FC2ブログ

三井住友VISAデビュープラスカードが期限切れになったら更新でゴールドカードが送られてきたお話

0 Comments
ハル
全旅行記のまとめはこちら

無能な改悪ばかりを続けるWindows10にブチ切れる毎日ですが、こんにちは。今回は身近な体験談のお話です。


私事ですが、私は三井住友カードを持っています。カードの種類はデビュープラスカード。
このカードはまだ私が学生だった頃に気まぐれで作ったものです。ポイント還元率が悪いので大して利用していないのですが、それでもネットの通信費とスマホの料金の月々の支払いは、このカードで支払うように設定します。

でですね、問題はこの三井住友VISAデビュープラスカードが、今年の1月に有効期限が来る(来た)ということですよ。

ご存知の通りクレジットカードには有効期限が設定されており、その期限を過ぎるとクレカとして使用できなくなり、定規としてくらいにしか使えなくなります。
これの何が問題かというと、毎月カードで支払っている固定費の支払い方法を変更しなくてはならないということです。このまま期限が切れると、多分インターネットの会社から金を払えと半ギレの郵便が届くはず。これが面倒くさい。


しかしクレジットカードというものは期限が来るとハイさよならという訳ではなく、普通は自動的に更新されるものですよね。
まあクレヒスが酷かったりブラックだったりした場合は別ですが、更新の時に審査が行われて、特に問題なかった場合は新しいカードが付与されると。これを与信の見直しと言いますが、とにかく一度再審査が行われるようです。

ということで今回の私の体験談をもとに、クレジットカードの更新の実態についてご紹介したいと思います。










更新カードはいつ送られてくるのか




三井住友VISAカードの場合は更新カードが届かないのですが、いつ届きますか?を見てみたところ

「更新カードのお届け時期はカードの種類により異なり、有効期限月の上旬から下旬にかけてお届けいたしますとのことでした。
例えば私の場合2019年の1月が期限だから、1月の上旬にでも送ってくれるのかな?

よそのクレジットカード会社も調べてみましたが、大体更新月の前月~更新月というところが多いようです。

楽天カードの場合は有効期限満了月の前月下旬から満了月の初旬頃。
ワイジェイカード(Yahoo!カード)も有効期限満了月の前月下旬から、満了月の初旬頃。

ということは三井住友カードは少し遅め?




ゴールドカードが送られてきた




さてここからは私の体験談です。
もし新しいカードが送られて来るのが月の下旬になると、支払い先に支払い方法の変更を申し出るのが間に合わない可能性もあるぞ!とドキドキして過ごしていました。いやそもそも審査に落ちてカード自体が使用できなくなるかも!?とかドキドキハラハラです。

そんな矢先、三井住友カードから不審なメールが届きました。






インターネットサービス「Vpass」ご登録方法のご案内
この度は三井住友カードをお申込みいただきありがとうございました。




いや、申し込んでないんですけど!!


これはアレなんですよね。カードの更新は自動的に行われるんですが、その際は新規申し込みと同じような扱いになると。だから身に覚えのない案内が来るわけで、最初は不正利用かなんかかと思いましたよ。


しかもよく見るとカードの種類がVISAゴールドじゃないですか。


デビュープラスカードは20代限定のカードだから更新でどういう扱いになるのか、クラシックカードにでもなるのかな?とか思っていましたが、まさか勝手にゴールドカードにグレードアップされるとは思ってもみませんでした。

三井住友VISAのゴールドカードと言えば、やはり庶民には持てないステータス性がまず頭に思い浮かびます。
まあ今時クレジットカードにステータスも何も無いんですが、日本全国を飛び回る私にとって、ゴールドカードを持っていると嬉しい点が一つあります。


それは、空港のラウンジを無料で使えるという点。


全国の主要空港で空港ラウンジサービスを受けられるのは魅力的に感じます。なにしろ私、12月から5月まででなんと12回も飛行機に乗るんですよこれが。今この記事を書いている段階ですでに2回ほど関空のラウンジを利用してきたので、そのうち体験記を紹介したいと思います。

関空のカードメンバーラウンジ「比叡」利用体験記はこちら



他にも海外・国内旅行傷害保険(最高5,000万円)が適用されたり。まあ1枚くらいはちゃんとしたゴールドカードを持っていてもいいかな、という気にはさせられます。



しかしここで気になるのが年会費です。三井住友VISAゴールドカードを見てみたところ

三井住友VISAゴールドカードの年会費は税抜10,000円+税です。

高い。高いわ!

カードの年会費に1万円も払うとかアホのすることですが、色々抜け道もあります。まず特典として、初年度は年会費が無料になり、条件を満たせば翌年度以降も4,000円まで下げることは出来ます。まあ4,000円なら、という気にはなります。


あの、一応聞きますけれども、カードの更新で勝手にゴールドカードにランクアップされた場合、当然初年度の年会費は無料なんですよね?


これはまだ解決していない問題です。私の主観では「クレジットカードが頼んでもいないのに勝手にゴールドカードにされた」わけでして、決して私の意志で申し込んだ訳ではありません。

当然、初年の年会費は無料ですね?三井住友カードさん。これでもし年会費が引き落とされたらブチ切れて即解約しますよ。









年会費の問題は気になりますが、早速三井住友カードのインターネットサービス「Vpass」にログインしてみたところ、すでに画面上ではゴールドカードを所持していることになっていました。
ただし今使用しているデビュープラスカードもまだ使えるので、私は今三井住友カードを2つ持っていることになります。

上の画像の右上の項目で、操作するカードの種類を切り替える事ができます。私は面倒くさいので、デビュープラスカードをゴールドカードに統一することにしました。その操作も簡単にVpass上で簡単に行えます。








しばらくしてまた三井住友カードからメールが届きました。「更新カード発送のお知らせ」

ご利用いただいております三井住友VISAゴールドカード………?なにいってだこいつ


しかし…ほう!これは想像よりずっと早い。迅速な対応です。

時系列を日付でまとめると、最初の「カード申し込みありがとう」のメールが12月18日に届きました。で、上の「更新カード発送」メールが12月24日。

実際に新しいカードが手元に届いたのが2018年12月26日でした。この間わずか8日。


古いカードの有効期限は2019年の1月なので、期限が到来する更新月の前月の下旬に新しいカードが届いたことになります。これは当初の想定よりずっと早く、好感が持てます。



実際に届いたカードがこちら。

黒塗りばっかりでアレなんですが、カード自体は思ったより鮮やかで、眩いばかりに金色に輝くゴールドなカードでした。見た目は結構いいです。「おっ、この人ゴールドカード持ってるな」とか思われる……事はないでしょうが、まあ日常生活ではどこに出しても恥ずかしくはないです。

そもそも私は年収2000万のエリートでもなければ高級官僚でも世界中を飛び回り活躍する人間でもなく、その辺にどこにでもいるただの旅行好きなので、別にステータス性をアピールする必要もそんな場面も無いんですが。


ただね……一つだけ問題があるんです。




カードの更新で、クレジットカードの番号は変わる




クレジットカードのカード番号が変わっちまった!!!

はい。結局更新でカード番号は変わりました。よって結局、今カードで支払いをしている所には新しいカードの番号を登録する手間がかかりました。

最近は進んでいて、スマホの会社はネット経由でワンクリックで登録し直せたんですが、光インターネットの会社は遅れてましてね。わざわざ書面で書類を郵送する必要がありました。

カード番号が変わるというのは、まあ防犯やセキュリティの観点から新しいカード番号を付与するほうが安全なのは理解できますが、利用者にとっては面倒くさいですね。不正利用されるよりはマシというところですか。

皆さんもクレジットカードはそのうち更新が来て使えなくなるということを念頭に、安易にクレカ支払いを選ぶのではなく、銀行の口座引き落としとかにすることをお勧めします。


ということで今日のまとめとしては

・三井住友カードの場合、更新月の1か月前~当月中に新しいカードが送られてくる
・更新カードはランクアップされる場合もある(私はゴールドになりました)
・もちろん審査落ちでカードが使えなくなる可能性もある
・カード番号は変わる


です。





というわけで今回は三井住友カードのデビュープラスカードが期限切れになった時のお話をしました。デビュープラスカードは学生の身分でありながら三井住友カードを持てるため、結構申し込んだ人は多いでしょう。割と多い事例かと思います。
私の場合は勝手にゴールドカードが送り付けられるという結果になりました。


ゴールドカードですが、まあ必要か不必要かと言われれば確実に不必要だと思います。クレジットカードに求める主要な機能は支払いであり、その支払いはプラチナカードでもその辺の無料カードでも同じように出来るんですから。

ただまあ、1枚くらいは持っていてもいいかな、という気もします。今回は更新時の審査で「こいつ(私)にはゴールドカードを与えてもまあ大丈夫だろう」と三井住友カードさんが判断したわけで。

ネットで少し調べてみても「三井住友カードは銀行系カードであり、ゴールドカードの審査は厳しい」というような情報が出てきました。
今回ゴールドカードを貰えたことで、自分の成長が少し実感出来たし、社会的な信用が形になったような気がします。


ただし。初年度の年会費は道義的にも当然無料であるべきだと思うので、そこだけ気を付けておきたいと思います。
上でも言いましたがこのゴールドカードは私が頼み込んで貰ったわけではなく「頼んでもいないのに勝手にゴールドカードにされた」わけで。ここ大事。

あと2年目以降は4000円くらいなら払ってあげてもいいですが、それは三井住友カードさんの態度次第ですね。




最後に余談です。2年目以降の年会費を一番低い額にしたい場合、WEB明細書+マイ・ペイすリボコースにする必要があります。

WEB明細書は普通の場合すでに申し込んでいるはずですし私もデビュープラスカードの頃から申し込んでいるのでいいですが、問題はマイ・ペイすリボというもの。
名前から明らかなとおり、リボ払いです。リボ払いは悪徳商法であり、合法的な奴隷制度であり、絶対に申し込んではいけません。いけませんが、例外もあります。それは限度額を非常に大きくしておくことです。

私の場合、月額10万円コースにしておきました。つまり月額10万円までは一括で支払い、それを超えた場合はリボ払いで支払いをするということです。三井住友カードでは月1万円くらいしか支払いをしないので、これでリボ払いの特典を得ながら一括払いと変わらない状況を作り出せます。

関連記事
ハル
Posted byハル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply