FC2ブログ

おすすめ志賀高原全スキー場 感想&レビュー

0 Comments
ハル
志賀高原スキー旅行まとめはこちら

おすすめ志賀高原全スキー場 感想&レビュー



さて無事に志賀高原スキー旅行記も完成しました。私のブログは鉄道旅行記ばっかりなので、スキー旅行記は新鮮で書いてて楽しかったです。

最後はコラムです。今回のスキー旅行で、志賀高原スキー場を構成する18のスキー場のうち、14のスキー場を滑ることができました。
今回はその私の体験から、各スキー場の感想とレビューを垂れ流していきます!
なに、"全"スキー場は滑っていないだと?残ってるのは弱小スキー場だけですこまけえことはいいんだよ!!

※なお一応お断りですが、私はスキー初心者です。その初心者が偉そうにコースを講評したりしますが、独断と偏見です。
どうか生暖かい目で見てもらえれば幸いです。

なお★から★★★★★の5段階で評価します。評価項目と内容は以下の通り。

コースの易しさ:★←難しい 初心者でもOK→★★★★★
アクセスの良さ:★←遠い アクセス簡単→★★★★★
混雑     :★←大混雑 ガラガラ→★★★★★ 
雪質     :★←アイスバーン パウダースノー→★★★★★ 
楽しさ    :★←あんまり 最高→★★★★★









① 横手山スキー場





コースの易しさ:★★☆☆☆ 
アクセスの良さ:★★☆☆☆
混雑     :★★★★☆ 
雪質     :★★★★☆
楽しさ    :★★★☆☆ 
総合評価   :★★★★☆ 


横手山スキー場は一度は訪れておくべきスキー場です。というのも、標高2,307mという日本で一番標高の高い場所にあるスキー場なのです。リフトを乗り継いで山頂まで行けるんですが、その山頂展望台からの絶景は遠く北アルプスまでを一望できて見事の一言。ゲレンデからの眺めもかなり良好で、眺めが綺麗なスキー場と言えます。

一方で横手山スキー場にアクセスするにはシャトルバスに乗って移動しなくてはなりません。蓮池エリアから25分、一ノ瀬エリアからは45分ほどかかるのでアクセスは低評価です。
コースは、頂上から降りてくるコースはウネウネと狭いコースのつづら折りで滑走の爽快感はありません。すぐ傍が崖なので初心者はヒヤヒヤしながら降りてくることになります。

総評としては、アクセスは不便ですがぜひ一度は訪れておくべきスキー場でしょう。何といっても横手山スキー場からの眺めは最高です。ちょっとした雪山登山の雰囲気すら味わえるでしょう。




② 渋峠スキー場





コースの易しさ:★★★★☆ 
アクセスの良さ:☆☆☆☆☆  
混雑     :★★★★★   
雪質     :★★★★★ 
楽しさ    :★★★★★ 
総合評価   :★★★★★ 


渋峠スキー場は志賀高原の中で最も奥に存在するスキー場です。グンマー山奥の辺境の地にあるのでアクセスは劣悪。バスではアクセス出来ません。
渋峠スキー場に至るにはまずシャトルバスに乗って横手山スキー場まで行き、スカイリフトを3つ乗り継いで横手山山頂に行き、さらに長い距離を徒歩で雪中行軍してようやくたどり付けます。

苦労してたどり着いただけあって、最高の雪質をガラガラのスキー場で楽しむことができます。
志賀は基本的に雪質が良いのですがその中でも頭一つ抜きんでています。スキーが上手くなったと錯覚するほど!

渋峠スキー場だけを目的に訪問するのはちょっと骨が折れるので、スキー旅行のうち1日を費やして横手山・渋峠・熊の湯エリアを滑る日を作って欲しいです。丸一日フルに楽しめます。





③ 熊の湯スキー場





コースの易しさ:★★☆☆☆ 
アクセスの良さ:★★☆☆☆ 
混雑     :★★★★☆   
雪質     :★★★☆☆  
楽しさ    :★★★☆☆ 
総合評価   :★★★☆☆ 


熊の湯スキー場も横手山エリアにあるスキー場なのでアクセスは不便です。
しかし逆に言うとアクセスが悪いということは混雑も少ないということでして、静かなスキー場を思う存分滑ることができます。
また熊の湯という名前の通り周囲には温泉宿が多く点在しています。昼はスキー、夜は天然温泉と洒落こむといった優雅な時間を過ごせるでしょう。

しかし熊の湯スキー場は、スキー初心者である私にはちょっと難易度が高いかなと思うコース編成でした。5つあるゲレンデのうち4つは中・上級者向けのコースで、一部は最大斜度32°というなかなかのコースです。
こじんまりとしていて雰囲気は良いので、スキー中級者・上級者の皆様なら楽しめると思います!





④ 寺子屋スキー場





コースの易しさ:★★★☆☆  
アクセスの良さ:★★☆☆☆ 
混雑     :★★★★☆   
雪質     :★★★★★  
楽しさ    :★★★★☆ 
総合評価   :★★★★☆


寺子屋スキー場は一ノ瀬や東館山ゴンドラからアクセスできるスキー場です。一ノ瀬のさらに上部にあたるので少し遠いですが、その分雪質は中央エリア随一。奥志賀や渋峠は遠いけどパウダースノーで滑りたいという人に人気です。

一方で雪質はサラサラですが、サラサラ故に地面に定着せず強風で巻き上げられてしまいがち。コースに十分な積雪量がなくて地面が見えていることもあるでご注意ください。
コースの難易度は私が普通に滑れる程度なので初心者でも大丈夫です。難しそうと思わず初心者でもチャレンジしてもらいたいスキー場です。標高が高いので眺めもいいです。





⑤ 東館山スキー場





コースの易しさ:★★★★☆   
アクセスの良さ:★★★☆☆ 
混雑     :★★★☆☆   
雪質     :★★★★☆  
楽しさ    :★★★★☆ 
総合評価   :★★★★☆


東館山スキー場といえば思いつくのは、やはり林間コース。大自然そのままといった雰囲気抜群の林間コースはビギナーから上級者まで楽しめるコースです。



さらに旅行記でも取り上げましたが、本当に自然の森の中を突っ切るため、野生の動物に会えます。私は野生のサルの群れに遭遇しました。親子が遊んでいたりまだほんのチビっ子のおサルさんがご飯を探してうろうろしていたり。動物園よりもずっと素の姿を目前で見ることができます。

また林間コースから発哺ブナ平へと滑れば最大6 kmの超ロングコースを楽しむこともできます。普通のゲレンデだと数百メートルというのが当たり前の世界で6キロはすごいの一言。非常にオススメできるスキー場の一つです。






⑥ 西館山スキー場





コースの易しさ:★★★☆☆   
アクセスの良さ:★★★☆☆ 
混雑     :★★★☆☆   
雪質     :★★☆☆☆  
楽しさ    :★★★☆☆ 
総合評価   :★★★☆☆


西館山スキー場は私にとって思い出のスキー場です。というのも、中学の修学旅行ではこの西館山スキー場をメインに滑っていたからです。
修学旅行に使えるだけあって難易度は低く、初心者でも安心してスキーを楽しめます。一方で混雑することも事実。

また西館山は標高が低いため、3月も中旬になると雪質がかなり怪しくなります。以前、3月下旬に訪問した時はガリガリのアイスバーンになっていて大変苦労した思い出があります。
ハイシーズンならほかのスキー場と同じく素晴らしい雪質を楽しめます。






⑦ 発哺ブナ平スキー場





コースの易しさ:★★★★☆   
アクセスの良さ:★★★☆☆ 
混雑     :★★★★☆   
雪質     :★★★☆☆  
楽しさ    :★★★★☆ 
総合評価   :★★★★☆


ほっぽちゃん、違う、発哺ブナ平スキー場はジャイアントや西館山と隣接しているスキー場。東館山から通して滑ってくることも可能です。
最大の特徴はその巨大な一枚ゲレンデ。多分志賀の中で最も横の幅が広いスキー場かと思います。そのおかげで大きなゲレンデを悠々とパラレルで楽しむことができます。開放感があって滑っていて楽しいスキー場。

またお手ごろな価格の飲食店も複数あり、私も昼食は発哺で取ることが定番となっています。
やさしい難易度なので上級者には物足りないかもしれませんが初級・中級者にはお世話になることの多いスキー場でしょう。






⑧ 高天ヶ原マンモススキー場





コースの易しさ:★★★☆☆   
アクセスの良さ:★★★★★ 
混雑     :★★☆☆☆   
雪質     :★★★☆☆  
楽しさ    :★★★☆☆ 
総合評価   :★★★☆☆


高天ヶ原マンモスも発哺と同じく、一枚の大きなゲレンデが特徴。コースの途中にちょっとした林があるのでアクセントになっています。
また一ノ瀬などと同じく中央エリアに立地しており、バス停から徒歩0分というアクセスの良さも大きな利点です。周辺にはホテルも多いのでこの辺りを拠点にするのも良いでしょう。

一方で難易度は、上部コースはかなり歯ごたえのある難易度になっています。一部は傾斜が30°ほどあるので、初心者は上部に上がらないほうが吉。下部コースは易しい難易度なのでそちらを滑りましょう。






⑨ 一ノ瀬ファミリースキー場





コースの易しさ:★★★★☆   
アクセスの良さ:★★★★★ 
混雑     :★☆☆☆☆   
雪質     :★★★☆☆  
楽しさ    :★★★★☆ 
総合評価   :★★★★☆


一ノ瀬ファミリースキー場はファミリーという名前が付くだけあって、家族連れなどに人気のあるスキー場です。
アクセスは抜群、周辺には数多くのホテルがあります。また、修学旅行生が非常に多いのも特徴。おかげさまでいつ行っても大抵混雑しています。

ファミリー向けですがコースはなかなか楽しい。中央の一枚ゲレンデで練習をした後はリフトに乗って上部まで行き、迂回コースを通って頂上から降りてくることが出来ます。これは初心者でも十分滑ることのできるコースな割に変化に富んでいて楽しい。王道のスキー場といった印象。
私もたいがい最初は一ノ瀬ファミリーで練習をしてから、ほかのスキー場に向かうことも多いです。他のスキー場へのアクセスも良好という優れたスキー場です。






⑩ タンネの森オコジョスキー場





コースの易しさ:★★★★☆   
アクセスの良さ:★★★★☆ 
混雑     :★★★☆☆   
雪質     :★★★☆☆  
楽しさ    :★★★★★ 
総合評価   :★★★★☆


タンネの森オコジョスキー場は一ノ瀬ファミリーと高天原に挟まれた立地条件で、どちらのスキー場からも滑り込むことが出来ます。
最大の特徴はコースの全面が針葉樹林に覆われていること!これが楽しい。林の中を縫うようにして滑走するのは得も言われぬ感触があります。これは志賀の18のスキー場でもオンリーワンです。
ただしスピードに乗りすぎて木に激突、なんてことが無いように気を付けてください。

また自然そのままの環境が保持されているので、オコジョなどの珍しい動物に会えることもあるとか。タンネの森を訪れたときは動物の姿にも注目してみてください。






⑪ 一ノ瀬ダイヤモンドスキー場





コースの易しさ:★★★☆☆   
アクセスの良さ:★★★★★ 
混雑     :★★☆☆☆   
雪質     :★★★☆☆  
楽しさ    :★★★☆☆ 
総合評価   :★★★☆☆


一ノ瀬ダイヤモンドスキー場は一ノ瀬ファミリースキー場の向かい側にあるスキー場で、どちらもバス停を降りて徒歩0分のスキー場です。両者は陸橋を通って相互アクセス可能です。
一ノ瀬ダイヤモンドはシンプルなコース編成とお手ごろな難易度が特徴。私も以前、ダイヤモンドにこもってひたすらパラレルの練習をしていた思い出があります。

また焼額方面へアクセスする際に多くの人が経由するスキー場にもなります。





⑫ 一ノ瀬山の神スキー場





コースの易しさ:★★★☆☆   
アクセスの良さ:★★★☆☆ 
混雑     :★★★★☆   
雪質     :★★★☆☆  
楽しさ    :★★★☆☆ 
総合評価   :★★★☆☆


一ノ瀬山の神スキー場はダイヤモンドの横にあるごく小さなスキー場。
特筆するべきことも無さそうですが、実は一ノ瀬方面から焼額方面へスキーで滑って移動できる地理的に重要なスキー場です。多くの人は知らずのうちに滑っていることでしょう。

コースも1つしかないので地味ですが、リフトの真下を通ったりと滑っていてなかなか楽しいコース。焼額に行くときに素通りせずに、たまに山の神スキー場のことも思い出してあげてください。





⑬ 焼額山スキー場





コースの易しさ:★★☆☆☆   
アクセスの良さ:★★★☆☆ 
混雑     :★★★☆☆   
雪質     :★★★★☆  
楽しさ    :★★★★★ 
総合評価   :★★★★☆


焼額山スキー場は志賀高原で最大の規模を誇る巨大スキー場です。なんと1つのスキー場でゴンドラを2基も有しており、関西のスキー場よりよほど大きい。焼額だけで半日は滑り倒すことが可能です。
志賀の端にあるのでアクセスはちょっと遠いですが、前述したように一ノ瀬方面から滑ってアクセスできるのが嬉しい。午前に一ノ瀬周辺を滑って、午後から焼額を堪能というプランが定番かと思います。

また標高が高いため展望も良いのが特徴。高校の卒業旅行でも焼額からの眺めには感動した覚えがあります。

一方でコース難易度はなかなかのものです。特に山頂から左に降りていくコースは初心者には厳しく、中級者以上が望ましい。そういう意味では腕に覚えのある中・上級者が楽しんで滑ることの出来るスキー場かと思います。







⑭ 奥志賀高原スキー場





コースの易しさ:★★★☆☆   
アクセスの良さ:★★☆☆☆ 
混雑     :★★★★☆   
雪質     :★★★★★  
楽しさ    :★★★★★ 
総合評価   :★★★★★


奥志賀高原は志賀の一番奥に存在するスキー場。スキーで滑っているするには焼額を経由するのでちょっと大変ですが、バスだと奥志賀まで一気にアクセス出来るので実は簡単。

さて奥志賀の魅力はやっぱりその雪質。私が今回のスキー旅行で最も雪質が良いなと思ったのが、渋峠と奥志賀です。基本、志賀はどこでも雪質がいいんですが、渋峠と奥志賀はその中でもさらに一段階雪が良い。
スキー板が雪を踏みしめる音がなんともたまらんのです。

また奥志賀はゴンドラを1基有しており、地味に規模も大きい。特にフリーラインパークなどのアトラクション要素もあったりして滑っていて楽しいスキー場です。
静かで落ち着いた雰囲気があるので一人旅やオトナにもおススメ。






⑮ ジャイアントスキー場





コースの易しさ:☆☆☆☆☆   
アクセスの良さ:★★★☆☆ 
混雑     :★★☆☆☆   
雪質     :★★★☆☆  
楽しさ    :☆☆☆☆☆ (ある意味★★★★★?)
総合評価   :★☆☆☆☆


ジャイアントスキー場は志賀の罠にして初心者への悪夢です。
というのも、志賀高原の中でも1・2を争う凶悪なコースなのです。最大斜度は34 °。これはもう上から見ると垂直な壁です。



高校の卒業旅行の時に、初心者スキーヤーの私たち一行は運悪くこのジャイアントスキー場に迷い込んでしまったのです。まあ先導したのは私ですが。
全力でボーゲンをしてもスキーが止まらずどんどん加速していく恐怖を理解して貰えるでしょうか。

ということで初心者は絶対にジャイアントに近寄ってはいけません。一方で、上級者の腕試しには良いかもしれません。私は絶対お断りですが。




ということで、今回のスキー旅行で私が滑った14+1のスキー場をざっくり紹介してみました。
志賀高原は非常に滑りがいのあるボリューム満点のスキー場です。本気で堪能しようと思ったら2泊3日では物足りず一週間くらい必要かも知れません。

これらすべてのスキー場を1つのリフト券で思う存分滑ることの出来るとか最高です。志賀高原の魅力が少しでも伝われば幸いです。

トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事
ハル
Posted byハル

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply