FC2ブログ

九州新幹線 初乗車! 2016春 九州旅行2日目後編 

2016.05.18 00:53|九州・四国・沖縄
九州一周の旅 まとめはこちら

九州旅行2日目 後編 九州新幹線 初乗車!
 人吉→熊本→博多→鹿児島中央




① 温泉街とヤシの木揺れる別府湾
② 石灰岩カルスト地形
③ 役目を終えたリニアモーターカー実験線
④ 穏やかな日向灘
⑤ 南国の香り漂う宮崎
⑥ 大戦中の機銃掃射の跡が残る大隅横川駅
⑦ 日本三大車窓「肥薩線 霧島連山とえびの高原」
⑧ ループ線の途中にスイッチバックがある日本唯一の駅大畑
⑨ 日本三大急流球磨川を満喫
⑩ 静かな山中を抜ける宗太郎越え







人吉→熊本




さて中編では「いさぶろう・しんぺい号」にて日本三大車窓を経由、矢岳越えを果たして人吉駅にたどり着いた所まででした。
後編では人吉駅から熊本駅へと向かうところから始まります。

16:43 人吉 発 JR肥薩線(えびの高原線)しんぺい4号(熊本行き)

「しんぺい号」は人吉駅から快速列車に姿を変え、熊本までの87.5kmを1時間34分で結びます。計算すると時速56 kmだから、ディーゼル列車にしてはそこそこ俊足です。

1

人吉駅では本線と並行する線路があります。ずいぶん細いような…狭軌よりも細くないですか?

1

って、えええ!?そこに入っていくの!?
肥薩線の支線かと思ったけど、なんだ、子供向けの電車か…(笑)

1

渡駅。良い名前です。対向の普通列車を眺めるのもいい気分です。
白いボディに青いラインが入った外見は清楚でいいですね。田舎っぽくて好きですよこういうデザイン。

1

JR肥薩線の人吉~熊本間は球磨川に沿っているため通称「川線」と呼ばれます。
球磨川は日本三大急流の1つで、巨大な岩がゴロゴロと転がる荒々しい景色が眺められます。
(ちなみに残り2つは、富士川と最上川です。最上川は「五月雨をあつめて早し最上川」と詠まれるくらいだから相当急流なんでしょうか。直接見たことは無いんですが)

1

ちょうど桜が咲き始めている時期で、花見と急流を同時に楽しめました。良い時期に来たなと一人ほくそ笑んでいました。

1

しかし肝心の川の流れはというと、う~ん。急流と言うにはちょっと大人しいような…?なんなら保津川のほうが激しいですよ。

1

進行方向一番後ろ側の車内です。
頭上にモニターがあるのが分かりますでしょうか?

1

このように、後方展望をモニターでリアルタイム表示しているのです。
このようなサービスをしている列車は初めて見ました。

1

中央に、大雨で簡単に流れてしまいそうな橋が見えます。
京都府木津川市の流れ橋を想像しました。まぁ流れ橋は流される前提で作られていますが…。

1

しんぺい号は坂本駅に停車。
ちなみにひとつ前の駅でHAKIと書かれているのは「葉木」駅、DANと書かれているのは「段」駅です。両者とも無人駅ですが、どちらもちゃんと利用客がいる駅。JR北海道とは違います。

1

熊本に向かう「快速しんぺい4号」の車内。
相変わらず見た目は瀟洒ですが、人吉からは観光列車の趣は薄れ、地域の足としての匂いがしてきます。特急・新幹線乗りまくりの今回の旅では貴重な匂い。

実際、その土地に根付いて生きている人の気配が感じられるのが鉄道旅行の魅力の一つでもあります。

1

日も暮れてきました。長かった一日も終わろうとしていますが、私はまだまだ列車に揺られます。

熊本が近づくと、このように左側から高架が近付いてきます。これから乗る予定の九州新幹線の高架です。

1

18:18 熊本 着

1

無事熊本駅に到着して一休み中の「しんぺい4号」。
3時間ほど乗車していたので、そこそこ長い間お世話になりました。ありがとう達者でな。

1

くまモンのイラストを見ると「あぁ、本当に熊本にいるんだな」という気持ちになってくるから面白いものです。





熊本→博多




さて、あまり時間はありません。
ここからはすぐに新幹線改札口に移動して、いよいよ初めての九州新幹線に乗車します。
乗り換え時間は実に6分。モタモタしていると乗り過ごして絶望することになりますが、幸い熊本駅は駅構内が分かりやすい仕組みなので、何とか乗り換えられました。

乗車するのは九州新幹線つばめ340号。行先は「博多」


…私が今日予約している宿は、鹿児島中央です。
つまり熊本から南へと向かう必要があります。しかし博多は北。完全に逆走です。

これは別に錯乱しているわけではなく、
・どうせ新幹線乗り放題なのだから、乗れるだけ乗る
  というイヤラシイ目的と、
・九州限定の800系電車で運用されるつばめ号に乗りたい
  という純然たる目的の2つが理由です。

1

18:24発のつばめ号に乗ります。つばめ号は800系新幹線で運用されます。

関西の人が新幹線と聞いてまず思い浮かべるのは、700系・N700系・N700系A型新幹線でしょう。
これらは東海道・山陽新幹線で運用されており、ほぼすべての車両がこれらで編成されています。
700系を見ると「大量生産」という言葉が脳裏をよぎって、何の目新しさも、何のロマンも感じません。その点東北新幹線はこまちやはやぶさ、つばさなどがいて賑やかなんですが…。

1

その800系新幹線「つばめ号」はグッドデザイン賞を獲得した愛嬌のある外見です。可愛らしいですよね?
九州に来たらぜひ乗ってみたいと思っていたんです。
「つばめ」という名前にも格式があります。(戦前の超特急つばめ号はあまりにも有名)

1

18:24 熊本 発 九州新幹線 つばめ340号(博多行き) 自由席

12両編成でした。九州では特急でも4両編成など普通ですから、12両はかなり長い印象です。
そんなにお客さん乗るんですかね?

1

祝!九州新幹線初乗車!
800系は木製(?)の背もたれがかなり特徴的です。

一見すると頼りなく見えますが

1

正面から見ると、ふかふかでそこそこ豪華な椅子であることが分かります。
さすが新幹線。自由席ですが、在来性特急のグリーン席並みです。

1

九州新幹線はトンネルだらけですが、線路自体は高架なので見晴らしはいいです。
そしてその速度の速いこと!肥薩線でのんびり峠越えなんかしていたので、新幹線のスピードだと目が回りそう。

1

乗車率はまぁまぁ、といったところでしょうか。新幹線に乗るなんて皆さんお金持ちなんですねぇ…。
熊本から博多まで4,610円かかります。たった50分ですよ。ちょっと普通に払う気にはならない額です。

しかし50分。さすが新幹線、かなり早い。しかも各駅停車のつばめ号で50分なのですから、さくらやみずほでは更に高速!
それもそのはず九州新幹線の最高速度は時速260km。走行中はモーターの「キィィィーーーン」という音が、割と響きます。不快な感じではなく新幹線のハイテクさを感じられるBGMですけれども。

1

さて初めての九州新幹線にうっとりしていましたが、あっという間に博多に到着しました。ちょっと速すぎ!

高いお金払ったのにこんなに早くついてしまって、短い間しか列車に乗れなくて、お客さんは怒らないんでしょうか?

え?早いほうがいい?ごもっとも。私がズレてるんですね。

いやぁ、しかし快適でしたねえ。
普段は「新幹線?フン、速いだけで張り合いのない乗り物だ…」とか言っていますが、快適なものは快適です。
このような高速鉄道を安全に運航できる技術の高さを誇らしくも思います。

1

19:13 博多 着

熊本からは50分でした。全然乗った気がしない。

1

800系新幹線のロゴマーク。
この800系新幹線の帯の赤い色は「古代漆色」と呼ばれます。

ところで、この赤い色。最近どこかで見ませんでしたか?


1

実は夕方に乗った「いさぶろう・しんぺい号」と同じ色なのです。
ちょっと親近感が湧きますね。

1

博多駅の構内です。
さすが九州第一の都市博多。駅舎もかなり大きく栄えています。

1

次の新幹線まで時間が50分ほどありますので、博多駅の外に出てみました。
ただの大都会でちょっとげんなり。私は人混みが苦手なので、あまり大都市には近寄りたくないですね…。

1

中央改札口と思われる場所。こういう各地への時刻案内を見るのは好きです。

1

ところでお腹がすきました。今日はろくにご飯を食べずにここまで来たので、正直お腹が大変な事になっています。しかし50分という時間では飲食店を探して食事をとるには、少し心もとない…。

カロリー不足でフラフラ歩いていた私の目の前に現れたのが、これ。
いわゆる「立ち食いうどん・そば屋さん」

昨日小倉駅で立ち食い博多ラーメン屋さんに入って以来、個人的にちょっと立ち食い屋さんブームです。
これまで人生で一度も入ったことが無かったのですが、入ってみるとお手軽な料金でお手軽な気持ちで(そこそこおいしい)食事がサッととれるので、こういう時間がない時に重宝します。

1

かしわが大変美味しかったです。
ダシは関西圏と同じダシかな?とにかく温まりました。この季節昼間は汗ばむ陽気ですが、夜はかなり冷え込むんですよね。それは九州と言えど変わりませんでした。



博多→鹿児島中央




さて、お腹が満たされたところで出発時間が近づいてきました。プラットホームに向かいましょう。

1

お次は20:02の鹿児島中央行き、九州新幹線「さくら号」に乗車します。8両編成でした。
もう博多とはおさらばです。滞在時間50分。こんな贅沢な新幹線の乗り方ができるのも、ハッピーバースデー九州パスのお陰です。

1

線路の傍にはこんな表示が。博多駅は東京駅から1069キロメートルも離れているらしいです。その1,000キロを新幹線で1本で結んでいるんだからすごい。

1

乗車するさくら号。このように「さくら号」はN700系(A)で運行されます。どうみてもひかりレールスターに見えますが気のせいです。

実はこの車両、始発駅は新大阪駅です。この子はついさっきまで私の地元付近に居たのだと思い当たり、驚愕しました。凄い話ですよね。もちろんお値段も凄いんですが。

1

さて覚えているでしょうか、私がお昼頃に宮崎駅で購入した新幹線のグリーン券、実はこのさくら号のものです。

つまり今から新幹線のグリーン席に乗車するわけです。なんという…。在来線グリーン席も贅沢でしたが、新幹線のグリーン席に乗る人なんて、一体どんな悪いことをしたんでしょうね?

1

20:02 博多 発 九州新幹線さくら569号(鹿児島中央行き) グリーン席

これが九州新幹線さくら号のグリーン席の椅子!!

さきほどのつばめ号の自由席がおもちゃに見える…のは言い過ぎですが、かなり贅沢な作り。
グリーン車では、客室乗務員がお客一人ひとりの席へと来て、グリーン席サービスを行ってくれます。

1

と言っても車内販売があるわけではなく、貰えるのはこれ。
九州新幹線グリーン車限定おしぼり!


う~ん…。

1

グリーン席周辺の案内図はこんな感じになっています。AEDなんかも備え付けてあるんですね。
そして今時、喫煙ルームがあるとは!後で探検してみましょう。

1

グリーン車の様子です。
ガラガラ…というか、グリーン車、なんと私を含めて2人だけでした
そりゃあまぁ、新幹線のグリーン車なんてそう気安く乗れませんよねぇ。東海道新幹線のグリーン車なら芸能人とかいそうですが。

1

このように座席一つひとつにコンセントがあります。
東海道新幹線は窓側だけでしたっけ?これで不毛なコンセント争奪戦が避けられますし、スマホやカメラのバッテリーの充電も可能です。旅行中は常に気になるバッテリーの残量。嬉しいですね。


さ、では外は真っ暗で景色も見えないし、せっかくなので車内を探検してみましょう。
いい年して子どものようで残念な感じですが、九州新幹線に乗ったのは初めてでテンションが上がっているんで生暖かい目で見てやってください。

1

ただの通路なんですがさすがに高級感があります。

1

これが噂の喫煙ルームです。
このご時世に列車で煙草を吸えるなんて凄い話ですね。

1

好奇心からちょっと入ってみました。匂いが酷くてすぐ退散しました。

1

おっ!車内自動販売機がありました。
値段は……このサイズで140円か……。うーん、まぁこんなもんですかね。

1

これが下界とグリーン車を隔てる扉です。

1

ご覧のようにガラガラ。グリーン車貸し切り!
そして案内にも表示されていますが、次は鹿児島中央駅です。

博多から鹿児島までもう九州横断ですか!ちょっと速すぎですね。1時間半程度で着いてしまいました。

1

21:40 鹿児島中央 着

もちろん初鹿児島上陸です。鹿児島と言えば本土で一番南の都道府県!とんでもないところに来てしまいました。

1

一休み中のさくら号。
たぶんこの後彼女は折り返し博多行きになるんでしょう。一日中馬車馬のように働かされて…。

1

鹿児島中央駅の新幹線乗り場です。もう夜10時。さすがに閑散としています。
私も疲れました。外で出ましょう。

1

プラットホームを降りるとこんな広告が。鹿児島に来たんだなぁ。もっとも時間が時間なので、すべて閉店。人気はありません。

1

新幹線乗り場内にもこういう軽食・お土産屋さんがあるんですね。

1

閑散としています。もう夜10時ですが、まだ夜10時ですよ?うーむ。


さて、すごく昔のように感じますが、今朝は小倉に居たんですよね。
朝6時前に起きてほぼ一日中列車に乗っていてクタクタです。そろそろホテルへと向かいましょう。

1

夜の鹿児島中央駅。鹿児島"chuo"が"超"に見えてニヤリ。だめだおかしくなってきてる。

1

駅舎の横には謎の観覧車も。

1

駅を出てすぐの景色です。本日宿泊するホテルは、実はもう見えています。
駅から徒歩2分くらいのアパホテル 鹿児島中央駅前です。

1

アパホテルは、ビジネスホテルグループの中では割とお値段が高いです。
一泊で大体8,000~10,000円くらいはする印象で今まで利用したことは無かったのですが、この鹿児島中央駅前は5,000円を切る価格だったのでもう即決。

やっぱり九州のホテル、かなり安いですよねえ。時期的なものなのでしょうか…。何にせよ助かります。貧乏旅行というわけではないですが、無駄な出費は抑えたいので。

チェックインを済ませて部屋へと向かいましょう。

1

ホテルの通路。
やっぱりアパホテルは東○インやスー○ーホテルよりは高級路線みたいですね。ルート○ンは似た感じかな?

「ビジネスホテルを旅行で使うのはどうなの?」という意見もあるでしょうが、清潔で安全で、一定水準が確約されているんで気楽なんですよね。

1

部屋です。ちょっとだけ他のホテルよりも広めのような気もします。

1

デスクはちょっとだけ高性能。引き出しやギミックが多かったです。
テレビの下の引き出しが微妙に開いているのは私が至る所を開けたり閉めたりしたせいです。

1

お風呂は普通サイズです。お馴染みの3点ユニット。清潔で問題ないでしょう。

1

ベッドの上に浴衣が置いてありました。浴衣はセルフサービスのホテルが多いです。
そして折り紙の鶴も。スタッフさんはどんな顔をして折っているのでしょう……。
そして鶴を貰って私はどうしたらいいんでしょう……。

1

窓から見える夜景もバッチリ!…ばっちり?

1

地方に来ると、こうやってテレビ欄でローカル番組名を見るのが楽しいんですよね。
その土地に来たという実感が沸いてきます。

1

いやん。


さぁ、明日はとんでもない時間に起床しなくてはならないのです。さっさとお風呂に入って寝ましょう。もうクタクタです。

さて「2日目 後編 九州新幹線 初乗車!」はこれでおしまいです。

次は3日目、いよいよ明日は「日本最南端の駅&日本最南端の終着駅」を訪れた後、一気に北上、佐世保と長崎へ行きます。
列車に乗るばかりの私ですが、長崎はこの旅唯一の観光パート!素晴らしい長崎の街並みをお楽しみに!

3日目 前編へ続く


最後に2日目の列車のスケジュールを以下に示しておきます。
2016年版の最新ダイヤなので、何かの参考になれば。


【2日目】 3/28(月)

06:39 小倉 発
↓JR日豊本線 特急にちりん3号(宮崎空港行き) グリーン席…①
11:35 宮崎 着

12:25 宮崎 発
↓JR日豊本線 特急きりしま11号(鹿児島中央行き) 自由席
13:58 隼人 着

14:00 隼人 発
↓JR肥薩線 特急はやとの風4号 (吉松行き) 自由席
14:54 吉松 着

15:16 吉松 発
↓JR肥薩線(えびの高原線)しんぺい4号(熊本行き) 指定席
18:18 熊本 着 

18:24 熊本 発
↓九州新幹線 つばめ340号(博多行き) 自由席
19:13 博多 着

20:02 博多 発
↓九州新幹線 さくら569号(鹿児島中央行き) グリーン席…②
21:40 鹿児島中央 着

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる