FC2ブログ

虹ノ松原を望むJR筑肥線とJR唐津線に乗車 JR九州完乗の旅2日目 前編

0 Comments
ハル
JR九州完乗の旅 まとめはこちら

JR九州完乗の旅2日目 前編 虹ノ松原を望むJR筑肥線とJR唐津線に乗車
 佐賀→山本→伊万里→唐津→西唐津→博多




©google maps

1日目後編ではJR日田彦山線の代行バスに乗って夜明駅を散策。その後日田彦山線を完乗したのち、フラフラになりながら佐賀駅まで到達したところでした。

2日目前編では佐賀に残された未乗車路線であるJR唐津線とJR筑肥線に乗車していきます!








佐賀→山本→伊万里 (JR唐津線・JR筑肥線)





おはようございます。JR九州完乗の旅、2日目の朝です。いや、まだ夜です。
現在時刻は05:30。場所は佐賀駅のプラットホームです。今日は始発列車に乗る必要があるため、このような時間に駅に現れています。

昨日、旅行1日目は4時起床で16時間ほど乗り物に揺られ、宿泊地である佐賀に到着したのが21時半でした。チェックインをして夕食(ミスド)を食べお風呂に入り就寝したのが23時半。そしてアラームにたたき起こされたのが4時半。正直キツいです。



05:46 佐賀 発 JR長崎本線・唐津線直通 普通(西唐津行き)

本日最初の列車は5時台発の始発列車です。この列車に乗りたいがために、昨日無理して佐賀までやってきた訳です。
というのもJR筑肥線の列車のダイヤが酷い有様なのです。伊万里発の列車なんですが、朝7時40分の次は11時過ぎ。その次は13時半。まともに乗車するには通学時間帯を狙うしか無かったのです。学生様様です。



さて列車は真っ暗の筑紫平野を走り、久保田駅に到着。佐賀から久保田までは長崎本線を走るので、ここまでは特急みどりや特急かもめちゃんに乗って走ったことのある区間です。
この辺りはちょうど鉄道上の分岐点にあたり、肥前山口から西へ向かう佐世保線南へ向かう長崎本線などに分岐しています。

そして手前の久保田駅から、北に向かうJR唐津線が分岐します。なのでここから未乗車区間に入ります。



06:47 山本 着

佐賀から列車に揺られること1時間、最初の乗換駅である山本駅に到着です。山本駅から筑肥線の列車に乗り換えます。



山間にポツンと建てられた山本駅ですが、駅構内はなかなかどうして立派なつくりになっています。
単式ホームと島式ホームで合計2面3線ですが昔は3面5線という規模を誇っており、実際に鉄道路線の分岐点として栄えておりました。唐津線と筑肥線の分岐駅なわけですな。

奥に見えるのが私が乗ってきた列車で、単式ホームです。
今私がいるのが島式ホームのほうで、両者は少しズレています。これは所謂千鳥式ホームというやつでしょうか。昔はタブレット交換でもやってたのかな。



06:51 山本 発 JR筑肥線 普通(伊万里行き)

そしてわずか4分で次の列車に乗り換えます。ここからJR筑肥線が始まります。
ちなみに列車には一緒に4・5人の学生諸君が乗り込みました。彼ら彼女らがいるから、この時間に伊万里に向かう列車が運行されているわけです。ありがてえありがてえ。



山本駅を出た列車は先ほど私が通ってきた唐津線を逆走します。正確には違う線路を通っているので逆走ではないですが、しばらく佐賀方面に走った後、おもむろに西に向きを変えて伊万里方面へと向かいます。

佐賀から伊万里への直通列車がないのはこの線形が原因でしょうね。完全に逆走、しかも長距離を逆走する異様な形になっていて、スイッチバックさせるにしても無駄の多い格好です。なんで山本駅を筑肥線の起点にしたのかな。



ようやく夜が明けてきました。この辺で筑肥線の紹介をしておこうかと思います。

JR筑肥線はその名前の通り、前(たぶん)と前(たぶん)、すなわち福岡と佐賀を結ぶ路線です。え?でも山本から伊万里って、どこにも福岡が関係してないよ?と。

実は筑肥線は、姪浜~唐津山本~伊万里の2つの路線に分断されています。途中唐津から山本を結ぶのはJR唐津線の役目です
1つの路線が完全に分裂してしまっているのは、かなり珍しいパターンかと思います。鹿児島本線は新幹線が出来た関係で分断されていますが…近畿圏では思い当たらないなあ。



途中、大川野駅で列車の交換を行います。
後ろに見えているY-DC125というのはキハ125形気動車です。いかにも年季の入ってそうなダサいデザインのディーゼルですが実は1993年製造開始なのでかなり新しめです。
しかしDCはDIESEL CARとしても、Yはなんの略なのか。まさかYELLOWなのか。なぜそこまでイエローを主張するのか……解せぬ。



07:33 伊万里 着

山本から40分程度、終着伊万里駅に到着です。伊万里(いまり)という独特の地名を聞くと、九州も西のほうに来たなあという気分になってきます。
伊万里からは国鉄の松浦線が経営分離された松浦鉄道が出ています。松浦鉄道というともちろん沖縄以外で最西端の駅となるたびら平戸口駅があります。

せっかく松浦鉄道にも乗れる旅名人の九州満喫きっぷを持っているので乗りたかったんですが、スケジュールの都合で乗れず。このままおとなしく折り返します。



一応、現在の唐津線は伊万里が終着駅なので、ちゃんと頭端式ホームになっています。
これでJR唐津線の山本~伊万里間は完乗!



ちょっとだけ駅の外に出てみましたが、ロシア正教会っぽい建物が見えました。クレムリンとかあんな感じじゃないの?若干イスラム臭もするような…。






伊万里→唐津→西唐津 (JR唐津線)





07:40 伊万里 発 JR筑肥線・唐津線直通 普通(唐津行き)

折り返しの列車に乗って伊万里からはさよならです。滞在時間は7分。うーん仕方ないとはいえちょっと心残りがあるなあ。松浦鉄道には乗ってみたかった・・・。



ちなみに行きには気づかなかったのですが、私は山本から乗ってきた列車にも先ほどのイエロー・キハ125形気動車が連結されていました。
せっかくなのでと足を踏み入れてみましたが、キハ47の硬い座席とは比べ物にならないフカフカの座席でした。さすが平成生まれです。帰りはキハ125形に乗って帰ることにしましょう。



桃川駅に到着。小人が入った桃でも流れてきそうな名前です。
駅の所在地は佐賀県伊万里市松浦町。松浦って響きがなんかイイネ。



往路は学生が結構乗っていて賑やかだった車内も、復路は3・4人が乗るだけです。
そういえば往路は山本~伊万里間を走るだけでしたが、今乗っている復路の列車は唐津行きなんですよね。筑肥線と唐津線を直通してくれる有能な列車なのにお客さんが少ないのはもったいないなあ。



どうせガラガラなので前面展望でも見ることにしましょう。写真は肥前長野駅ですが、もちろん列車交換など出来るはずもない単式ホームのみです。駅舎もありません。



ああ、でも景色は結構いいなあ。基本的にこういう遠くを見通せる車窓って好きです。
一面畑が広がるだけのザ・田舎という景色だけど、こういうのを見るために列車に乗っているとも言えます。明け方の空も透き通っていてイイネ。



08:33 唐津 着

伊万里から50分、終着唐津駅に到着です。

しかしJR唐津線の終点駅は唐津ではなく、ちょっとだけ先に伸びている西唐津駅です。この微妙な出っ張りは乗り逃しやすい要注意区間なので、今回忘れずに乗っておくことにします。
確か我々の大先輩である宮脇俊三氏も、この唐津~西唐津を乗り逃したせいで遠路はるばる佐賀にやってきたはず。



唐津駅?どこの田舎だよと侮るなかれ。このように自動改札機を有する一大拠点です。もちろん有人駅。舐めてもらっちゃ困ります。
普通に県庁所在地の駅並みに栄えていました。これは予想外。



そんな唐津駅の都会さにビックリしながら振り返ると、居ました。モンスターです。

松ぼっくりで作られたゴジラ(?)な訳ですが、私には全身を松ぼっくりに覆われ、思考も松ぼっくりに奪われて、自然を破壊する人間に復讐するために改札前で待ち構えているように思えてなりません。ヒィィィ見逃してくれェェッェ。



09:00 唐津 発 JR唐津線 普通(西唐津行き)

殺人マシーンと化したゴジラ(?)から息も絶え絶えになりつつ逃走することに成功したので、次の列車に乗ります。引き続き路線は唐津線です。



西唐津はちょっとだけはみ出た盲腸線なので、裏路地のようなところを通るのかと思いきや全線で高架を通ります。
車窓からは唐津市内がよく見えますが、本当に大都会じゃないですか。佐賀県の片田舎にこんな都会があるとは思いもよりませんでした。田舎扱いしてゴメン。



09:03 西唐津 着

唐津からはたったの3分で、終着、西唐津駅に到着です。これでJR唐津線は全線完乗!





西唐津→博多 (JR筑肥線)





09:08 西唐津 発  JR筑肥線 普通(筑前前原行き)

さて私が乗ってきた列車はそのまま折り返し、筑前前原行きの筑肥線の列車に化けます。これに乗って博多まで向かうことにしましょう。



ちなみに有名な日本三大松原の一つ、虹の松原はここ佐賀県唐津市にあります。何が虹なのかは分かりませんが、確かに車窓からは広がる砂浜と見事な松原を堪能できます。





筑肥線では虹ノ松原だけではなく、玄界灘のすぐ近くを通るので海も良く見えます。
そういえば玄界灘の玄界とは黒いという意味らしいですね。確かに海の色は暗い色調です。

なに、限界灘だと思っていた?あるあ・・・あるあるある。



10:36 博多 着

途中、筑前前原でJR筑肥線・地下鉄空港線直通の列車に乗り換えて博多に到着です。1日目に博多に降り立って以降、佐賀をぐるっと回って博多に戻ってきた格好です。

なお途中姪浜から、地下鉄空港線に入っています。よってJR筑肥線はこれで全線完乗!!!




ということで2日目前編はここまでとします。今回は早起きしてJR唐津線とJR筑肥線に乗車しました。
特に筑肥線は列車の本数が少ないうえに途中で分断されているので乗りにくい路線でしたが、1日目に佐賀に宿泊したおかげでスムーズに乗ることができました。

中編では博多南線と原田線に乗車します!

トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事
ハル
Posted byハル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply