FC2ブログ

ミール展示館と夕張へ 2015夏の北海道旅行 2日目 

2016.10.13 20:32|北海道
2015 夏の北海道旅行 まとめはこちら

2015夏の北海道旅行 2日目 ミール展示館と夕張へ
 苫小牧→ミール展示館→夕張→札幌

1

1
©google maps







出発まで




2日目の朝です。昨日は列車と飛行機の遅延に泣いた一日だったけど、今日は良い日になるはず!
空もこのように晴れ渡って……!!

1

ませんね…。超霧が出てますね…。

昨日は夕食さえろくに食べられませんでした。とりあえず朝ご飯を食べに行きましょう。

1

結構綺麗ですね!なかなかオシャレな感じです。
東○インのようにロビーの正面ではなく、ルートインはきちんと専用のレストランスペースが設けられていました。

もちろん朝食は無料です!

1

1

1

種類もなかなか豊富だし、おいしそうですね!無料でこの質と量は本当に嬉しいです。特にウインナーがあるのが高評価。
これは食べないと確実に損です。

1

とりあえず一周目。

1

おいしくて二週目もしました。
最近は無料の朝食サービスを実施するビジネスホテルもかなり多くなってきていますが、その中でもルートインはかなり評価できる内容でした。




苫小牧→ミール展示館




ではお腹もいっぱいになったので、苫小牧市にあるミール展示館へ向かいます。

ミール展示館は苫小牧市科学センターの中にありまして、なんと「宇宙ステーション ミール」の予備機が保存してあります。

世界でここにしかありません。
な、なぜ苫小牧市にこんな貴重なものが…。

では向かいましょう。ミール展示館へはJR苫小牧駅から徒歩20分程度です。十分歩ける距離です。

1

いかにも北海道の地方都市という感じの道を歩き

1

ミール展示館 到着!

1

なぜ国鉄C11形蒸気機関車がここに……。

1

早速内部に侵入。
おぉ!ミールだ!クバントだ!かっこいい!!

ちなみに入場料は無料です。なんと。こんな貴重なものが無料で見られるとは…!

1

旧ソ連の国旗。国旗の上のMNPは「みいる」と読むのでしょう。読めん。
なお下のCCCPは知っています。ソビエト社会主義共和国連邦の略称。キリル文字で書くとСоюз Советских Социалистических Республикになります。全然読めん。

1

ミールとは今も軌道上に浮かんでいるISSとは違い、ロシアが独自に打ち上げた有人宇宙ステーションです。

1

説明書きのもある通り、この展示されているミールは予備機なので、実際に宇宙には行っていません。
行くのはいいですが、地上に帰ってこれないですからね…。

1

このように資料が展示してあってその説明を読むのも楽しいのですが、なんとこのミール博物館。
宇宙ステーションミールの内部に入れるのです!

1

1

このように!あまりの狭さにびっくりです。こんな狭い空間で他の人と暮らすなんて…。きっととんでもないストレスでしょう。

ちなみに2枚目は宇宙トイレです。水が大変貴重な宇宙で、ブツはどうやって吸い取るのだろう。やっぱり真空吸い取り式?内臓まで持っていかれそうでこわい。

1

プライベートスペースはたったこれだけ……。
1メートル四方もありませんよこれ。この狭いスペースで、音楽を聴いたり本を読んだりして過ごすとか。

1

1

真ん中に置いてある作業台です。団欒の場所なんでしょうね。

1

1

1

こういう計器ってちょっとマニア心をそそられますね。「メーデー!メーデー!」とか叫びながらやたらめったら計器をガチャガチャしたいです。

1

操縦席の真後ろにトレーニングスペースがありました。
宇宙では筋肉を使わないので、筋肉量がかなり落ちるそうです。かなりの時間を費やして筋トレしないと、地球帰還時に歩けなくなる恐れもあるとか。
1Gって普段は分からないけどかなり重いんですねえ。

1

外に出て後ろから撮影。折りたたまれているのはたぶん太陽光パドル。

1

後部のドッキングポート。ドッキングってなぜあんなにカッコいいんでしょうか。

1

最後にミールを上から撮影。大きくも見えるし、中に入れば小さくも思う。
そんなサイズ感の宇宙ステーションでした。でもこの中で長期間暮らすと考えるとやっぱり狭いなあ。


苫小牧市科学センターにはミールだけではなく、他にもいろいろな展示があります。

1

スペースシャトルオービタの精巧な模型。しかし冷静に考えると、再使用型の宇宙往還機って変態的な思想ですよね…。ソユーズのほうが信頼性もコストも優れている現実。

1

こっちはオービタとSRBのペーパークラフトです。紙とは思えないほど精巧に作られています。
こういうの自分で作って家に飾っておきたい。

1

先ほど宇宙では筋肉が弱ると言いましたが、骨も弱るそうです。骨粗しょう症が進むとか。
早めに解決しないと人類が本格的に宇宙進出を果たした時に困るんですよねえ。いつまでもこんなどこにであるゴミみたいな惑星に住むわけにはいかぬ。

1

こ、これはあの有名な糸川教授のペンシルロケットじゃないですか!
糸川教授と言えば小惑星イトカワの名前の由来にもなった日本の宇宙開発の立役者です。敗戦ですべてを失った日本の宇宙開発はこのサイズのロケットから始まったんですよねえ。

1

小惑星探査機はやぶさの模型も。有名すぎて語るまでもありません。


いやぁ、ミールも中にまで入れたし、他にも面白い展示物がたくさんあったし、苫小牧市科学センター。大満足でした!

しかもガラガラ開店休業状態で、見学者は私一人だけでした。大丈夫なんでしょうか…。興味のある方ぜひ行ってあげてくださいね。無料だし。素晴らしい。


では苫小牧駅に戻りましょう。

1

駅に戻る最中に見つけたアカエゾマツの木。

ところでエゾマツとトドマツを見分ける方法をご存知でしょうか?
昔、宮脇俊三氏の本で学んだ知識ですが

空までトドけと枝を伸ばしているのが、トドマツ
空まで届かんでもエエゾ、と枝を下ろしているのが、エゾマツ

た、確かに枝は垂れ下がってますね。うーん覚えやすい。




苫小牧→夕張




て苫小牧駅に戻ってきました。

1

恒例の北海道&東日本パスを握り締めて改札を通ります。

1

発車を待つ日高本線の列車。日高地方らしく、馬のマークが描いてありますね。
日高本線も乗ろう乗ろうとしている間に、様似までが不通になってしまいましたからね…。

さてさてこの時間に戻ってきたのには理由がありまして…。

1

そう、寝台特急カシオペアです!カシオペアが見たいためにわざわざ時間を調整して苫小牧駅に戻ってきました。

1

1

同じく寝台列車のはまなすは機関車が単機でしたが、カシオペアはDD51の重連です。

はまなすとカシオペアは最後まで残った夜行列車です。今この記事を書いている数日後には廃止されますが。残念極まりない。
(2016年10月現在、すでに両寝台列車とも無慈悲に廃止されています)

1

カシオペアの最後部の車両は展望席になっておりまして、このように非常に眺めがよろしい席になっております。お値段もきっとすごいのでしょう。


さてカシオペアも見れたし、この日はこれから夕張へ向かいます。いつ廃止されてもおかしくない夕張支線。今のうちに乗っておかなくては…!
(2016.8.17追記 夕張支線の廃止が本格的に検討されているそうです。ぐぬぬ…)

1

まずは石勝線に入るため、室蘭本線にて追分駅を目指します。

1

10:28 苫小牧 発 JR室蘭本線 普通(岩見沢行き)

室蘭本線経由の岩見沢行き普通列車に乗って出発です。と言っても、追分ですぐ乗り換えますが。

1

JR北海道の車両は昔ながらのキハ40系が主流で、窓が開けられるのが気持ち良いですね。

1

車内の様子。JR北海道にあるまじき混み具合です。
室蘭線はなかなかどうして混みます。特に朝は通学の学生で大変な混雑に。

1

室蘭本線は苫小牧駅を出て、しばらく千歳線と平行に進みます。付かず離れず平行に伸びる線路っていいですよね。
もっとも千歳線はJR北海道唯一のドル箱路線。一方室蘭本線は……お察し。

1

1

典型的な北海道の車窓。あぁ、北海道に来たなぁという気持ちになります。やっぱり内地とはスケール感が違う。

1

1

11:05 追分 着

追分という地名は日本各地に存在しますが、どれもいい響きです。

1

新夕張行きの列車。キハ40系気動車は見ているだけで幸せな気持ちになってきます。
特にこの青と緑のラインが入った北海道カラーのキハ40は大変お気に入り。北海道に来たらやっぱりこいつに乗らないと。

1

いいサボですね!

1

11:12 追分 発 JR石勝線 普通(新夕張行き)

やはりお馴染みのキハ40系。この車両を見ると懐かしい気持ちになりますが、徐々に引退が進んでいるようですね。
その影響で、2016年春の大減便ですか。やるせないです。

1

11:50 新夕張 着

新夕張までの列車と、夕張線に入る列車が仲良く並んでいます。見事な対称っぷり。どちらも1両編成なのが夕張支線の現実をよく表しています。

1

新夕張駅はなかなか山深い所にある駅です。
石勝線は高規格に整備されていますが、よく見ると電化されていない辺り、やっぱりJR北海道。

11:56 新夕張 発 JR夕張線 普通(夕張行き)

いよいよ夕張線です!しかし、実はあんまり写真が残っていないんですよね。ボケッと景色を眺めていたんでしょう。理想的な過ごし方ではありますが、後で記事を書くときにこうして途方に暮れることになります。

1

北海道では当たり前のように牛が放牧されているので、内地から来た人間にするとかなり驚きます。

1

駅舎まで無駄に遠い清水沢駅。これ川を跨いでいませんか?駅舎とホームの間で川を跨ぐ駅とか初めて見ましたよ。

1

12:23 夕張 着

新夕張から30分程度。あっという間に夕張に着きました!
沿線にコレといって見どころがない地味な路線ではあるんですが、夕張の炭鉱の歴史などを知っているともっと楽しめそう。私はその辺までは勉強できていないので景色を眺めているうちに終点に着いてしまいました。

1

夕張駅そばの巨大な建物。確かスキー施設だったかな?

1

こ、これは噂のメロン熊では…!?

1

夕張駅前の様子。

本当はこの後夕張の炭鉱跡などを見て回る予定だったんですが、あいにくの天気。雨がシトシトと降り続き、お散歩出来るような天気ではありません。
仕方ないので乗ってきた列車でそのまま折り返します。

1

メロン熊と一緒にね☆

1

夕張さよなら~。メロン熊ちゃんも名残惜しそうです。

1

展開的な夕張線の車窓はこちら。山に分け入っていく路線なので見晴らしはあんまり。

1

先ほど通った新夕張にあっという間に戻ってきました。

ここから札幌に移動します。

1

14:18 南千歳 発 JR千歳線 快速エアポート143号(札幌行き)

14:52 札幌 着

札幌に到着。本当はこの日、札沼線に乗るつもりだったのです。
でも天気も悪いし、体調もちょっと悪くなってきたので早めにホテルに入ることにしました。

2日目はこれで終わりです。ホテルでだらだらしていた覚えがあります。映画を3本くらい見たような……。なんという無駄な時間の使い方。

この日にサボって札沼線に乗っておかなかったために、札沼線の大減便の影響が直撃、その後再び北海道を訪れる際に大変な苦労を強いられることになるのでした……。

3日目へ続く




最後に列車のスケジュールを。2015年版なので現在とは異なる時刻表です。

10:28 苫小牧 発
↓JR室蘭本線 普通(岩見沢行き)
11:05 追分 着

11:12 追分 発
↓石勝線 普通(新夕張行き)
11:50 新夕張 着

11:56 新夕張 発
↓ JR夕張線 普通(夕張行き)
12:23 夕張 着

12:34 夕張 発
↓JR夕張線 普通(千歳行き)
14:13 南千歳 着

14:18 南千歳 発
↓JR千歳線 快速エアポート143号(札幌行き)
14:52 札幌 着

トップに戻る

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる