシプロ機で空を飛びたい
・ヘリコプターに乗ってみたい
・宇宙に行きたい
・早く恒星間航行を実現させて宇宙旅行をしたい



宇宙旅行はともかく、これを全部やり遂げられる日は果たして来るのか。
しかし改めて書き出してみるとやっぱり旅行系・アクティブ系が多いですな。根っからのインドアな人間なんですがおかしいですねえ。







ブログの紹介





ブログを始めたきっかけ




もともと私は「旅行には興味があるけど一歩が踏み出せなかった」人間だったんですね。学生のころなんて時間はあるけどお金は無いし。ホテルとかどうやって予約したらよいか分からないし。

しかしひょんな事から宮脇俊三氏の鉄道旅行記を読んで、すっかり鉄道旅行にハマりました。鉄道旅行は気楽でいいです。思い立った日に出かけられるし、座っているだけで遠くに運んでくれるんですから。全年齢で楽しめます。

旅行に出ると写真を多く撮ります。その写真たちをただHDDに眠らせておくのは勿体ない。
そして旅行は楽しいことも多いし、ちょっとした失敗もします。私のした色々な経験がもし誰かの役に立つのであれば、これは嬉しい。
そして私のような、旅行に興味はあるけど機会がなくて、という人が一歩を踏み出すきっかけになってくれれば更に嬉しい。

そんな思いでブログの執筆を始めました。現状、読んでくれた人の役に立つか?と言われれば、はて疑問が残りますが、もし私の旅行記を読んで「あ、ここ面白そうだな」とか「ここ行ってみたいな」など思って貰えれば有り難い話です。お得なきっぷの情報などもアナウンスしていきたいですね。





そもそも何を書きたいか




書きたい内容はやはり旅行の記録がメインです。旅行に出始めて4年近くになりますが、日本各地、北海道から九州まで色々と行きました。沖縄は行ったことがないです。いろんな失敗もしました。乗る列車を間違えた、乗るはずの列車に置いて行かれた。そんなことばかりです。
旅先で美味しいものも食べました。ここの路線はお勧め、ここのホテルは良かった。そんなアレやコレやの経験をお伝えしたい。

また、そもそも鉄道旅行の何が楽しいのか?何が魅力なのか?という根源的なテーマにも触れてみたい。

他にも、私が私生活で面白いな、と思ったものを共有したいと思っています。例えば本。自己紹介でも述べましたが私は結構な読書家で、一年に数十冊は読みます。
私が読んだ本で「これはぜひ皆さんにも読んでほしい!」と思うようなものは積極的に宣伝したい。

更には仕事や生活で出てくる困った点の解決方法とか。PCの設定や操作などで便利な情報があればどんどん共有していきたい。
Window10とかいうバグだらけのOSを少しでもまともに使えるようにするための改善策とか。


このように書きたい内容は多いんですが、いかんせん執筆のペースが遅い&ハイペースで旅行に出ていて未執筆の旅行記が溜まる一方という現実が。
まあノルマがあるわけではないので、のんびりゆるゆると書いていければと思います。





今後の活動内容




とりあえず直近の大きな目標としては、やはり47都道府県すべてを訪問する、そしてJR全線完乗かと。

現在、まだ訪れていない都道府県は残り3まで来ました。具体的に言うと沖縄県・群馬県・茨城県デス。群馬も茨城も鉄道でアクセスしにくいことしにくいこと。東京から東北本線に乗ると見事に群馬も茨城も通らないんですよね。上越線に乗れば群馬は行けるんでしょうが、茨城はどうしようか……。いや、私も常磐線とか乗りたいと思っているんですよ?でも福島県の海沿いになにやら近寄ってはいけない場所があるし……。


そして現在のJRの乗車状況は全線の70%に乗車、というところです。いつの間にか7割の大台を超えてきました。

そう。旅行記の更新はさっぱりですが、実はもう70%も乗っているのです。しかし残りの30%を埋めるためには、これまで以上の苦労が必要です。要するにド田舎の乗りにくい辺鄙なローカル線ばかりが残っているわけです。あと何の面白みもない首都圏と。

また、昔から登山には興味がありました。しかし初期投資の金額と、最初のハードルの高さと、関西圏に有名な山が少ないという事実と、無謀な行程で遭難する人を見ていると、一歩が踏み出せないんですね。でもいつかしてみたい。

海外旅行に関しては、まず私パスポートすら持っていないんですよね。でもさすがに生きている間に日本から一度も出ないというのは地球人としてどうかと思いますので、海外はそのうち行きます。英会話はからっきりもうダメダメなんですが、まあ何とかなるでしょ、たぶん。怖いのは治安だけです。大きなバックパックを背負ったいかにも旅行者という格好で夜にフラフラ出歩けるのは日本だけでしょう。


そんなこんなで、やりたいことは多いです。ブログのほうもあまり放置しすぎないように、のんびりと書いていければと思っています。よろしければ覗いて行ってくださいね。


関連記事

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる