FC2ブログ

LCCで関空から福岡へ+JR九州乗り潰し状況の確認 JR九州完乗の旅1日目前編

0 Comments
ハル
JR九州完乗の旅 まとめはこちら

JR九州完乗の旅1日目前編 LCCで関空から福岡へ+JR九州乗り潰し状況の確認
 京都→関西空港→福岡空港




©google maps

ではいよいよJR九州完乗を目指す壮大(?)な旅行記の始まりです。
まず1日目前編では京都から関空へ移動、そして飛行機で九州の地へ降り立ちます。








JR九州乗り潰し状況の確認



さて旅行記を書き始める前に、今回の旅行以前の、JR九州の乗り潰し状況を確認しておきたいと思います。



それが上の図です。赤が乗車済み、青が未乗車区間を示しています。全体でJR九州の71.425%の区間に乗車済みです。

全線の71%に乗ったと聞くと中々凄そうですが、これらは特急や新幹線の走る区間なので乗るのは簡単です。問題は残りの区間。
もう、絶望的なまでに九州全土に渡って未乗車区間が散らばっているのがよく分かって貰えると思います。
せめて特定のゾーンに集中していればまだ救いはありました。しかしなんですかこれは。北は小倉周辺、西は佐賀、南は鹿児島と九州全土に散っています。

九州って大きいんですよ。北端と南端では京都から東京くらいの距離があります。どうやって乗ればいいのこれ。



で未乗車路線に路線名を書き込んだのが上の図です。何が何やら、もうわけがわからないよ。

しかも盲腸線が大量に残っています。筑肥線、三角線、日南線など…。盲腸線に乗るためには同じ区間を往復する必要があり、時間のロスが大きくなりがちです。
そしてJR九州のダイヤ改正による大減便。主にローカル線で、列車の本数が大幅に減らされた大改悪のダイヤ改正があったのは記憶に新しいところです。

さらに悪いことに、JR九州では災害の影響で各所で列車の運行が断念されています。不通区間は代行バスでの運行。当然列車での移動よりも時間がかかります。


以上の事情から、今回の九州旅行では旅程作成に大変苦労しました。
まず、どこから九州にinしてどこからoutするかも問題。
そしてどういう順番で乗るのか、時計回りか反時計回りか、北上か南下か。もう大変頭を悩ませました。




旅程に関してのお断り



そんな苦労の末、ひねり出した旅程が

・飛行機で福岡空港in、宮崎空港out
福岡大回りで距離を稼ぐ
・福岡周辺を片付けた後南下


自分で言うのもなんですが会心の出来でした。美しい乗り継ぎでした。
特に関西大回りならぬ福岡大回りで篠栗線、筑豊本線、日田彦山線などを片付けるという発想は、我ながら冴え渡っていました。完璧なパーフェクトプランでした。



後は天気だけです。今回は代行バスに乗ったり車窓の綺麗な路線に乗たりするする関係で、ぜひとも晴れが欲しいところでした。幸い天気予報では晴れ予報になっています。

赤枠で囲った水曜日・木曜日に注目してください。信頼度はA評価です。これは「前日と同じくらいの信頼度」なわけであります。気象庁の言葉を借りると

確度が高い予報
•適中率が明日予報並みに高い
•降水の有無の予報が翌日に変わる可能性がほとんどない


です。自信満々です。それほど自信があるなら、信用してもいいでしょう。



で、旅行2日前に再度天気予報を確認した結果がこちら。

なにしれっと雨予報に変えてやがるんだあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!同じ信頼度Aでも、雨のAかよ!!!!!!!!!!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・怒。

天気予報が現在の人類の手に余る、難しいのは分かります。たまには予報を外すこともあるでしょう。そこに文句を言うつもりはありません。

ただね、「降水の有無の予報が翌日に変わる可能性がほとんどない」とか自信満々にドヤ顔しておいていつの間にか予報を変えるのは何なんでしょう?自信ないなら初めからそれなりの対応をしておけよと。
さらに言うと、実際に九州に足を踏み入れてからも予報が変わりました。天気予報嘘ばっかりやん・・・。


ということで、現地に入ってから旅程をすべて白紙にして、1から作り直す羽目になりました。

お陰様でもう旅程は滅茶苦茶です。朝から深夜まで列車に乗り続けるのはもちろん、同じところを何往復もしたり、1つの路線なのに違う日に3回に分けて乗ったり、そんなんばかりです。せっかくJRの旅客営業規則に目を通してまで準備した福岡大回りもキャンセルです。
なのであまり参考にならない旅程ですが、すべては気象庁が悪いということで、生暖かい目で見ていただければ嬉しいです。


では旅行記本編の始まりです。




京都→関西空港→福岡空港





2019年2月某日 5:30 JR京都駅

普段は大変な人込みで混雑するJR京都駅の西口改札前ですが、今日はガッラガラです。それもそのはず、まだ朝の5時半です。早すぎるわ。

今回の九州旅行では、往路復路ともに飛行機を利用することにしました。今回入手した航空券は関空→福岡で3,890円という格安なものでしたが、その代償として、早朝便でした。
まあ早朝便と言っても関空8:30出発なんですが、京都市在住の人間が7時半に関空に現れようと思うと、これが結構大変なのです。

具体的に言うと、普通列車では間に合いません。そこで今回は特急列車に乗ります。特急に乗ってようやく間に合うかギリギリ、というところ。列車が遅延したら飛行機に乗り遅れるハイリスクな賭けです。



05:45 京都 発 JR京都線 特急はるか1号(関西空港行き) 

ということで始発の特急はるかに乗って関空に出発です。
2018年~2019年の冬は怒涛の勢いで旅行に出かけた季節でした。東北、沖縄、北海道、そしてこの九州。8回飛行機に乗っています。

財政には余裕のある私とは言えこれだけ飛行機に乗るとお財布へのダメージが計り知れません。そこでせめてもの節約として普通列車で関空まで行くことが多かったんですが、何しろ今回は普通列車では間に合いません。
関空までは片道で2850円。お財布には非常に痛いですが、仕方ありません。



07:10 関西空港 着

はるかは通勤時間帯の京都線や貨物線をスイスイと通り過ぎ、関西空港に到着です。
今回の九州旅行の時点では、タンカーによって破壊された関空連絡橋は修復されていました。あれ賠償どうするんでしょうね。経済損失は500億~600億円と言われてますが。


そういえば話は脱線しますが、最近仕事でグランフロント大阪に行ったんですよ。グランフロント大阪からは梅田貨物線がよく見えましてね、快走する特急はるかも見えました。
梅田貨物線ってなんかいいですよね。大阪駅をスルーするという気概が好ましいです。東海道新幹線が名古屋駅をすっ飛ばす事に通じる心地よさです。



搭乗手続きを済ませ、オンタイムで飛行機への搭乗が始まりました。今回はキツキツのスケジュールです。ここで飛行機に2時間でも遅れられたら旅行中止に追い込まれかねないところだったので助かりました。

本当のことを言うとピーチを利用する際は遅延することを見込んでスケジュールを立てることをオススメしてるんですが、さすがに早朝は関空始発便なので、あまり遅れることはなさそうです。
ディレイが発生する大抵の理由って「機材繰り・使用機材の到着遅れ」ですからね。



そしてお客さんたちが乗り込み、タキシングを始めます。乗車率は中々のものでした。
ちょうど誘導路から滑走路に入る段階で飛行機が大回りしたので、いい感じの写真が撮れました。本来このアングルはコックピットの機長さんしか見えないので貴重です。



08:30 関西空港 発 ピーチ・アビエーションMM153便 (福岡空港行き)

心地よい加速と共に、いざ九州に向かって離陸です!申し遅れましたが航空会社は毎度おなじみPeach・Aviation。ピーチに乗るのもう何十回目だろう。

いつもは関空連絡橋の見える進行方向右側の席を取ることが多いんですが、今回は左側を取りました。



そのおかげで、離陸後左旋回する飛行機から、今我々が飛び立った関西空港島がよく見えました。
歩くととても島とは思えないほど巨大な関西空港島ですが、あっという間に米粒サイズまで小さくなります。さっきまであそこに居たんだなあ。これは楽しい。


さて関空を出発した我が機ですが、30分も飛べばもう降下に入ります。関空と福岡空港の飛行時間は1時間ちょっと。飛び立ったと思ったらもう着きます。



一瞬で九州に上陸です。眼下に見えている半島は海の中道と呼ばれる巨大な砂州で、天橋立の友達です。左側は玄界灘で、海岸には砂浜が広がっています。

しかし本当にあっという間に九州に着いてしまいました。ちょっと比較してみましょうか。

◆新幹線
運賃:16,060円
時間:2時間43分


◆飛行機
運賃:3,890円(セールでは2,000円です)
時間:1時間20分


う~ん、もはや勝負になってないですね。新幹線は思い立った日に飛び乗れるというメリットはありますけど。



飛行機は北側から福岡空港にアプローチします。見えている湖っぽいのは博多湾。

しかしですね、冷静になると福岡空港って物凄い場所にあって驚かされます。都市のど真ん中じゃないですか。
伊丹空港ですらちょっと怖いと思うのに、福岡空港は住宅スレスレを飛びます。これよく建設許可が下りましたね?



ザ!団地!と言いたくなる団地が見えました。海の中道にある奈多団地です。シムシティをやってるような気分になってきました。

そういえば2日目に私が乗車するJR香椎線はこの海ノ中道を通ってるんですよね。車窓から海や飛行機が見えたりするのかなあ。



09:50 福岡空港 着

関空からは1時間20分の飛行時間でした。上昇するだけ燃料の無駄では無いかと思うほどの短時間の飛行でした。



意外だったのは、福岡空港でも滑走路に軍用の航空機が見えたことです。那覇空港でF-15Jを目撃したのはつい一か月前のこと。



航空自衛隊春日基地所属のT-4練習機です。丸みのあるフォルムから愛称はドルフィン。確かに可愛らしい見た目をしています。
正面から撮影するとよく分かるんですが、主翼がかなり下向きに取り付けられています。飛行機でこのタイプの主翼はかなり珍しいんじゃないかなあ。



福岡空港→博多





福岡空港に降り立った感想ですが、かなりゴージャスでよく整備された空港だな!と思いました。
ボーディングブリッジで降機することはもちろん、よく空港で見かける歩く歩道も!床なんて高級そうな絨毯ですよ。

雨だろうが風だろうが歩いて飛行機に乗らされたりプレハブ倉庫のようなターミナルを延々歩かされるLCC利用者からすると恐れ多い気持ちになります。こんな贅沢をしていいのかな。私4000円しか払ってないけど…。



さて到着ロビーを抜けたお客さんはみんな右に向かうので、私も付いていきます。

福岡空港は都市のど真ん中にあるため、博多駅へのアクセスが大変よろしい空港です。なんと地下鉄で6分。羽田でさえ30分かかるんですよ。関空から京都なんて2時間ですよ。6分て。控えめに言って神です。

福岡空港の利用者の99%は地下鉄を利用すると思いますが、その場合は到着して右へ向かってください。徒歩5分程度で地下鉄の福岡空港駅にたどり着けます。



福岡空港駅は何の変哲もない地下鉄駅です。余談ですが、この地下鉄は日本で唯一、空港まで直接乗り入れている地下鉄です。便利な世の中だ。


さてここからが本題なのですが、このあと私は博多駅に行く必要があります。というのも、今回の旅行で使用するきっぷ「旅名人の九州満喫きっぷ」を買う必要があるからです。
けしからんことに、旅名人の九州満喫きっぷは福岡空港駅では売っていないのです。だから一度博多駅へ出る必要があります。



10:22 福岡空港 発 福岡地下鉄空港線・JR筑肥線直通 普通(姪浜行き)

実は福岡地下鉄空港線は面白い運用をしているんですよ。なんとJRと相互直通運転をしているんです。
空港を出た列車は博多を経由して、JR筑肥線に入ります。これは面白い。独創的です。私が乗った列車は姪浜行きですが、凄いのになると西唐津まで直通します。



実際問題、当初私は空港線から直通列車に乗って西唐津まで向かうというプランを立てていました。その後伊万里に寄ってから佐賀まで下れば、1日目にして乗りにくいJR筑肥線とJR唐津線に乗ることが出来て最高じゃん、と。
しかし気象庁のせいでこの案は廃案になりました。そうでなくとも、九州満喫きっぷを買うために一度博多駅で下車する必要があるのです。

空港から西唐津まで直通する旅客・・・・・はまぁ滅多に居ないでしょうが、私が福岡空港で九州満喫きっぷを売ってほしいと思ったのはこれが理由です。利用者の動線や利便性を考えると、福岡空港で販売して欲しいところ。



10:28 博多 着

空港から博多までは6分でした。6分で260円です。う~ん、ボッタクリだけどアクセス抜群だから許しちゃう。
でもう~ん、これから乗り放題きっぷを買うのに、福岡空港から博多までの地味に高い運賃を自腹で払うのもなんか釈然としません。


ちなみにですが、地下鉄の博多駅からJRの博多駅までは、結構距離があります。私は入念な予習の上、競歩をしましたが、5分はかかりました。
スムーズな乗り換えのコツを教えてあげます。福岡空港駅で地下鉄に乗る時、一番前の車両に乗ることです。そうすると博多駅で階段の前に出れます。

なお福岡空港で列車は折り返し運転をするので注意。つまり到着時で言うお尻側に乗ればよいということです。



旅名人の九州満喫きっぷは自動券売機で購入することができます。いつもなら窓口に並ぶんですが、今回は後ろのスケジュールが押しているので機械で手早く購入です。そのせいでクレジットカードの暗証番号を3年ぶりくらいに入力する羽目になり、何度か失敗したのは内緒です。普段は(暗証番号を忘れているから)サインで済ましています。



こちらが今回の旅行で使用した旅名人の九州満喫きっぷです。
効力としては簡単。九州にあるすべての鉄道に乗れるきっぷ、です。(※普通列車限定)

JRはもちろん地下鉄も私鉄も第三セクターも路面電車もモノレールも、全部これ一枚で乗れます。すごく便利でしょ。

今回は青春18きっぷが使えない期間の旅行である事と、3日目に第三セクター鉄道の肥薩おれんじ鉄道に乗車することから、この九州満喫きっぷを購入するに至りました。
3日分使えて10,800円。1日ぶんは3,600円です。青春18きっぷよりは1.5倍ほどお高めですが通年発売&有効期限が長いことが特徴です。



お目当ての切符も購入できたので、改札を抜けプラットホームに上がります。
早速JR九州885系電車かもめちゃんがお出迎えしてくれてホッコリ。相変わらずかもめはかわいい。まあこれホントは白いソニックなんだけど、細かいことはいいんです。




それでは博多駅に到着したところで、1日目前編はここまでとします。

今回は京都から博多まで飛行機で移動、博多駅に到着しました。中編からはいよいよJR九州完乗を目指すためにJR九州の鉄道に乗りまくります。


トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事
ハル
Posted byハル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply