FC2ブログ

宇宙博2014in幕張メッセに行ってきた

2018.03.13 19:57|関東・中部・東海
全旅行記のまとめはこちら

2014年の秋に仕事の都合で東京と仙台に行く機会がありました。今回はその時の記録を書こうと思います。











京都→成田→幕張メッセ




さて今回は京都から東京へ向かうわけですが、新幹線は使いません飛行機にて成田空港を経由、東京へと向かいます。

京都-東京間を移動するなら新幹線がドアtoドアで便利なので、多くの方は新幹線を使うと思います。
しかし東海道新幹線はJR東海の殿様商売により、ご存知の通り高額な交通機関となっております。自由席でも13,000円かかります。

そこで今回はLCCを使い、京都-東京間を移動したいと思います。今回は関空-成田片道で3,000円という航空券を入手。新幹線より飛行機のほうが安いって、まあ凄い時代になったものです。



航空会社は今回もピーチ・アビエーションを利用しました。
片道3,000円という安さの代償は、その離陸時刻。今回は早朝便(7時過ぎには離陸)を利用したので、前日に関空に入って関空で一夜を過ごしています。眠い目を擦りながらの搭乗。

関空で一夜を過ごす方法はいろいろありますが、今回はKIXエアポートラウンジを利用しました。
詳しくはまた、別の記事で紹介したいと思います。



07:10 関西空港 発  ピーチ・アビエーション MM111便

搭乗が始まり、エプロンを歩いて飛行機に搭乗します。
この方式、航空機を間近で見られるので実は結構気に入ってます。



何回見ても雲の上の景色は最高です!この景色が3000円で見られるなんて!

今日の下界はあいにくの曇り空でしたが、空の上に出ると青空も見えます。雲が絨毯のように敷き詰められて、これはこれでいい眺めです。

旅行とは全然関係ない話ですが、雲がこのように敷き詰められているとき、パイロットは水平面を錯覚しやすいみたいですね。
というのも、この雲の面が水平とは限らないからです。
雲の面が水平と錯覚してしまって、雲と平行に飛ぼうとする意識が働いてしまうらしいです。



8時20分ごろの写真です。離陸後1時間が経過。

どこでしょう?この滑らかな海岸線は九十九里浜辺りを想像させますが、関空-成田便が九十九里浜を通るのかは全然知りません。もしくは湘南のあたりかな?



08:35 成田空港着

成田空港ではボーディングブリッジなどというリッチなものは使わせて貰えず、バスで到着ゲートに向かいます。

LCCだから別にバスでも良いんですが、これが結構時間がかかって面倒くさい。到着後かなり待たされた上、バスも予想より長時間走り続けました。安いから仕方ないね。



ちなみにこれが人生初の成田空港です。南ウイング。



南ウイングというのは国際線がメインなんでしょうか?
フランクフルト、チューリッヒ、ロンドン、パリ、ヒューストン、バンクーバーなど、世界各国の主要都市がズラリと並んでいます。外国の都市の名前を見てるだけでわくわくしてきますね。海外行きたいなあ。放浪の旅をしてみたい。



さて、今回のスケジュールですが、まず東京で宇宙博に参加します。
そのあと仙台まで在来線で移動するので、JR成田空港駅にてお馴染みの北海道&東日本パスを購入しました。

在来線です。東北新幹線ではないです。





これがあの遅延で有名な成田エクスプレスですか!
なぜ頻繁に遅延するかの理由は、お察しください。





さて、成田空港駅から千葉へ移動。京葉線を経由して宇宙博が開かれている幕張メッセまで移動します。最寄り駅は海浜幕張駅。

ちなみに京葉線に乗るのも人生初です。というか首都圏に来たのすら10年ぶりくらい。今でこそこうして日本中旅行に行っていますが、若いころは京都から滅多に出ない人間だったんですよね。



なんですかこの奇怪な乗り物は!これがいわゆるものれーるというやつですか。
そのままガコン!と下に落下しそうで、こんなものに乗る人の気が知れません。



海浜幕張駅の駅前です。非常にいい天気なんですが、ビルを撮影しているあたり田舎者丸出しです。
い、いや京都市内は条例でビルを建てられないだけだから…。



駅から徒歩5分で会場に着きました。わくわく。




宇宙博2014




今回宇宙博に来たのは仕事の関係もあるんですが、単純に宇宙の話が好きだからです。
私は人類が早く太陽系外に飛び出さないかと本気で願っている人間です。あと200年もあとに生まれてくれば、手軽に火星辺りには行けそうなんですが、完全に生まれてくる時代を間違えました。

でも2200年になっても、恒星間飛行はちょっと厳しそうです。
太陽系はお隣の恒星まで4光年というド田舎・ド辺境なので、立地条件が悪かったですかね…。


話が逸れました。ここからは宇宙博の内部の写真をお楽しみください。







まずは宇宙服や月面探査車の展示がありました。この鍋に車輪と顔が付いたようなのがソ連の月面探査車です。
月に無人の探査車(ローバー)を送り込もうというルノホート計画。展示してあるのはルノホート3号の模型だそうです。

これは余談になりますが、ルノホート1号は実際に月に送られ、電池切れで数十年間放置されたままでしたが、2010年にNASAのルナ・リコネッサンスオービターによって発見されました。無人の荒涼とした月に何十年も一人置き去りにされるとか、少し可哀想。



こちらはNASAの月面探査車。人が乗るタイプです。
しかし使われている素材のボロいこと。イスなんかガムテープで補強してませんか?

ボロくても信頼性を重視しているんでしょうね。最新技術を盛り込んで故障するよりはるかにマシです。



こちらが今回の宇宙博2014の目玉です。
アポロ17号が地球帰還時に実際に使用したパラシュートのうちの一つです。
よく見てもらうと、パラシュートのあちこちが焦げているのが分かるかと思います。これがまた強烈なリアル感を感じさせてくれるんですよ。ゾクゾクしてきました。



ご存じISS、国際宇宙ステーションの模型です。ISSはたまに肉眼で見ているので割と身近です。

ISSって地上から肉眼で見える事を知っていますか?調べたらすぐ出てくるのでぜひ調べてみてください。私も何度も写真を撮っているので、今度紹介しようと思います。



日本の実験棟きぼうの模型です。実際に中に入ることが出来ますが、ネ○ミーランドかと思うくらい長蛇の列が形成されていてパス。



MUSES-C 工学実験機「はやぶさ」の実物大模型が展示してありました。はやぶさって私がこれまで想像していたよりかなり大きい!

はやぶさについては私も一通り研究しましたが、ここでは長くなるので割愛します。皆さんもよく知っているでしょうしね。





配管はロマンだと思うんです。

これはH-IIAやH-IIBロケットに搭載されている液体燃料ロケットエンジンLE-7A。よくJAXAの打ち上げライブ中継なんかを見ると「SRB-A ignition and lift off」とアナウンスされますが、あれは固体ロケットブースター(Solid Rocket Booster)。展示されているのは液体です。ここ大事。



スペースシャトル「アトランティス」
私の世代的に、やはりスペースシャトルには特別な思いを抱きます。スペースシャトルを見ていると無性に「USA!USA!USA!」と叫びたくなってきますね。



左がH-IIB、右がH-IIA、真ん中はイプシロンロケットです。誰ですか弾道ミサイルなんて言っているのは。




…。

というか人多すぎ!!!!

写真でも分かると思いますが、ところによっては満員電車並の混雑。人間が多すぎてゆっくり眺める気にもなりません。本当は一つ一つの展示をじっくり見たかったんですが、実際は確認作業のような感じでした。展示物を「眺めた」だけ。

これだから東京は嫌なんです。どこに行っても人間の集団。本当に生理的に無理。





東京→宇都宮→餃子




というわけで残念だった宇宙博から撤退。人間に囲まれて体調まで悪くなってきました。本当はこの後東京都内を観光する予定だったんですが、早々に切り上げて宇都宮へと向かいます。







15:30 宇都宮 着。

よっぽど気分が悪かったんでしょう。東京-宇都宮の間の写真が何も残っていませんでした。しかしまあもともと、宇都宮線内に語るべきところは何もありませんが。ただの通勤列車です。



本格的につらくなってきたのでもうホテルに入ってしまいます。今回もスーパーホテルを利用しました。
運のよいことに、通常料金で、普通よりも大きな部屋に入ることが出来ました。ベッドが増設されていて、3人で使うことの出来る設計になっています。それを一人で使えるとは…。

ホテルでしばらく休んでいると、だんだん体調も回復してきました。時間も時間なので夕食を取りに外へ向かいます。



ホテルの前の様子。なかなかどうしてビルが立ち並ぶオフィス街。


さてせっかく宇都宮に居るんです。宇都宮と言えば、そう、餃子ですね!
さすが、駅前だけで5、6軒の餃子店が。その中から一人でも入れそうな店をチョイス。

私「すいませーん」

「はーい!」

パタパタトテトテという感じで走ってきたのは、これがまた東北って感じの愛嬌のあるかわいらしい子。ここまだ関東ですけど。

私「餃子セットください」

店員さん「かしこまりましたー!」

で、7~8分後。

店員さん「お待たせしましたー」

おいしそうな餃子が運ばれて来ました。
しかし運んできた店員さんがじっとこちらを見ています。そんなに見ても分けてあげませんよ?

店員さん「あの、実はこの餃子セット、種類が色々ありまして、中に1つだけ激辛が入っています」

えっ

私「えっ!?そうなの!?」

店員さん「そうなんです(笑)ではごゆっくり~♪」

何で宇都宮くんだりまで来てロシアンルーレットをする羽目に…。






問題の餃子がこちら。本場宇都宮の味。語れるほど詳しくは無いですが普通においしかったです。

ちなみに激辛餃子は本当に辛かったです。



会計時。

店員さん「~円になりまーす」

私「はい。…ところでホントに辛かったです(笑)」

店員さん「ですよね!(笑)」
店員さん「私も辛いの苦手で、最初食べた時はもう……」


と、レジの所で何故か盛り上がりしばらく談笑することに。

店員さん「観光ですか?それともお仕事で?観光ならいいトコ知ってますよ!」

とか、ちょっといい雰囲気になってきました。
こ、これはあれですか。旅の醍醐味、一期一会の出会い…

私「あ、じゃあこのあと時間とかあったら一緒に」

店員さん「それは大丈夫です」(真顔)





こうして人は大人になっていくんでしょうね。(なんだこの終わり方)



牛タンの待つ仙台へに続く。


トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる