FC2ブログ
2016.09.25 14:07|お役立ち情報/豆知識
乗りつぶしオンラインというwebサイトをご存知でしょうか。
JRの路線のうち、自分がこれまで乗車したことのある区間を記録・集積して、日本地図上で表示できる大変便利なサイトがあることを最近知りました。

百聞は一見に如かず。早速私も登録してみました。

1

最初はこんな感じの画面が出ます。ここに自分が乗車したことのある路線・区間を入力していきます。
手作業なので面倒くさく思うかもしれませんが、マウスでチョチョイとクリックするだけなのでお手軽。

1

その入力結果に従って、JR各社の乗車キロが計算されます。(今回は未入力なのですべて0になっています)

ですが、乗りつぶしオンラインの最も面白い所は

1

これです!日本地図上で乗車路線・未乗車路線を色分けして確認できること!
以前からJRの路線だけを表示した地図が欲しい欲しいと身もだえしていましたが、夢が叶いました。

乗車路線は赤、未乗車路線は青で表示されています。


さぁ、早速私も入力していきましょう。まずは2016年6月12日ぶんまでの乗車記録です。

1

おおお!!!これは面白い!!面白いぞ!!!

俯瞰した図で自分の足跡を確認できるので、地図を見ながら「あぁここはこんな区間だったなぁ」とか「ここは寝てたな…」とか、いろいろ思い出が溢れてくるので見ているだけで楽しい。



次に、2016年8月14日ぶんまでの乗車記録です。

1

これはJR西日本とその周辺のみ。このようにJR各社を拡大して表示することもできます。
先ほど示した6月12日ぶんまでのものと比べると、紀勢本線に全て乗っていること、四国に足を踏み入れていること、などが変化したことが分かります。

これで近畿圏はかなり乗車区間が多くなってきました。それでもJR西日本全体ではまだ半分ちょっとしか乗れてません。

1

全国を拡大した大きな図で示すことも可能です。

1

2016年8月14日時点でのJR各社の乗車記録はこんな感じ。少し前まではJR四国が0%でしたが、5%とわずかに増えました。


このウェブサイト。鉄道ファンにとって実に興味深く、しかも役に立つサイトになっております。
まだやったことがない方はぜひお試し下さい。自分の旅を思い出すきっかけになりますよ。



しかしJRはいつの間にか営業キロが2万キロを割っていたのか……酷い話です


にほんブログ村


テーマ:鉄道旅行
ジャンル:旅行

2016.08.03 22:24|お役立ち情報/豆知識

1

先日、Peachポイントの期限が今月末で切れる事を思い出したので、新千歳→関空の航空券の予約をPeachで行うことにしました。

順調に支払い段階まで進んで、5000ポイント弱のピーチポイントを適用させ、足りない分はクレジットカード払いを選択して、いざ購入!

しかし何度やっても「このピーチポイントはご利用できません」とエラーが出てイライライライラ。有効期限内だし名義人も一緒だし使えないわけないでしょうが!と憤慨。

解決策を探そうとインターネットでワードを変え検索をかけても何もヒットせず。途方に暮れていました。

しいて言えば2ちゃんねるに1つだけ、それらしき不具合の報告例が。クレカ併用決済かは不明ですが…。

242 : 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/06/09(木) 00:56:07.76 ID:wYOeeNi40

ピーチポイントで決済しようとしたら、このピーチポイントは利用できませんってエラーがでまくったあげく、タイムアウトで有効期限が切れてしまった。有効期限間近で予約しようとした自分も悪いけど、そもそも利用できませんってなんでなんだろ?


この書き込みに関しても、有効な解決策は示されず。

243 : 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/06/09(木) 01:03:40.35 ID:n86xzuie0

有効期限=搭乗日の期限、
8月末で期限迎えるポイントでは9月以降のチケットの
引き換えには使えない。


などという大嘘をいう人も出てくる始末で。
(ピーチポイントの有効期限後のフライトの予約でも、期限内に決済さえすれば問題なく予約可能。)


今回イライラしながらいろいろ試していた結果、偶然解決方法(?)が見つかったのでご紹介しておきます。

結論から言えば、「クレジットカードを別のものに変更すればよい」ということになります。

予約が通ったこのクレジットカードは、ピーチポイントが付与されるもとになった予約の時に利用したクレカでもあります。


いまいち分かりにくいので私の一連の行動をまとめると、

① クレカAを使って航空券を予約。
② ①の予約をキャンセル。数日後ピーチポイントが付与された。
③ ②で付与されたピーチポイントとクレカBを使って航空券を予約しようとするもエラーで弾かれる。←今回の不具合

④ ②のピーチポイントとクレカAで決済すると、予約が通った。


となります。

今回の事に再現性があるのかはいまいち分かりませんが、何かの参考になれば。
しかしこれクレカAの有効期限が過ぎていたら詰んでましたよね。勘弁してくださいよピーチさん…。

Peachはただでさえ遅延大魔王なのに、予約の際もエラーが頻発するんですよ。いくらLCCとはいえ、もうちょっと何とかならないんでしょうか。最近は価格も安くもないし、もうダメかも知れませんね。

テーマ:飛行機/フライト/機内食
ジャンル:旅行

2016.05.20 22:51|お役立ち情報/豆知識
私は一年間に300冊読むという事はありませんが、趣味が読書と言って恥ずかしくない程度には本を読みます。
家には数百冊、事によると一千冊ほどの書籍を抱えています。

あまりにも本が増えすぎたせいか、最近
「すでに所持している本を間違えて再度購入する」
という笑えないことが頻発しております。ボケてきてるんですかね。

この状況を重く見た私は、PC上で蔵書を管理できるソフトウェアを探していました。

で、最近良さそうなソフトウェアを見つけたので紹介します。

私本管理Plusです。


1

メイン画面はこんな感じ。
ここに蔵書の情報を登録していきます。

1

例えば一冊登録してみました。佐々木譲氏のベルリン飛行指令、私の大好きな作品の一つです。
このように、著者・発行所・サイズ・定価・ページ・書籍の概要など、様々な情報を登録することが出来ます。

特に書籍の画像が表示されるのがお気に入りです。

しかし、これらをいちいち手動で入力していると、日が暮れてしまいますよね?

安心してください。
この私本管理は、ISBNを打ち込むことで自動的に情報を登録してくれます。
(余談ですがISBNはInternational Standard Book Numberの略です。こういう略を覚えるときは略す前の言葉を覚えてしまうほうがいいです)

1

ISBNはamazonなどで調べてコピペします。

1

この数字を赤枠のところに入力して検索を行うと…

この通り、自動的にamazonから情報を入手して、登録してくれます!

また、分類のところに任意のカテゴリ名を入力すると、自動的にカテゴリに分類されます。
(例:小説・ミステリ、など)

1

詳細登録のタブでは書籍の画像や本の概要も。
自分で編集を行うことも可能なので使い方はさらに広がりそうです。


このように半自動的に情報を集め、登録してくれるのは非常に便利です。
特にISBNから情報を登録できるのはかなり使い勝手がいいですね。

これでどんどん蔵書を登録していこうと思います!


テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ

2016.05.14 00:46|お役立ち情報/豆知識

先ほど郵便局にミニレターを出しに行ってきたのですが、こんな出来事がありました。

私「普通郵便でお願いしまーす」

郵便局員さん「はい切手代だけ確認しますね……むっ」

と、手を止めた局員さん。ゴソゴソと取り出したのは、郵便物の厚さを測る器具。

郵便局員さん「お客様すみませんが、こちらのミニレターは厚さが1 cmまでとなっており、このままでは定形外扱いで120円となります」

私「え。ミニレターって厚さの制限ありましたっけ?重さは25 gまでだけど」

郵便局員さん「え。どうでしたっけ?」

お互い分からないのかい!状態。

局員さんも確証がなかったのか、「そういえば厚さは無かったような…」とか言いつつ、結局受け取ってもらえました。

帰宅しつつ不安になった私は、調べてみました。


結論から言うと

「ミニレターは定形郵便なので、厚さは1 cmが限度」
です。

この、定形郵便というところがミソです。今まで気にしてこなかったですが、完全に私が間違っておりました。

ミニレター(郵便書簡)は知名度が低く中々使われることが無いので、一般の人はもちろん郵便局員さんでもあやふやなのでしょう。郵便局員がそれでいいのかは何とも言えませんが。

インターネット上では「郵便局に問い合わせても、厚さ制限はないと言われた」という書き込みも見られますが、ダメです。詳しい局員さんが対応すれば、料金不足で発送元に戻されてしまいます。

そのような危険を冒すよりは、多少高くても定形外ぶんの切手を貼っておくべきでしょうね。

あ、結局私はその後郵便局に舞い戻って、追加料金を払ってきました。

2016.05.02 00:43|お役立ち情報/豆知識
私事ですが最近PCを買い替えました。
win7からwin10機に変えたところ色々勝手が違って困惑しております。

UIはClassic Shellをインストールすることでwin7とあまり変わらない環境を作れるんですが、どうにも出来なかったのがマルチディスプレイ。(デュアルディスプレイ)

いや、普通にマルチディスプレイには出来るのです。ただマルチディスプレイって、2つめのディスプレイの場所を、上下左右斜めと任意に変更出来ますよね。

1

こんな風に右側にしたり。

1

こんな風に下側にしたり。

win7ではこれは簡単に設定出来ていたのですが、win10にしてからこの第2ディスプレイの場所の変更が効かなくなってしまいました。
変更して設定を保存しても、 その変更が拒否されました。エラーメッセージは正確には覚えていないのですが、「現在の設定は利用できません」みたいな感じだったかと。

マルチディスプレイの位置関係って、細かいようで意外と気になるものです。
実際のディスプレイの場所と一致させたいという人もいますし、私は第2ディスプレイは下に置きたい派です。
右側に置くと、ウィンドウの閉じるボタンを押すつもりが第2ディスプレイのほうにカーソルが移動してしまってイライラ、ということが何回もあったからです。

精神衛生上よろしくないのでずっと解決方法を探していたんですが、先ほど偶然解決しました。

ネットで検索をかけても解決方法がヒットしなかったため、一応メモとして残しておきます。
同じ症状に悩まされている方の手助けになれば。


続きを読む >>

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハル

Author:ハル
旅行好きハルのゆるい日常。
旅行・写真・鉄道・読書など。アウトドア派になりたいインドア派。
 *目指せJR全線完乗*


旅行記まとめはこちら


・JR乗りつぶし状況(2018.6.3時点)
・紛失したスマートフォンをJR大船駅に届け出てくれた方へ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

訪問者

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる