FC2ブログ

JR和歌山線・JR関西本線・JR羽衣線・JR桜島線に乗車 関西乗り潰し2

2018.06.23 13:35|関西・北陸・中国
全旅行記のまとめはこちら

JR和歌山線・JR関西本線・JR羽衣線・JR桜島線に乗車 関西乗り潰し2
 奈良→王寺→高田→JR難波→鳳→東羽衣→西九条→桜島→京都











奈良→王寺→高田 (JR和歌山線)






2017年12月某日 14:00 JR奈良駅

さて今回の乗車記は奈良県、JR奈良駅から始まります。仕事の所用で奈良を訪れたついでに、関西の未乗車路線に乗っておこうという作戦。使用するきっぷは2017年冬の青春18きっぷ。



で、今回はどこの路線に乗るかなんですが、↑の画像が今回時点の関西の乗車記録です。
アーバンネットワーク周辺をよく見てもらうと、いくつかビミョ~に乗り残している区間があることに気が付きます。

例えば
・JR和歌山線 (王寺-高田)
・JR関西本線(今宮-JR難波)
・JR羽衣線 (鳳-東羽衣)
・JR桜島線 (西九条-桜島)


の4路線。どれも十数キロ、ひどい場合は1駅区間だけを乗り逃している格好。今回はこれら4つの路線を半日で全部乗ってしまおうというプランであります。

特に羽衣線なんかは、普通に阪和線に乗っているとまず一生乗ることはない路線だと思うので、乗り方の紹介などもしたいと思います。


では早速。まずはJR奈良駅からJR和歌山線に乗りに行きましょう。





JR奈良駅自体はこれまで何度も来たことがあります。
京都からも、奈良線を走るみやこ路快速が出ているなどアクセスは良好。学生時代は奈良観光などによく利用していました。
(所要時間は近鉄にぼろ負け?何のことやら)





14:02 奈良 発 JR関西本線 大和路快速(天王寺行き)

大和路線の主力はおなじみ221系。快速列車は大和路快速の愛称を付けられています。

この列車は実は加茂駅が発着駅です。これ意外と知られていませんが、木津~奈良間は路線上、関西線に所属しています。
つまりJR奈良線は奈良という名前ですが奈良駅に到達しておらず、実は全線が京都府内という隠れた事実も。JR木津線に改名したらどうですか。宇治線でもいいけど。



14:17 王寺 着

わずか15分で王寺駅に到着。天王寺だの法隆寺だの王寺だの久宝寺だの、大和路線には寺が多すぎです。





王寺駅と聞くとただの大都市近郊駅、なんの風情も旅情も無い駅だと思いがちですが、この2枚目の写真。なかなかどうしていい雰囲気だと思いませんか。
12月だというのに暖かい日差しが降り注いで、穏やかで静かな田舎の駅みたいな雰囲気が漂っているようにも見えてきます。なんとなく釧路駅に似てるかも。

それもそのはずJR王寺駅は、JR和歌山線の起点駅でもあります。王寺から奈良・和歌山のド田舎を走り和歌山へと至る和歌山線。
なるほどローカル線の発着駅ということで、王寺駅には旅情が漂っているわけですか。





14:40 王寺 発 JR和歌山線 快速(高田行き)

ということでここからは関西線から離れ、JR和歌山線に入っていきます。ここは未乗車路線。

列車はやはり221系。王寺から高田までは快速列車も走っていて、まだ近郊路線という雰囲気が漂っています。
高田から和歌山は間違いなくローカル線ですけどね。しかも間延びして長い。



さてこの辺で、私が和歌山線の王寺-高田を乗り逃していた理由を紹介しましょう。

まあ理由というほどでもないですが、私が和歌山線に乗車したのは関西の「大回り乗車」をしてみたが初めてです。
大回り乗車で草津線を経由、奈良から桜井線に入り、高田、そして和歌山へと至りました。私はこのとき「これでJR和歌山線は完乗!!」とか寝ぼけたことを言いましたが、どう見ても王寺から高田間を乗り逃していました本当にありがとうございました。



列車は志都美駅に到着。しずみと読みますが、何も考えずに読むとしみずと読んでしまいがちなので注意。

しかも実際、志都美は清水が転じたものらしいのです。じゃあ清水でいいじゃん……。



列車はJR五位堂駅に到着。駅名にJRが付く駅は意外と多く、JR難波・JR藤森・JR小倉とかもそのグループです。奈良線の駅が2つも入ってますね。





14:56 高田 着

あっという間に終着、高田駅に到着。王寺からはわずか16分でした。
これでめでたくJR和歌山線は完乗!!




高田→JR難波→鳳 (JR関西本線)






15:07 高田 発 JR和歌山線 普通(王寺行き)

高田駅は桜井線と和歌山線の乗り入れ駅なんですが、私は何の用事もありませんので、乗ってきた列車の折り返し運転で王寺まで戻ります。



15:24 王寺 着

さてこの先はJR難波に行こうと思っていたため15:32発の大和路快速に乗ろうと思っていたんですが、写真でも分かる通りなんとその1本前の快速列車に間に合いました。

乗り換え時間はわずか1分。対面乗り換えなので運よく乗ることが出来ましたが、乗り換え案内ではこの乗り換えをサポートしていません。まあ1分じゃあ仕方ないね。



15:25 王寺 発 JR関西本線 快速(JR難波行き)

快速列車なのにロングシートかよ!!!
まあ大和路線にも関わらず混雑がなく、がら空きだったので許します。この列車は王寺始発という中途半端な列車なので、乗る人が少ないことが原因。



15:53 JR難波 着

王寺からは30分ほどで終着、JR難波駅に到着。

途中天王寺から大阪環状線に入るんですが、JR難波に向かう時に環状線から離れて地下に潜っていく瞬間が意外と楽しかったです。一体どこに連れていかれてしまうんだろうという感じ。大きな路線から離れていく瞬間はやはり良い。

ということでこれでJR関西本線も完乗!!



15:57 JR難波 発 JR関西本線 快速(王寺行き)

やはりJR難波などに用事はありませんので、そのまま天王寺まで折り返します。
ところでJR難波で列車を乗り換える際に、ベトナム人っぽい観光客(?)に話しかけられました。私もこの辺の地理には詳しくないので「オウ…ワカラナイデス」と答えました。役に立たなくてすまぬ。



16:03 天王寺 着

天王寺といえば大阪南部の一大都市のイメージ。もうすぐ関空というイメージ。東京でいえば品川的な?でも案外下車したことはありません。



16:10 天王寺 発 JR阪和線 関空・紀州路快速(関西空港/和歌山行き)

小刻みに列車を乗り換えます。今度は阪和線に入る関空快速で鳳を目指します。
余談ですがこの16:10発の列車、実は15:31天王寺始発の列車です。ん?良く分からぬって?

15:31天王寺→15:52 大阪→16:10天王寺→17:00関空

こういう運用です。1つの列車が同じ駅で二度旅客扱いをするとか、もはや意味不明な運用。
まだ大阪環状線をぐるぐる回る列車なら理解できますが、挙句環状線から飛び出して阪和線に入るし。なんで大型ハドロン衝突型加速器みたいな動きしてるんですかね。



16:26 鳳 着

天王寺からは16分で鳳に到着。鳳で下車するのもこれが初めて。




鳳→東羽衣→鳳 (JR羽衣支線)






これまで鳳駅が何かの路線の起点駅なんて、知りもしませんでした。
しかしこうしてちゃんと、羽衣線という路線があります。どうやらJRより海に近い側を通っている南海電車への乗り換えのために作られた路線のようです。

ライバルである他社乗り換えのために新たに路線を作るとは、JRもなかなか余裕があるじゃないですか。





さて跨線橋を通り、羽衣線のホームへ移動しました。向こうにはお客を満載した阪和線の関空快速が停車しています。
普段は私もあっちに乗っているわけですが、ホームを一つ移動しただけでなんだか日常から離れて非日常の空間に来てしまったような雰囲気すらあります。



こちらが羽衣線の駅名標。
1つの駅名表に起点駅と終着駅の両方が乗っているという、どこかで見たことのある独創的な駅名標。



ああ、列車も和田岬線と同じじゃないですか。たった1駅なのに3両も繋いでいるのもおなじみ。



16:28 鳳 発 JR阪和線(羽衣線) 普通(東羽衣行き)

座席はロングシートですが、3分で降りるので何でもいいです。もう好きにしてください。



16:31 東羽衣 着

3分で終着、東羽衣に到着。なんというあっけなさ。全然乗った気がしないですが、ともかくこれでJR阪和線・JR羽衣線に完乗!!



16:35 東羽衣 発 JR阪和線(羽衣線) 普通(鳳行き)

やはり東羽衣にも南海にも用はないので、そのまま鳳まで戻ります。



16:38 鳳 着

写真を見てもらえば分かるように、東羽衣から鳳へは割と多くのお客さんが利用していました。
みんな南海乗り換えのために利用しているんでしょうか?なんだか意外でした。和田岬線は工場への通勤という理由なので分かるんですが…。



今更ですが、鳳という駅名は「おおとり」と読みます。
一文字といい鳳という字のカッコよさといい、かっこいい駅名ランキングにランクインすることも。




鳳→西九条→桜島→京都 (JR桜島線)






16:52 鳳 発 JR阪和線 快速(天王寺行き)

さてこれまで和歌山線・関西線・羽衣線と乗車。いよいよ残る路線は1つ。その路線に乗車するために西九条駅を目指します。





17:22 西九条 着

鳳から30分で西九条に到着。西九条駅で下車するのもやはりこれが初めて。

この駅はご存知の通り、ユニバーサルスタジオ・ジャパン、通称USJのアクセス駅として多くの人が利用しています。
私が最後にUSJに行ったのはまだ高校生くらいの頃でした。しかもJRは利用しなかったような気がします。



そしてJR桜島線は、USJへのアクセス路線として有名。列車にもちょっとしたラッピングが施されています。
今日は平日の夜なので混雑はそれほどでもないですが、休日のここは大変な雑踏と化すのでしょう。



しかし発車標を見るとなかなか楽しい。南の関空方面、東の奈良方面、西の桜島方面と大した交通の要所じゃないですか。
挙句、特急に乗って新宮まで行けるとは。これはすごい。



私の乗る列車がやってきました。全身オレンジで、特に語るべきことはありません。
もっとこう、クッキーモンスターとかミニオンズがラッピングしてある列車とかなら楽しんで乗れるかも知れませんが。運転手がクッキーモンスターの着ぐるみを着ているとかでもいいですよ。



17:27 西九条 発 JR桜島線(ゆめ咲線) 普通(桜島行き)

時間も時間、こんな時間からUSJに行く人もいないのか、列車は空席も出るほどの空き具合でした。このくらいの混雑ならロングシートでも全然OK。



列車はユニバーサルシティ駅に到着。JRの駅とは思えないほど自己主張が激しい駅名です。

ちなみに桜島線は、愛称ゆめ咲線とも呼ばれています。花咲線と間違いやすいので注意。あっちは北海道、釧路から根室へ至る日本最東端の路線です。



ちょっと気になったのでユニバーサルシティ駅の様子も撮影してみました。USJと直結しているのか、空港っぽい駅の作りになっていますね。雰囲気はある。



17:35 桜島 着

西九条から桜島はわずか8分の乗車でした。これでJR桜島線は完乗!!!



列車の向こう側に巨大な観覧車が見えました。たぶん対岸にある海遊館の近くの、天保山大観覧車でしょう。
乗ったことはないんですが日本でも有数の巨大さとかなんとか。



桜島到着後のホームの様子です。列車はかなり長いんですが、お客はちらほら、数名程度。
閑散とした雰囲気のホームに佇んでいると、ここが大都市大阪とは思えなくなってきます。



17:39 桜島 発 JR桜島線(ゆめ咲線) 普通(西九条行き)

桜島滞在はわずか4分。折り返し列車で西九条まで戻ります。
これで今回の旅は終了。あとは家に帰るだけです。列車が遅れませんように。



あれだけ閑散としていた桜島線ですが、ユニバーサルシティ駅から大量のお客が乗ってきました。まあ、どう考えてもUSJで1日遊びまくった人たちです。一気に大混雑になった車内。



あれから17:47西九条/17:48→17:54大阪着と移動して、無事に大阪まで来ました。
さああとは新快速で京都までひとっ跳びと油断していると、列車が急停止。



はい、列車遅延。理由は防護無線が発信されたため、とか。
しかもこの写真は遅延の初期に撮影したのでまだ15分遅れですが、実際は遅延が様々な路線に拡大、結局30分以上遅れました。どうしてこうなった……。



京都 着

満員電車に押しつぶされ、息も絶え絶えで京都に帰還。これで本旅行記は終了です。




ということで今回は関西の未乗車4路線に乗車。
1日で和歌山線・関西線・羽衣線・桜島線のすべてに乗車できたので、満足感はありました。

しかし冷静に考えると平日に何やってんだという気がしなくもない。
むなしい気もしますが、気にしては負けです。



今回の成果はこちら。アーバンネットワークに微妙に残っていた未乗車路線が一掃され、かなりきれいになりました。
あと残っているのは東海道新幹線(京都-新大阪)のみ。なんか噂によると、大回り乗車で新幹線に乗れるらしいので、よく調べてから乗ってこようかと思っています。


それでは今回はこれで終了。また次の旅行記で。


トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる